ヴェのブロ

【初心者向け】HEXA DIVER 徹底解説!【SDVX】

2020/02/28 08:51 投稿

  • タグ:
  • SDVX
  • 666(BEMANI)
  • HEXADIVER
  • ボルテ



2020/02/27(木)に、KONAMIのアーケード音楽ゲーム『SOUND VOLTEX VIVID WAVE』にて、新たな楽曲解禁システム"HEXA DIVER(ヘキサダイバー)"が実装された。

急に新たなシステムが登場したので困惑されている方も多いのではないだろうか?
そこで、以前ΩDimensionを紹介したように、HEXA DIVERも紐解いて解説していこうと思う。

1.HEXA DIVERとは?
まずこのシステムは同年2/8に開催された"KONAMI Arcade Championship(KAC)"という大会に向けて、SOUND VOLTEX公式が開催した楽曲コンテスト『The 9th KAC オリジナル楽曲コンテスト』で見事採用、受賞された楽曲を解禁するシステム。

このHEXA DIVERで遊ぶには、EXTRACKという特定条件で進める4曲目に進出する必要がある。




EXTRACKに進出する条件はシンプル。

1.プレーする度に勝手に貯まるBARRIER ENERGYというゲージが満タンになった時。
2.モード選択画面で"BLASTER START"を選択した時、3曲目がEXTRACK固定。

要は勝手にプレーしてればいつかEXTRACK進出するし、それが面倒であればBLASTER STARTを選んでくださいね、という事だ。(ただしBLASTER STARTは通常より料金が高めに設定されているので注意)


EXTRACK進出時は選曲画面でHEXA DIVERフォルダが選択可能になっている。
尚、EXTRACKでは他にもΩDimensionが選択できるが、こちらの説明は以前自分が解説した記事を参照して頂きたい。

2.遊び方

かいつまんで概要を説明したところで、いよいよ遊び方の解説に入る。
どうやらHEXA DIVERにはわずかながらストーリーがあり、

"仮想空間で物語を体験できるシステムHEXA DIVERのβテストに選ばれたボルテのキャラたちが、その物語に浸蝕されてしまう"

といった具合。スマブラSPの灯火の星を連想したのは自分だけではないはず。


Katharsis / u-z feat.CHERiCa

HEXA DIVERフォルダを選択すると、このように専用の選曲画面へ遷移する。UIめっちゃ好き、サイバーでいいじゃないですか、数字の妙に角ばったディジタルデザインがいいですよね。

この画面で解禁したい新曲を選び、プレーした結果に応じて画面中央やや右に表示されているHP(ヘキサポイント)が減少、減らした量に応じて低い難易度から解禁されていく仕組みだ。

HPゲージを拡大したのが上図。ゲージは右から左に減少、一定の基準まで減らすとNOVADVEXHMXM(HP:0)と解禁されていく。

ここでポイントとなるのがHPに与えるダメージ量だ。
選んだ難易度が高いほどより高いダメージを一度に与えられる。だがもう1つ重要なダメージソースが存在する。
それがHEXARANK(ヘキサランク)と呼ばれるもの。

このランクは、プレー中に自分がERRORを出した時のゲージ(後述)の減少量に関わる。
ランクは1~5までプレー前に自由に設定でき、ランクが高いほど1度のミスで大きくゲージが削られてしまう。

その代わり、無事ゲージを1%でも残して最後まで1曲プレーできればHPに与えるダメージも相当な物が期待できる。ランク5で完走すれば一発でMXM解禁も夢じゃないはず。(ただしランク5はNEARでも減少するので、相当の実力が必要)

プレー中は専用のゲージ"HEXATIVE RATE"にてプレーする。
 プレー開始時は満タンの100%からスタートし、ERRORを出す度に減少していく。
 もし0%になってしまうと曲の途中だろうが強制的にTRACK CRASHしてしまうので要注意。
 もし完走できれば、スコアに関係なく、ヘキサランク&選択難易度&BLASTER PASSの有無に応じた固定ダメージが与えられる。(ダメージ表は一番下に掲載)
 


ここで注意したいのが、ダメージがどれだけ大きくてもその時プレーした難易度以上のHPを減らすのは出来ない仕様だということ。つまり絶対に解禁したい難易度を1回はプレーする必要がある。(NOVだけ10回20回もやってADV~MXMを解禁するのは不可能)


最初からHEXA DIVER内で選択できる曲は3つ。先程例に挙げた"Katharsis"に加え

ZEИITH / Ashrount vs polysha


SAMURAI TIGER / ぽんきち&ゆんゆん

以上3曲は、いずれも『The 9th KAC オリジナル楽曲コンテスト』で入賞作品に輝いた楽曲である。

加えて、楽曲解禁状況に応じて以下の3曲が選択可能になっていく。


9TH5IN(ナインス・シン) / ETIA.
条件:SAMURAI TIGERを解禁する事。


ЯeviveR / Diceros Bicornis(BlackY + xi)
条件:ZEИITHを解禁する事。


/ かめりあ feat. かめりあ
条件:Katharsisを解禁する事。


以上3曲は同コンテストで"優秀賞"に輝いた楽曲。
特にボルテでは何かと物騒な曲を作りかねない"かめりあ"氏が、自身で作詞作曲編曲歌唱まで行った『色を喪った街』は必聴で、BPM166という値や譜面傾向がいつぞやの"制御不能の銀河"を彷彿とさせる。ギィンッガファイナリィィィィ!ファイナリィ!
そして、これらの楽曲を全て解禁すると...

The 9th KAC オリジナル楽曲コンテスト
最優秀賞


666 / RoughSketch

今年の最優秀賞楽曲である"666(シックス・シックス・シックス)"がプレー可能になる。
作曲者のRoughSketch氏曰く、「9th KACの場をひっくり返してやりたい」という想いから"9"を反転させた"6"にちなんだ楽曲にしたそう。

補足:ダメージ量について

最後に、選択難易度とHEXARANK、そしてBLASTER PASS使用の有無による与ダメージ表を掲載する。


BLASTER PASS使用時はHEXATIVE RATEゲージが0%になっても、通常のゲージ(EFFECTIVE RATE)に切り替わる救済措置(ARS)が発動する。ただしこの場合はクリアできてもダメージ量があまり期待できない為、ちゃんとHEXATIVE RATEを完走できる余裕のある難易度を選ぶのが吉。

理想的なのは当然MXMをHEXARANK5で挑む事だが、HEXARANKはNEARでも減少するため、初見で完走して一発解禁出来る人は相当な実力者に限られてしまう。ここが従来のΩDimensionに比べてややハードルが上がっている為、否定的な意見も少なくない。

なのでEXHをランク5で1回挑んで解禁後、ランク3で1回挑んで全解禁。といった具合に自分の実力と財布と相談したうえでルートを決めておくと予算の工面もしやすいだろう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事