峠の祥龍のブロマガ[摩訶不思議の世界]

阿弥陀如来様の肩に御霊と不動明王様出現

2014/07/14 21:45 投稿

  • タグ:
  • 写真
  • 日記
  • ミステリー
  • パワースポット
  • 不思議
  • 摩訶不思議

 ❁毎度の御訪問・誠に有難う御座います。「御神仏」の証求めて・美の追求を・・・
今日は「阿弥陀如来様の肩に御霊(みたま)と不動明王様出現!」を掲載させて頂きました。

先ず、写真下部に出現模様の詳細を御説明して有りますので御閲覧に参考下さいませ。
其れから撮影地等の御案内は写真の最後尾に記載して有りますので御参照、お願い申し上げます。



<写真1>解り易く・御理解頂ける様にズームアップで表現致しました。
「阿弥陀如来様」の右肩に「御霊(みたま)」出現されて居ます。神社等で良く見掛ける「勾玉(まがたま)」にも酷似しています
ネ。そして其の下には「不動明王様」が鋭い眼・鼻・口等が御確認頂けると思います。



<写真2>解り易く・御理解頂ける様に「御霊(みたま)」をズームアップで表現致しました。バックの木々の梢(こずえ)が透けて写って居てとてもリアリティーです。御霊のすぐ下にダブって鋭い眼の不動明王様らしき顔(左向きに・白い部分)御確認頂けると思います。


         <写真3>御霊(みたま)と阿弥陀如来様の光景模様
        

         <写真4>此の「御霊(みたま)」が気になり、翌年に巡礼修行兼ねて
          出向しましたが此の様に何も無い状態でした。

此処は滋賀県近江八幡市在る西国観音霊場第32番札所「観音正寺(かんのんしょうじ)」。
天台宗の御寺で御本尊「千手観音様」は<605年>聖徳太子がこの地を訪れ自刻して祀ったのが始まりだそうです。此処は人魚の伝説が有ります。太子がこの地訪れた際「人魚」の願いにより一寺を建立したと云う。その人魚は前世が漁師で有り、殺生を業としてる為に人魚に生まれ変わり苦しんでいたと云う。・・・

❁それでは皆さん元気でまた明日・・・「摩訶不思議の世界シリーズ」乞う御期待・・・
=画像クリックして別画面(2度目click拡大画像)で御高覧・お楽しみ下さいませ。=



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事