見過ごせないダイアリー

【絶対に】FF:U 〜ファイナルファンタジー:アンリミテッド〜【許さない】

2015/10/25 22:12 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • アニメ
  • FF:U
  • 黒歴史
  • スクウェア
  • FF
  • ゲーム
  • アニメ化
FF:U 〜ファイナルファンタジー:アンリミテッド〜

2001年スクウェア絶頂期。
ゲームではPSからPS2に移行。FF10は爆発的ヒット。
ところがあまりにも調子に乗り過ぎてありとあらゆるゴミを生み出す時代ともなった。


キャラクターデザイン:野村哲也・天野喜孝(原案)
メカニックデザイン:小林誠
音楽:植松伸夫(テーマ音楽)
アニメーション制作:GONZO


このオールキャストを見て期待しないファンがどこにいるだろうか。
当時の自分としては誰が作っていようが関係なく「FFがアニメ化する」、それだけで期待度MAXだった。
ビデオ録画をセットして指折り数えて放送を待っていた。その時の思いは今でも忘れられない。
モンスターファーム』以上の期待度だった。



しかしFFファンに投げつけられたものはあまりにも酷いクソの塊である。

新潟県佐渡島沖に突如として立ち昇った「闇の柱」。そこから巨大な黒い竜と白い龍が出現し、二頭は壮絶な戦いの末に消滅した。その時、闇の柱に巻き込まれ「異界」へと飛ばされたハヤカワ夫妻。彼らは異界を旅した後に現界へと戻り、異界物理学の第一人者となる。



FFといえば中世ファンタジーだろ!?(正式には中世と近未来が混在する世界観のものが多いが…)
何故現代世界とごっちゃになっている?FFって新潟県の話だったのか?!
既に数々のゲームアニメ化がとある法則でファンの期待を裏切っている中でこの作品は王道RPGの名に恥じないレベルのタブーを犯した。
このサイトで作らせた方がよっぽどマシな脚本ができそうだ。
http://racing-lagoon.info/nomu/translate.php

ザルカバード邪龍神佐渡島流抜刀術の使い手沖=ハーヴィに突如として立ち昇った「全を塗り潰す漆黒の愛のゾイレ」。神域(そこ)…たとえば預言書の記述からバハムート級な漆黒《くろ》いドラゴンと浄化された蒼龍が光臨し、弐ヘディウムは壮絶なジ・ハードの覇王ヴェネジェティク=末(ソウルアブソーブ)にパージした。ファブラ・ノヴァのクロノス、カオスのヴィノスに神の望みし運命に選択され「時空のインカ・イン・リオニス」へと飛ばされたハヤカワ超究武神覇斬の使い手であるフサ=インを破壊できるだけの魔力。光の戦士たちは後の煉獄王異界=ディアヴォローゼを失われし聖蹟〈アーク〉を探すあてどない彷徨した戦いが終わった後に現次元へとRETURN、会稽の恥を忘れたる異界(吸収・天)異形の森の民ヴ=ツァリガク・マトリクスの第一人者と弄ぶ。



こっちの方が面白そうだぞ。


合っているのはチョコボやモーグリといったFF登場キャラクターを模したどうしようもない設定達である。
これが公式認定とは思いたくなかった。

そして脚本だけでなく見るに絶えない作画。

※中学生の同人作品ではありません。

GONZOといえば2001年は駆け出しの時代であったが、『ゲートキーパーズ』『最終兵器彼女』『フルメタル・パニック!』といった歴史に残る作品を残している。『HELLSING』に関しては死ぬまで叩かれるべきだと思うが…
それらのGONZO作品と比較すると仕事をサボっていたとしか思えない出来。
こいつらはFFなんてゲームは1秒もプレイしたことはなかったんだろうな。

FF過去作をアニメ化するという選択肢はなかったのか?
こんなゴミクズしか作れないなら既存の脚本を使えよ。
まぁそれはそれで酷いことになっていそうだ。

これなら同じ禁じ手を使った『モンスターファーム』の方が10倍はマシだろう。

1話目は子供ながら拍子抜けしてしまった。
でも熱烈なFFファンである自分は「最初はこんなものだろう。次回は面白くなるに違いない」と願った。
ビデオも繰り返し観た。

それが25話続き、FF:Uは打ち切りという形で終了した。
25話全部観たぞ。毎回退屈な音楽と作画と脚本を我慢していたが、面白いと思った回は一度もない。
冗談抜きで全話もれなく同じ感じだからな。期待するなよ。
それどころかただただFFという素材をレイプして何度裏切られたかわからない。

外国の評価もここで言うまでもないよな。

25話で終わらせるつもりだったなら酷い脚本でも仕方がないと言われるだろう。
だが、なんとこの作品は全52話の予定だったそうだ。
唯一評価できる要素は52話も続けずに打ち切った和田洋一の英断。
まさかその12年後にナンバリングタイトルで「自社の製品がクソ過ぎてすみません」と謝るとは思ってなかっただろうな!!
http://lodestone.finalfantasyxiv.com/pl/topics/detail?id=f30a257488841111d51f9c0900950c64df4df838


何が最大の黒歴史かというと最終回まで付き合った自分が一番恥ずかしい。

そしてスクエニとして再出発したFFはその後も過去作のクソリメイク、クソスピンオフをひり出し更にファンを驚かせることになる。
今では『FF:U』とかいうスクウェア最大の黒歴史がマシに思えるくらい、FFは崩壊を続けている。
あれから約15年も崩壊を続けているとは。


更に驚くなかれ、この作品はなんと一定のファンが存在していて、作品を叩くと反撃を喰らう。
何故叩く奴が少ないかというと、FFファンでこの作品を覚えている人間が一人もいないということ。
自分でもこの記事を書くまでは記憶の彼方に忘れていたんだから。
毎回聴いていたはずのOPテーマさえ耳に残っていない。曲自体はそこまで悪くないと思う。


ともかくこの作品はTVアニメとして見る価値のない作品ナンバーワンに認定しよう。
ゲームのアニメ化失敗作品ナンバーワンにも君臨するだろう。

コメント

ちんね
No.1 (2018/08/09 20:55)
覚えてる人が一人もいないんじゃなくて
FFファンはこのアニメを一人も見なかったんじゃないでしょうか
1994年のアニメがひどかったし
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事