ツバサ(ホッカイ)の気まぐれブログ

誰でもDog fightができる航空機ゲー「War Thunder」紹介

2013/09/18 07:12 投稿

  • タグ:
  • WarThunder
  • 航空機
  • PC
  • ゲーム
  • ゲーム紹介
このブログはネットで調べた情報とホッカイが
プレイして感じたもので書かれています。
誤情報や不適切な表現などがあるかもしれません。
だいたいそんな感じなのか、程度に見てもらえれば幸いです。








航空機の操作って難しそうだなぁ…
練習のつもりで搭乗しても墜落するか撃墜されちゃうし…
俺は地上で歩兵と撃ちあってるほうがいいのか…

(´;ω;`)ブワッ

といった感じで諦めてかけていた貴方に朗報です!?

簡単操作で熱いドッグファイトを!!
丁寧なチュートリアルやテストフライで何度も練習できる!!

そんなフライトコンバットゲーム

それが「War Thunder」だ!!






「War Thunderとは」
BIRDSofSTEEL(邦題 蒼の英雄 Birds of Steel)を
世に送り出したGaijin entertainment社製のPCゲーム
MOフライトコンバットゲームである。

第二次大戦~朝鮮戦争時のアメリカ、ドイツ、ソ連、イギリス、日本など
八カ国以上から約200機以上の戦闘機、爆撃機が登場し
世界中のプレイヤー達とマルチ対戦や協力プレイが可能となっています。

〈ゲームモード〉

ミッション(指定された目標達成など)

マルチ対戦(チームデスマッチに似たようなルール)
カスタムバトル(自分がホストになり対戦などのルールを決めます)

〈対戦モード〉


アーケードバトル(ABと略されています)
とても操作が簡単で弾薬など空中で補給できる。
まずはABで操作に慣れるべき。

ヒストリカルバトル(国VS国)
所属する国同士によるマッチング形式で全体的に難易度が高くなる。
空中で補給ができなくなり、弾薬補給には基地に着陸しなければいけない。
また限界速度を超えると空中分解なども発生する。

フルリアルバトル(現実)
コクピットでの視点での戦闘や無理な旋回による失速など現実よりになっています。
難しくなりますが自分で操作できる範囲も増えますので玄人には嬉しいかも?

また武器のカスタマイズ、パイロットの育成要素、機体のコーディングも可能です。

〈ゲームをプレイするには〉
このゲームは基本無料一部課金です。
遊ぶには公式サイトに登録をする必要があります。
必要最低限のPCスペックと登録用のメールアドレスがあれば大丈夫です。
詳しくはwikiに書いてある登録方法を参考にしてください。

wikiです↓
http://wikiwiki.jp/warthunder/


公式↓
http://warthunder.com/







〈プレイしてみた感想〉

最初に感じたのは「なんて簡単に航空機を操作できるだろう」です。
最初に軽戦闘機のチュートリアルを少しプレイするのですが
操作方法はアーケードバトル仕様でマウスとキーボードを
ちょこっとさわるだけで離陸or着陸やループや旋回などが可能です。
テストフライなど練習もできるモードがあり嬉しかったですね。

また面白いのがダメージ判定が
航空機の胴体・右翼。左翼・コクピットやエンジンなどがあります。
コクピットを撃ち抜かれたらパイロットは死にますし
エンジンを破壊されたら墜落します…
また炎上したりするので結構リアルに作られています。
受けた損傷によっては基地に着陸して修理しなければいけない状況もあり
離陸と着陸ができる技術が必要なのもポイントですね。

この手のゲームではよくありますが
ランク(階級みたいなもの)がありまして
ランクが高くなるにつれて高性能の航空機に搭乗できます。
なので最初のうちは性能の低い航空機に乗ることになります。
辛いのが格上相手とドッグファイトをする時ですね。
どうしても機体の性能差で撃墜されてしまうのですが
それはどのゲームでもありえることなので
ランクが上がるまでの辛抱になりそうです。

ランクが上がれば重戦闘機や爆撃機といった
多くの航空機に搭乗できますので、そこから楽しくなりそうです。

〈最後に〉
非常に簡単な操作で昔の航空機を飛ばせれるので
興味のある方には是非プレイしていただきたいです。
課金要素はありますが、基本無料なので
気軽にプレイしてみてください。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事