峠の祥龍のブロマガ[摩訶不思議の世界]

❁龍神池の河童様&樹の精霊

2014/07/05 20:41 投稿

  • タグ:
  • 日記
  • 写真
  • 不思議
  • ミステリー
  • パワースポット
  • 摩訶不思議

 ❁毎度の御訪問・誠に有難う御座います。
此処・滋賀県大津市石山に在る・西国観音霊場第13番札所
「石山寺(いしやまでら)」

開基は「良弁上人」で本尊は「如意輪観音様」で「真言宗の御寺。
「源氏物語」の作者「紫式部」は石山寺・参籠の折物語の着想を得たと伝えられている。
「近江八景」の一つ「石山秋月」でも名高い。因みに「蜻蛉日記」「更級日記」「枕草子」等の文学作品にも登場する。

此処では「巡礼修行」参拝時・必然的に様々な不思議な事が私の前で起きます。例えば「山門」で普段は滅多に無い、雷雨と共に大きな霰(あられ)や雹(ひょう)が降ったり、たちまち積もったり・・・「龍神池」では4~5mの巨大な枯れ木が直ぐ眼の前に
バ・バキバキ~!と大きな音を放ち!落ちて来たり・・・そして「龍神池」の傍(そば)では巨大な樹木が龍神化して観た事無い大光芒のシャワーが迫って来る・・・等々が在り、その都度撮影成功して居ます。撮影地が彼方此方(あちこち)有りますので交えながら・・・順次、御紹介させて頂きます。此の「河童様&樹の精霊」は「石山寺秋月祭<中秋の名月祭>」兼ねて「巡礼修行」で出逢ったのです。 上記・御説明の通り「龍神池」で巨大枯れ木が直ぐ眼の前に落ちて来た時の直後に撮影成功したものです。此処の御坊さんに「龍神池」が有る事教えて、頂いた事が功を為したと信じて居ます。{此の事は以前「中秋の名月祭」で撮影成功した巨大な「龍神様」を御奉納に訪れた時の事です。奉納時は大変な感動・喜んで頂き、特別に本堂に上がらせてもらい・御本尊前にて迫力満点の般若心経、大きな太鼓・叩きながらの読経を頂きました。人生最高の感動でした。・・・}

<写真1>写真左下で「河童様&樹の精霊」が何か会話を楽しんでいる様に観えますネ。
「河童様」の頭の皿・甲羅・手足等が確認頂けると思います。「樹の精霊」も面長で優しそうな眼差しで何を話してるのでしょうか?
<写真2>「河童様&樹の精霊」を解り易く・御理解頂ける様にズームアップして表現致しました。フイルム撮影の為のザラ付き
感、御容赦下さいませ。
<写真3>陽光立ち込める「龍神池」と「御神木」です。
<写真4>近江八景」の一つ「石山秋月」のシンボルと成って居る「月見亭」は瀬田川の清流を見下ろす高台に設けられ、「御白河天皇」以下歴代天皇の「王座」とされた。
昨年の「中秋の名月祭」で撮影したものです。

<写真5>中秋の名月祭では夜間の特別拝観が可能と成り約2000個の灯火が幻想的に境内いっぱい反映して幽玄美の世界・本堂内では「御本尊」の前で演奏・この様な「舞踊」等も開催されます。

❁それでは皆さん元気でまた明日・・・「摩訶不思議の世界シリーズ」乞う御期待・・・

=画像クリックして別画面(2度目click拡大画像)で御高覧・お楽しみ下さいませ。=

<写真1>石山寺・龍神池の「河童様&樹の精霊」出現光景模様

         <写真2>「河童様&樹の精霊」ズームアップ


   <写真3>石山寺の龍神池と御神木


  <写真4>石山寺の月見亭からの「中秋の名月」です。


<写真5>此の様に煌(きら)びやかな時代絵巻のロマンが開催されます。
   

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事