ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

「ずく」出していきましょう!

WoTのための(?)エンコード設定【ニコ動新仕様用】その2

2016/10/27 21:31 投稿

  • タグ:
  • WoT
  • World_of_Tanks
  • エンコード
  • AviUtl
  • x264
前回、新仕様に対応させるための設定を簡単に書きました。
今回はその仕様をもう少し詳しく、そしてテスト投稿してみての感想を書きたいと思います。

まだ、私自身が仕様を完全に理解しきっていない上に、勘違いがあるかも知れません...すべてを当てにせず他のソースも見ることをお勧めします

新仕様の確認はニコ動公式の推奨設定は前回の記事(ar1113802)をご覧ください。
で、この推奨設定はどういう意味か?
1.2Mbps以上
前の記事で既に述べましたが、新仕様では必ずサーバで再エンコードがかかります。
再エンコードでのビットレートの上限が2Mbpsなんです。そう、1.5GBなのに意外に画質が上がらない理由はここです。旧仕様の際に6分半以下の動画よりビットレートが低くなる計算です。
ただ、WoT動画では10分程度のはずなのでほとんどの場合、ビットレートが上がると思います。
2.1280x720、960x540
サーバでの再エンコードの解像度そのものです。
要するにどんなにデカイ解像度でアップロードしてもこの解像度に変更されてしまうってことです。
私は今まで解像度を大きくして画像劣化を防いでいたのでこれが今回の仕様で最もきつい部分です。
WoTクライアントの仕様では縦の解像度が768以下にならないため、録画時、編集時、エンコード時のいずれかでリサイズすることになります。
3.24fpsまたは30fps/制限60fps
ほとんどの人は30fpsでアップロードすると思うので、あまり関係ないはず。60fps以上のものは60fpsになり、60fps以下であればそのfpsになるはずです。

簡単にまとめるとこんな感じ。意外と制限が多いですね...
次は動画の時間と再エンコード時のビットレートの話です。ここが画質を左右する大事な部分ですが、なぜか公式からはちゃんと書かれてないんです。
15分以下の動画
サーバでは最大2Mbpsで再エンコードされるのですが、これは15分以下が条件のようです。15分を超えるともっとも高いビットレートでも1Mbpsになってしまいます。そして、解像度も720pを下回るので文字つぶれ等も発生しやすくなるでしょう。
1試合の最大が15分のWoTでこの制限をクリアするのはそこまで難しい事ではないでしょう。適にカットや早送りをして15分以内に収めて高画質を狙う方がいいでしょう。

で、「結局どんなエンコードの設定をすればいいのさ?」って思う人がいると思いますが、簡単なのはx264guiEx 2.39以降を使う事です。プリセットに「 [ニコ動 新方式(2016.08~)]」がありますので、それを使えば簡単。
ただし、初期状態ではオーディオビットレートが高めに設定されています。これでは映像のビットレートが低めなってしまうので変更した方がいいでしょう。

最後にテスト投稿として先に紹介したプリセットで動画をアップロードしました。アップロード前の動画の詳細情報は以下の通りです。

解像度     1280x720
アスペクト比  16:9
再生時間    00:08:34.700
フレームレート 30.000fps
ビットレート  16956kbps (映像16611kbps、音声317kbps)
ファイル容量  1038.89MB

かなり画質が劣化してしまったなと思ったのが正直なところ...

せめて、エンコードの設定をこちらでコントロール出来ればもっとよい画質であげられるはずですが、コントロールする術はあるのでしょうか?

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事