今日こそやるぞ4日目

結月ゆかりの自作モデル配布データ更新   8/7に再更新分の内容追加

2016/07/10 00:48 投稿

  • タグ:
  • Blender
  • 3DCG
  • 結月ゆかり
  • MikuMikuMoving
  • MikuMikuDance

やっとこパーカー、アクセサリ類を追加したモデルを作成して更新
https://3d.nicovideo.jp/works/td24997
以前と同じアドレスでビュアーデータは更新せずダウンロードデータのみ更新
(下の方に08/07分の更新内容を追記したのでそちらの方も確認いただければと思います)



モーションの「ウソツキ」
「おじゃま虫」だったお前がウソツキだよ!
より1ポーズで現状
(童顔化、赤面、にっこり、瞳大が多少+ではいってるけども)
ついでに言うとサムネは海外の方のモーション

作成中のあれこれは前回の記事にちょこちょこ追記してたのでざっと内容だけまとめ
(モデル的にパーカー、アクセサリ類追加されてるのは画像見ればわかると思うので割愛)

別途画像用意しなくてもわかるところからだけども
髪の色を中心にもっと色合いをゆかりさんの設定に寄せてみた+スフィアマップなどちょこちょこ追加してシェーディングをちょっとだけ情報量上げてみた
あんまやりすぎるとセルシェードと言い張れなくなるきがするので最低限……
(肌の色白くしたり、入っている本村式ラインも濃すぎたみたいな感想ちょこちょこみたので薄くなるように調整)

物理周りの設定を再調整
パーカーやアクセサリが加わっていろいろごちゃごちゃしてきたからというのもあるけど
そもそも前回のデータはまだわかってないにもほどがあって色々おかしかったし
せっかくのAH式おっぱいボーンとか尻とかも一応程度揺れる設定にしてたのに全然生きてなかったので他のモデル参考に一度数値丸コピしてからこのモデルに合ってるところまで抑えるみたいな感じでなんとか
まだいろいろダメなんだろうけど前回よりはマシだと思う
(っていうか揺れるようになってから思ったけど結構盛っちゃってるなー……いやどこをとは言わないけど、こう、板ではないよなー……)

微妙に更新内容とは関係ないけどパーカーのウェイトがほんとにメタクソ時間かかった……
パーカーという存在そのものに殺意を覚えるレベルで表生地から裏地がはみ出しまくるていう
それを確かめるためにblenderから出力しなおして(出力のたびに法線周りのよりかけ直して)
吐き出したら材質周りをマージしなおしての再設定をして(これまた重くて途中で止まりそうになるのでほどほどで再起動しないといけない)
一度確認するための状態に再出力するのに比喩抜きで一時間ほどかかるっていう……
それで踊らせたらblender上であんなに確認したはずなのに
普通に破綻しおる
ハハハ
破くよ?ゆかりさん、そのパーカー破くよ?薄い本見たくするよ?
とか思いながら相当かかっててもうしたくないですうへぇ……

いま確認したらその辺最終的にどういう流れでやったか前回記事に追記してなかったっぽいので軽くだけメモしとく
パーカー周りは計7本のボーンの流れがあってこれに合わせてモデリングしとけば楽だったんだろうけどそういうことはやってなかったので
ウェイト用にボーンに合わせたシンプルなモデルを作成しなおして一度そっちにウェイト関連付けして1頂点4つまでで綺麗に行くように作成
(最初からごちゃごちゃしたメッシュのパーカーに関連付けるとスムースで馴染ませても1頂点4つ以上になるし、メッシュもシワの造形とか絡んで均一じゃないからスムース具合もよろしくなかった)
そこからパーカーを揺れる部分と体と一緒に動く部分に一度分離して揺れる部分にだけ転写
体といっしょに動く方は体から転写して(これも転写だけでうまく行かなかったのでメッシュ形状含めて調整して……)2つを結合
結合した部分は使わないFreestyleを目印代わりにつけといてあったのでその周りの頂点だけ
スムースしつつの最終的には手修正
みたいな流れでなんとか目処が付いた……(目処が付いてからも何故か起こる見逃しで数回出力しなおしたけども……)


愚痴だかメモだかわからんのはこの辺にして更新内容にもどるけども


特殊表情の更新
星目がおもいっきり☆マーク出してたのをいわゆる電磁砲とかの「しいたけ」に
(こっちのほうが需要ありそうというかだいたいのMMDモデルはこうなってた)
はぁとの大きさと位置を主に調整
はぅ!が><すぎたのでちょい潰して曲線に
青ざめの濃度を調整……したきおくがあるのでいっしょにスクショとったけども覚えてない……



水着のフリル部分にレース的な抜きの模様を追加
目指してたラインや分かれ目がきっちり出る表現からは外れちゃうからどうしようかと思ってたんだけども結局入れたという感じ
あとは水着にシワのモデリングをしてから法線馴染ませて結局ほぼ消えるという意味があるんだかないんだかみたいなことを
あと水着の結び目の物理ボーンの数が全体的に適当すぎたのでもう一段きっちり入れた
……でも今回物理箇所一気に増えたので結局こういう細かいところは適当かも……


変更としての更新はこんな所かなぁ……?
ほかは全部追加としての更新という感じだと思う

あとは前回のブログ記事で日焼けあとのリクエストがいただけたのでわからんながらもやっつけてみたりした




「ぶれないアイで」のモーションから1カット
一応←が競泳水着っぽい日焼けのはずで
一種類というのもな~とかおもいながら何もアイディア浮かばなかったので
ボクサータイプのスポーツウェアというかスポブラとスパッツ?みたいな感じのもつくってはみたみたいなのが右
ほんとはビキニの日焼けとかがスタンダードなんだろうけど
それ今着てる奴じゃん日焼け跡の境目被っちゃうじゃん!とかおもったのでバリエーションに入れませんでした……
こんぐらいのクオリティでならばあんま手間かかる作業ではなかったのでなんか良さそうなの思いついたらまた追加するかも……(しない奴がよくやる言い回し


多分こんなところで今回の内容は全部……?
物理周りは手間取ったけどもメモしようにもごちゃごちゃしすぎ&自分のメモみるより
他のもっとわかっている人の記事見に行ったほうがいろいろ早いッて感じなのでスルー
なにかよほどメモり忘れてたことあったら追記するかも


7/10
ちょっとひとつ思い出したので追記
AH式おっぱいボーンの都合上?、最初のポーズが初期位置から大幅にずれたり
180度向きが回転してると開始時におっぱいがむっちゃ暴れるっぽい
(自分の設定が悪いのかとおもったが一応仕組み上そうなっちゃうらしい?)
それでまぁ暴れるだけなら開始時にそこ移さないカメラワークにとかでいいんだけど
偶に変に破綻した状態のところで暴れが落ち着く場合があるっぽくて
そういう場合は
……どうしたらいいんだろう?
多分モーションとか音楽の読み込みを60フレーム目とかからはじめて
1フレーム目はA字ポーズにしとくとかにするとだいじょうぶなんだろうですかね……(今思いついた)


8/7
いろいろ調整して再更新したので追記

大きな更新としてはお腹と太ももを揺れるように物理ボーン追加したの
画像で貼っても仕方ない(かと言ってGIFとか用意するほどでもない)ので文章のみでの記述になってしまうけど
あんまり加減がわからんのでちょいとだけ大きめに揺れるようにしてみたつもり……
常に物理演算でポーズ変えるとおもいっきりプルプルするんだけど
ダンスモーションとか流し込んだ場合にはこのぐらいじゃないと揺れてるor柔らかく変形している感ないかなと

あと前回の更新時にお尻の揺れ?ウェイト更新したからか最初のデータではそこまででもなかったはずなんだけど
お尻の素体部分が水着からかなりはみ出しやすくなっていたのを見逃していたので
中の素体部分を素材分けして素材の設定の方で消した
(改造可にしているのでモデルとしては素体をできるだけ残したかった為)
まだたまに出てくるっぽいけど相当緩和したはずなのでこれでとりあえずはなんとか……

同じく物理周りで胸がちゃんと揺れるようになった結果パーカーの前面部と干渉しまくってたんだけど
距離を離してよほどのことがない限りはみ出さないようにした

これでもはみ出す時がある場合は「胸パーカーの接触回避」のボーンモーフをもう少し入れると
もうちょい距離が離れるのでそれでなんとか……


その他眉の上下移動モーフだとか他MMDモデルで見かけるモーフをいくつか追加設定と
同じく他MMDモデルでも見かけたモーフの名称すり合わせ


「はぁと」はもうちょいハート型内部の抜きの強さを弱めてみた
(遠くから見るとハート二重になってるのわけわかんなかった気がしたもんで……)
「ぐるぐる」は名称すり合わせで「グル目」に変更
(他にもすりあわせた奴はあった気がしたんだけど思い出せない……)


口で追加したのは「にやり2」「ω」「ω□」
ωというか猫口は一旦「ボーンじゃ無理か……」と諦めてたんだけど
今回やってみたら一応程度の形にはなった気がしたので追加
(眉の「上」「下」モーフとか同じく眉の「怒り左」「怒り右」は新規追加とはいえそのまんまなので画像省略)



あとは更新内容txtとかには明記してないけど(クオリティ的に微妙っぽいので)
一応「煽り構図時用モーフ」というのを作ってみた
以前から作ろうと思ってて一旦諦めたやつなんだけど
今回作ってみたらないよりマシ程度のものにはなった気がするので


一応右から左にかけて「0」「0.5」「1」で適応した状態
ただ画像は物理働いてない状態なのでここからさらに物理で髪の毛の位置変わっちゃったりするのは流石になんとも
「1」であてたのもこの顎のラインがほぼ真っすぐになる構図の時に最大に補正かけてどうにかという用途なので
ちょっと煽り構図になってないよりマシ程度の修正をかけたいとかなら0.5前後で当てるのが無難かなーという程度のクオリティ
逆にもう顎の面がきっちり見えるぐらい煽り構図になる場合なら0のほうがいいかもと思う
上野画像の構図の時を補正最大としてそれより煽っても煽らなくても弱くする感じ?


普通の構図で当てるとこんなん
0と1の状態
まぁやってみたかった事の一つなのもあるから今後暇を見つけてはもうちょい調整したり
髪の毛の物理も含めた場合でもなんとかならないかなーとかもしてみたいんだけど現状ではこんな所
これがもうちょい満足行く感じになったら左右の構図とかからでも補正をかけるモーフとかも作りたいんだけども……





一応動いてるの参考用
7/9時点で配布データ更新のものより前の状態なので配布してるのはこの段階より
物理周りがマシになってる


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事