博田伸樹の地方競馬・ダート競馬予想コラム「Dの疾風」

名古屋「名古屋記念」(15:50発走) 2020年1月4日の注目レース

2020/01/03 21:30 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 競馬
  • 地方競馬
  • ダート
  • 名古屋
  • 名古屋記念
  • 予想
名古屋競馬11レース「第23回 名古屋記念」(古馬重賞・1400m)

◎(本命) (7)番 アドマイヤムテキ
○(対抗) (9)番 ポルタディソーニ

▲(単穴) (10)番 アンタエウス

☆(特注) (11)番 ゴールドリング

△(連下) (1)番 サンデンバロン、(6)番 メモリーフェーブル


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=C

本命は前走笠松GPで2着に入ったアドマイヤムテキに打った。当時は一気の相手強化に初コースと課題が多かったが、それに問題なく対応しただけでなく、それまで前で戦っていた馬が後方から追い込んできた戦い振りに驚かされた。相手関係次第で位置取りを変えられる自在性があるなら、比較的速い馬が揃ったここは、じっくり構える競馬で抜け出す形か。いずれにせよ地元馬同士の戦いなら、前走の好走を素直に信頼すべきと判断した。

ポルタディソーニは昨年、名港盃を制して重賞2着も2回あったキャリアハイと呼べるシーズン。好位で脚を溜めながら流れに乗れれば、強敵相手にも戦えるようになっており、それができれば逆転も。これを脅かすとすれば明け4歳世代で、楠賞4着で復調気配を見せただけでなく、短い距離に光明が見えたアンタエウスが単穴評価。名古屋に戻って前走快勝したゴールドリングのスピードも、ここで通用するか注目したい。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと「新春競馬特別版」と題し、本日名古屋競馬場以外で開催があるばんえい帯広・川崎・佐賀のメインレースについて、予想記事を掲載します。


コメント

博田伸樹 (著者)
No.1 (2020/01/04 18:30)
名古屋記念結果

1着 ◎ (7)番 アドマイヤムテキ(1番人気)
2着 ☆ (11)番 ゴールドリング(3番人気)
3着 ▲ (10)番 アンタエウス(7番人気)

単勝140円・馬複740円・3連複4180円的中。
道中中団につけたアドマイヤムテキは、前との差を詰めるのに苦労したものの、逃げたゴールドリングをゴール直前でキッチリ捉えた。前走までの内容を思えば辛勝に映るが、このメンバーでハイペースの単騎逃げを打てたゴールドリングに、長く良い脚を使ってあわやの競馬をしたアンタエウスと、明け4歳世代が質の高い走りを見せたことが理由。東海ゴールドCにおける同世代の活躍と、違う意味合いがある結果だった。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事