峠の祥龍のブロマガ[摩訶不思議の世界]

❁子安八幡神社:狛犬に【不動明王様】応身!

2015/01/12 23:11 投稿

  • タグ:
  • 未曾有(みぞう)写真
  • 謎の写真
  • ミステリー写真
  • パワースポット写真
  • 精神世界
  • 不思議な写真
  • スピリチュアル
  • 日記
  • 神社仏閣
  • 写真


 ******* 《第117弾》 【摩訶不思議の世界シリーズ】 *******

     【御神仏に 出逢い巡礼 四季美道】・・・ 《峠の祥龍》
     (ごしんぶつに ~ であいじゅんれい ~しきびどう)

❁【摩訶不思議の世界シリーズ】ようこそ!いらっしゃいませ。{今日【狛犬ノ巻】です。}

 此処・東京都大田区仲池上に在る【子安八幡神社(こやすはちまんじんじゃ)】です。創建は、1256年(康元元年・89代後深層天皇の御代)、当地領主である「池上宗仲氏」が武蔵国の池上山(現在の・池上本門寺内)に鎌倉の【鶴岡八幡宮】を勧請(かんじょう)した事に始まるとされる。其の後、1581年(天正9年)には、遷座(せんざ)の議により、現在の地に〚転社〛したと伝承される。
 因みに、【勧請】とは、「分霊(ぶんれい)」を、他の「神社」に、移す事。神道では、〚神霊〛は無限に分ける事が出来て、〚分霊〛しても〚元の神霊〛に、影響はなく〚分霊〛も
【本社の神霊】と、同じ働きをするとされる。他の神社より〚祭神〛を〚勧請〛した神社を《分祠(ぶんし)》・《分社(ぶんしゃ)》・《今宮(いまみや)》等と云われる。

{❁子安八幡神社:狛犬に【不動明王様】応身!}の内容・詳細等は画像(写真)下部に記載説明して有りますので御参考下さい。

=画像(写真)クリックして別画像《2度目click拡大画像》で御高覧・御堪能下さいませ。=


{写真1番}=此処・今年に入ってから・・・様々な【御神仏】の御出現を御紹介中の、東京都大田区に在る【子安八幡神社(こやすはちまんじんじゃ)】です。此処に鎮座する〚狛犬〛に、様々な【御神仏】が、数多く出現されて居ます。・・・今日「其の一部」を、御紹介と致しました。畏れ多くも「狛犬」を反転して表現致しました。『厳しく光輝く眼・鼻・口・牙』等の憤怒相(ふんぬそう)がハッキリとリアリティーに!御確認出来る【不動明王様】です。頭上には【不動明王様】の脇士を務める【制多迦童子(せいたかどうじ)・不動三尊の一人】らしき顔を、窺(うかが)う事が出来ます。・・・


{写真2番}=今日掲載の【不動明王様】を、解り易く・御理解頂けます様にズームアップ・・・〚セピア調・傾き補正〛で表現致しました。


{写真3番}=【神社御守護】の「狛犬」を位置確認の為に、畏(おそ)れ多くも反転画像として表現させて頂きました。


{写真4番}=是から【久が原出世観音】へ向かおうと思い・・・「落日」は早きもので慌(あわ)てての〚フラッシュ撮影〛としました・・・其れが、「功を成した」のか?数多くの【御神仏】が浮き出て〚応身(おうじん)!〛されました。観える方には、様々な御出現を御確認頂けると思います。次回、其の部分・部分を〚切取り〛掲載させて頂きます。


{写真5番}=此の、画像(写真)は【制多迦童子(せいたかどうじ)様】で【不動明王様】の「従者八大童子」の第8番目です。「不動三尊」の一人で在り、【コン羯羅童子(こんがらどうじ)様】共に【不動明王様】の脇士を務める。通常は、向かって右側に配置される。
 「画像提供:ウィキペディア百科事典・制多迦童子(伝、運慶作・金剛峯寺)」


{写真6番}=此処【子安八幡神社】の参道の鳥居と石段です。朱い手摺(てすり)の上に、もう一つ、石段が在り・其の脇に、今回掲載の「狛犬」が鎮座して居ます。中々・急坂の石の階段です。

❁其れでは皆さん!お元気で・・・内容の充実化・樹立化を図り・・・
      次回の【摩訶不思議の世界シリーズ】を乞う御期待下さいませ。・・・❁


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事