見過ごせないダイアリー

【ゲーム】がんばれ森川くん2号【ミュージック】

2015/10/26 22:12 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • 音楽
  • SCE
  • がんばれ森川くん2号
  • サントラ
最近映画を観る余裕がないのでツタヤディスカスでCDを借りまくっていたが、衝撃の事実が発覚。
がんばれ森川くん2号』というゲームのサウンドトラックが存在していた?!
しかも在庫ありですぐに届いた。

がんばれ森川くん2号 — オリジナル・サウンドトラック
↑Amazonでは入荷の予定がなく扱い無し。
他のサイトも探してみたが、どこも在庫無しで購入不可。
こんな幻のサウンドトラックがツタヤディスカスにひっそり置かれていたのだ…


知らない人にちょっと説明しておくとこのゲームはプレイステーションが登場して間もない1997年に発売された。
AIを育成してプレイヤーが教育するという当時としては斬新過ぎるゲームだったのだが評判は悪く「クソゲー」と称される。
現在中古ゲーム屋に行っても普通に置いてある。100円とかで買える。
確か箱に入ったデラックス版と普通のCDケースのものがあったはずだが、むしろデラックス以外を見掛けなくなった。

現在ゲームアーカイブスでも購入出来てどこでも遊べるようになったが、自分はあれを2周するつもりはない。
このゲームがクソゲーと言われる所以のひとつとしてはテンポの悪さもあるかもしれないが、最悪の場合詰む。
何十時間もやって終盤に差し掛かったところでキーアイテムを取らずに帰ってしまい、教育し直しても全く無駄でやめた。
それにメモリーカードのブロックを5も使うというところも子供時代の自分には辛かった。

その後時間が経ってからプレイし直して無事クリアし、ゴールデンピットを手に入れた。
手足が強化された後からは結構サクサク進むが、それまでが本当に長い。


このゲームの大きな特徴のひとつとして固定のBGMが存在せず、ステージでCDを見付けるとそれを持ち帰って、ピットの意思や気分でBGMが変わる。今考えるとこれもなかなか斬新なシステムだと思わないだろうか?

そして幻のサウンドトラックには15曲が収録されている。
作曲は様々な分野で活躍されている男性アーティストの山口優という人。

1....Awake
2.Pit Start
3.Pit Theme
4.Pit and Eggs
5.Pit Cylindres
6.Pit Drive
7.Pit Conseqences
8.Pit Shagg
9.Pit @ Home
10.Pit Fragments
11.Pit 1993
12.Pit Tour
13.Pit in Daydream
14.Pit Theme Again
15....Away


中にはBGMと呼んでいいのかわからないものや、ゲーム中のSEが挟み込んであるものもある。

プレイヤーは選曲出来ないので、ピットが選んだ曲を延々と聞かなければならないし、取り替えずにかけっぱなしということもしばしば。ループものの曲が多いので頭がおかしくなりそうなBGMもある。

ピットの選曲基準は最初に選んだ性格だとか、ストレス状態を表しているとか、いろんな説があるが、自分はどんな性格のピットを選ぼうが、何度プレイを繰り返そうが、特定の2、3曲しか流さなかったのでこのサントラの中でも知ってる曲は数少ない。

特に「Pit And Eggs」というエジプトっぽい曲、「Pit Fragments」というこれまた砂漠っぽい曲、たまに「Pit Tour」を流していたくらい。
テンション下がるBGMばっかり流すんですよ…
別にピットに意地悪したわじゃないのに…

時々消音にしてプレイしていたくらいBGMを聴きたくなかった。


でも今は良い思い出かな。
全体を通して聴いてみると良い曲ばっかり。
タイトル画面と家の曲は落ち着く。

外では聴かないだろうけど、貴重な音源をゲット出来て嬉しいです。
もしどこかでサウンドトラックに出会えたら購入しよう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事