風屋

「自由自在に歌う」ためのヒント[テキストと画像]

2018/01/24 21:19 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • ボイトレ
  • 発声
  • 声楽
  • 合唱
  • ボーカル
  • ボイストレーナー
  • 音声学
  • 歌ってみた
先日ツイッターに“「自由自在に歌う」ための上達のヒント”をまとめたマンダラートの画像を投稿したところ、ボイストレーナーや声楽・合唱の指導者、プロの歌手を含め、幅広い方から反応をいただきました。

元ツイート:

そこで今回のこの記事では、元画像は細かい文字が見にくいことと、視覚障害などでテキスト読み上げソフトやアプリを使っている方には画像の状態では利用に不向きであったことから、内容をテキストに起こしてみました。

また、画像を利用したい方向けに、多少ですが画質の良い画像を置いておきますので、個人的且つ非営利な利用に限り、ダウンロードして使っていただければと思います。
転載をする場合は出典(元ツイート、又はこの記事)の表示をお願いします。



歌を歌っている方なら、独学〜指導を受けている人、初心者〜熟練者までどなたでも、気になる項目だけでもご自身の歌や声をチェックしてみると、なにかしらプラスになるものがあるのではないかと思います。



(以下、テキスト起こし)
「自由自在に歌う」ための8大項目
1.呼吸、姿勢、体(右下、カラーは
  1. 体性感覚
  2. 自由に静動できる体
  3. 発声器官と全身の柔軟性
  4. 頭・脊椎・胸郭・骨盤・四肢
  5. 身体各部の連携
  6. 吸気と呼気の調節
  7. 胸腔・横隔膜・腹腔
  8. 声門の操作性
2.発声、声帯(右、カラーはピンク
  1. 聴覚・体性感覚
  2. 喉頭原音
  3. 音域ごとの声帯の動作様式
  4. 声区、声区分離、声区融合
  5. 呼気と声帯の連携
  6. 息の量とタイミング
  7. 声道・共鳴腔の形状
  8. 声帯の張り、長さ、厚み、閉じ方
3.共鳴、構音、響き、声音(右上、カラーは
  1. 響きの弁別
  2. 母音、子音
  3. 口腔、鼻腔、咽頭、喉頭
  4. 口、唇、歯、舌、顎、軟口蓋
  5. 発声と各構音器官の連携
  6. 音韻と音声
  7. 倍音とフォルマント
  8. 声帯の張り、長さ、厚み、閉じ方
4.音高・ピッチ、声量(上、カラーは
  1. 相対音感、音量感覚
  2. 裏声、地声
  3. 音域ごとの声帯の動作様式
  4. 声域の伸長
  5. 発声と共鳴の連携
  6. 通る声・聞こえやすい声
  7. 声道・共鳴腔の形状
  8. 声帯と呼気の調節
5.リズム、滑舌(左上、カラーはオレンジ
  1. リズム感
  2. 子音と母音のタイミング
  3. 起声
  4. イントネーション、アクセント
  5. 発声と構音の連携
  6. ブレス、声の保持
  7. 構音の敏捷性と安定性
  8. 発声の敏捷性と安定性
6.曲の解釈(下、カラーは水色
  1. 考察、理解、納得
  2. 感情・思考
  3. 一つ一つのフレーズ、音、言葉
  4. 曲のテーマ、世界観、物語
  5. 個々の要素の関係性
  6. 場面・環境
  7. 音楽と歌詞の構造
  8. 旋律、声部、和声
7.表現・歌い方(左下、カラーはブルーグリーン
  1. 音楽性
  2. フレージング、アーティキュレーション
  3. デュナーミク、アゴーギク
  4. 作品への信頼と誠意
  5. 歌唱技術の用い方
  6. ビブラート等各種装飾的歌唱法
  7. 音楽と言葉の連携
  8. 声音の選択、安定、変化
8.マインド、ケア(左、カラーは黄緑
  1. 正確な現状把握
  2. 美点を伸ばし欠点を補う
  3. 発声器官の良コンディション維持
  4. 聴衆への信頼と誠意
  5. あらゆることを丁度良く
  6. 現時点での最良を目指す
  7. 目的別の訓練や学習
  8. 情報の取得と考察→計画→実行のサイクル

※無色の小項目の順番は特に理由はありません(右上から時計回り)。
※無色の小項目からも、さらにそれを行うための8項目が展開できますが、ここでは割愛しています。



質問を受け付けていますので、分からないところがあれば、コメントかツイッター(@huuchi)で気軽にご連絡ください。

また、このマンダラートに書いたような解剖生理学や音声学などを元にした、生徒さんの個性を伸ばすボイトレのオンラインレッスンを行っています。
興味の湧いた方は、コメントかツイッターでお問い合わせ下さい。

一人でも多くの方が「歌いたい歌が思い通りに歌える」ために、お役に立てれば幸いです。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事