虚構の空を泳ぐ者たち

新曲『響け』その2

2015/05/09 18:35 投稿

  • タグ:
  • HNCREATURES
  • ニコニコインディーズ
  • NNI
  • 朱音
  • ストロベリーソングオーケストラ
  • 音楽
  • ブロマガ


5月の連休もなんちゅうかかんちゅうか、
あっちゅうまに終わってしまいましたよ・・・orz。

さて。お久しぶりでございます。
HN CREATURES、コンポーザーのHNでございます。

連休はみなさんどっか行かれましたか?

HNはですね。
某大阪の某高槻市で、毎年催されている「高槻ジャズストリート」という
イベントに遊びに行きましたよ♪

それは、駅周辺の飲み屋さんや、公園や、公共施設、学校内など、
あらゆるところで、プロ・アマ問わずの
ジャズミュージシャン・ジャズバンドさんたちが

夜中までライブを繰り広げているという、
まさに音楽好きにはたまらないイベントなのですよ。


いたるところで垂れ流されるジャズの音色。


そしてお酒♪


・・・まぁ、HNはあんま飲めないんでアレなんですが・・・。


最高の空間を満喫してきました♪

・・・まぁ、華の連休に出かけたのはそれくらいで、
他はあいかわらず、のらりくらりのチープタイムな
「引きこもり人生」を謳歌してましたがね(w)。


そんなHNでありますが、みなさま!
今回も、そんなHNが、便宜上「コンポーザー」という立場にある音楽ユニット、
HN CREATURESの新曲のお話でございます♪

上にてご紹介させていただきました
新曲『響け』。

・・・と書いておきながら、ここから先は、
今回の曲の作詞を担当してくれた、寿くんの某日記から
引用させてもらおうと思います。
今回の曲に対する、彼の想いが、よく伝わる文章です(^^)。

それでは、はりきってどーぞ♪♪

++++++++++++++++++++++++++++
あれは昨年夏、千日前にある味園ビル2階のとある
秘密倶楽部でのミーティングが始まりでした。

3rdアルバム作成に当たって、当時HN氏が作り溜めていたデモを
何曲か頂いての選曲会議でしたが、イマイチ決め手に欠け、
悶々とした日が続く中、ふとHN氏から送られてきた新曲に衝撃を受け、
この曲から3rdシーズンが始まると確信しました。

一瞬で歌詞が出来上がり、速攻でレコーディングに入り、
納得いくまで製作を重ねて今回の発表に至りました。

今回、作詞を担当するに当たって、
朱音ちゃんに歌ってもらいたいと言ったのは僕の要望だったのですが、
当時、ちょうどストロベリー脱退が決定した頃の
朱音ちゃんを想って詩を書きました。

まぁぶっちゃけ簡単に言うとお別れの歌なんだけど、
人生長く生きてると、人は大なり小なり色んなお別れに遭遇します。
卒業や退社、引退、引っ越しとかによる友人たちとの物理的な別れ、
恋人との別れ、大きいモノで大切な人との死別…。

その時に、相手に対して何を言えるかってのが大切なんですね。

僕は何よりも「終わり」を恐れる人間で、
一度始めた事は極力自分からは止めない様に生きています。
何かが「終わる」という変化に堪えられないんですね。

それでも、人生の中で否応なしに訪れる「別れ」の際、
とにかく僕は「ありがとう」と言える人間になりたいです。

どうしようもない世界のお話なんだけど、
哀しさの中に温かさが溢れている歌にしました。
大切な人を想って聴いて頂ければ幸いです。

終わりの歌なんだけど、
この曲からHN CREATURESの第三期が始まります。
次は、「傑作」と呼べるアルバムを作ります。
期待していてください。
++++++++++++++++++++++++++++++++

ストロベリーソングオーケストラという、あるバンドがあります。
そのバンドは、バンドでありながら演劇もする、
非常に特殊な形態のバンドさんです。

そして、その作品の完成度たるや、音源はもちろんのこと、演劇においても
独特の世界観でもって観る者、聞く者の心に何らかの傷を残していくのです。

そんな素晴らしいバンド、ニコニコ探してたら曲使われてるの見つけました!
それではどーぞ!!


■曲:ストロベリーソングオーケストラ■
『夢六道からくり糸車』



なんだか、いろいろと話が飛んでしまって、
なかなか元の所に戻ってこれないので(w)、
今回はこの辺にしようと思います。

まだ連休ボケが抜けていないHNでございました♪












コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事