見過ごせないダイアリー

【ゲーム】FINAL FANTASY V ディア・フレンズ【ミュージック】

2015/11/06 22:12 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • 音楽
  • FFV
  • 植松伸夫
  • FF
  • ファイナルファンタジー

CDレビュー第二弾。FF5のアレンジアルバムです。
アレンジアルバムは4、5、6だけ発売されています。

全曲、植松伸夫作曲。
最近のFFゲーでこの頃のBGMアレンジが使われることもあるようだけど、植松伸夫自身の音しか聴きたくない。
植松伸夫以外の楽曲を聴きたくないから最近のスクエニに興味がないという理由は大きい。



1. ファイナルファンタジーV (メインテーマ)
幻想的な入りから、壮大なメインテーマへの移り方が神がかってる。
アレンジとして原曲が崩されず、原曲よりも良いと思える部分もある。
間奏(?)も結構良い。


2. レナのテーマ
神妙な場面で流れるBGM。
メインはフルートアレンジとなっている。


3. おれたちゃ海賊
海賊基地で流れるBGM。
賑やかな曲調となっている。
中盤から民族音楽風のコーラスが入る。


4. モーグリのテーマ
モーグリのテーマがアレンジされたのは恐らくこれが最初で最後ではないだろうか。
かなりコミカルなアレンジがなされている。
「ファファファ」という男の笑い声や犬猫のSEまで入ってる。


5. 古き土の眠り
ピラミッドや流砂の砂漠で流れるBGM。
聞く機会は少ないはずなのに脳から離れない楽曲のひとつ。
常にこのBGMが流れるダンジョンにいた気がする。

アレンジも古代の遺跡風味。


6. はるかなる故郷
アレンジアルバムの常連曲。
外国語での女性コーラス、後半3人での女性コーラスとなっている。

「はるかなる故郷」のアレンジで悪いと思うものは今のところない。
植松氏は本当にこのBGMが好きなんだな…


7. 新しき世界
第3世界のフィールドBGM。
自分はこのBGMを聴くとすごく悲しい切ない気持ちになる。
「はるかなる故郷」とは対極にあるような、知らない場所にいる気持ち。

その切なさを更に引き出したフルートやヴァイオリンアレンジとなっている。


8. 街のテーマ
タイトル通り、街で流れる曲である。
音こそ違うものの、ゆったりとした感じは原曲通り。


9. タイクーン円舞曲ヘ長調
第3世界に入る直前のタイクーン城でのイベントのみで流れるBGM。
覚えてはいるがそこまで印象に残ってない。


10. ダンジョン
お馴染みダンジョン内で主に流れるBGM。
アレンジは澄み渡った綺麗な曲調となっている。


11.大森林の伝説
ムーアの大森林で流れるBGM。
聴ける時期が限られているため、あまり印象に残ってない。

2:33から外国語で少年の語りと少女のコーラスが入る。
英語ではなさそう。


12.ムジカ・マキーナ
ロンカ遺跡等で流れるBGM。
非常に面倒くさいダンジョンだったと思うのでとても不安になる曲である。
アルケオエイビスに何回か負けた記憶。

遺跡というか工場のようなアレンジ。


13..想い出のオルゴール
バッツにまつわる曲アレンジ2曲目。
リックスの村でバッツがかつて住んでいた家で回想シーンと共に流れる。

原曲と大きく変わり後半はフルートを交えた本格的なメロディーとなっている。


14.親愛なる友へ
EDで流れるBGM。
アルバムのタイトルはまさにここから取られている。

何度もラスダンまで行ってるけど、縛りプレイとかジョブマスターして満足してそのままのことがあったからEDがどんなだったか、実はあまり覚えてない。
またいつかプレイできる機会があればやりたい。



以上です。
5って「友情」の話ってそれほどあったっけ?と思ったけど考えてみると友情で繋がってる人間関係って多いよね。
ギルガメッシュも例外じゃない。恋愛は逆にあまりないような。


最近FFアレンジ曲マイブームでツタヤディスカスでCD借りまくっていたんだけどないものが多くて、どうしても聴きたいのでアマゾンでポチっちゃいました。
新しい仕事で収入が増えるからと調子に乗ってます。
通勤で曲を聴く機会がかなり増えると思うので、またこういう記事書くと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事