ふゆみつのブロマガ

迷家って・・・

2016/05/14 01:08 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • 感想
  • 迷家
  • レビュー
  • サスペンス
「迷家−マヨイガ−」という作品を観てます。
ちょいネタバレありです。


「人生やり直しツアー」というツアーに参加した10代~30代の男女が、
都市伝説的な納鳴村(ななきむら)で起こる奇妙な謎に迫るミステリーアニメです。

僕的に久しぶりのミステリー系アニメってことで期待と不安が入り混じった感じで見始めました。
オリジナルアニメ、監督が水島努さんってことでちょい期待。
ミステリー系はけっこうハマらない率が高いのでちょい不安。

今現在、第6話まで視聴完了してますが・・・ん~、僕だけでしょうか、
海外ドラマの「LOST」という作品にとても似ている気がしましたね~。

大勢で未開の地に集結、奇妙な鳴き声や姿を見せないモンスター?、過去、現在のトラウマ的な幻覚を見る。

似ていると思い始めるとどうにも共通点が目に付きますね。
展開やストーリーも同じような感じになるのでしょうか、まあそこはこれからじっくり見ていきたいと思います。

それにしても「集団での話し合い」ってとても難しいんだな~と思いました。
司会進行というかリーダー的な人がいないと何も決定しないし話題・議題もコロコロ変わってしまう。

とくにパニック状態のまま話し合いが始まると疑心暗鬼に陥ってしまう。
この作品には集団(約30人)で話し合う場面がちょくちょくありますが、どれもこれもなんとなくで決まってる感があります。個人的には「一番大声で怒鳴って言った人の案」が採用されやすい気がしてます(笑)

意見の言い合いがヒートアップすると「話し合い」なんて生易しいものではなく、いかに「相手よりも大声怒鳴り、相手に意見を言わせない」かで競い合ってるように見えてしまう。

まあ最終的に決断するポジションの人がいない、ツアー企画者みたな人はいるんけどリーダーという感じではないんですよね~。

でも実際に自分があの場所にいたとしたら、たぶん同じような感じになりますね。意見を言わない・言えない人たち。話の流れもわからず、なんとなくの不安で思考停止に陥ってしまうでしょうね(笑)

まあ視聴者として話し合いを俯瞰して見ているからこそいろいろ気づいてるんだと思います。当事者になったらこうはいかないんだろうなぁ・・・でもそうは言っても、らぶぽんさんはちょっと・・・(笑)

ってな感じでいろいろ思いながらも楽しんで観てます。
この作品で「何が言いたいのか何がやりたいのか」ってのがなんとな~くわかってきた感じはありますが、良い意味で期待を裏切ってほしいですね。

まあ今回はこんな感じで。
それではまた近いうちに~( ̄▽ ̄)/


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事