見過ごせないダイアリー

何故歩道を走っているのにクラクションを鳴らすのか

2017/06/17 00:10 投稿

  • タグ:
  • 日記
  • 愚痴
  • 歩道
  • クラクション
  • 車道
外に出掛けているとこういうことがしばしばある。
2015y09m02d_103859992.jpg
□が車、◯が自転車。
歩道は自転車も走行化で、しっかり区切られている。

車はクラクションを鳴らす。
この前のは焦ったように「プップップップッ」と連打された。
全く意味がわからない。

自転車が車道へ出ようとしていたなら危険と感じてクラクションを鳴らすことも考えられるが、もちろん車道へ出ようとしたわけでもなく出ようにも歩道と車道は区切られている。


恐らく車には歩道が見えていないのだと思われる。
普段車に乗らないのでわからないが、そんなに車から歩道って見えにくいものなの?
遠くから「あそこには歩道があるな」という確認はしないのかな。
差別したいわけじゃないがドライバーは8割女性である。2割はジジババ。

視野が極端に狭いのと、危険予測が出来ない人だということだよね。


何も危険なことはしてないのにクラクション鳴らされる方はたまったものではない。
車の方から歩道に突っ込みでもしない限りは接触することは不可能なのに。

しかもこれは一回や二回じゃなくてこれまで何度もある。
間違えて押したとは考えにくい。


警音器使用制限違反
http://ueda-gyo.com/all/keihouki.html

ここに詳しく書かれているけど、不必要にクラクションを鳴らした場合罰金2万円になる恐れあり。
クラクション鳴らされると一日気分悪く過ごす羽目になってしまう。
相手に文句言おうにも車だから追いかけられないし…悔しい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事