博田伸樹の地方競馬・ダート競馬予想コラム「Dの疾風」

元旦地方競馬スペシャルPART2 川崎・高知のメインレース予想

2020/01/01 05:30 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 競馬
  • 地方競馬
  • ダート
  • 川崎
  • 高知
  • 予想
<おことわり>
川崎競馬のメイン格は11レースですが、同競走が一般戦扱いのため、特別戦となっている10レースを予想いたしました。

なお発走時刻が早い川崎を、先に掲載しております。


川崎競馬10レース「17th ゴールデンホース賞」
(C1下・栗毛栃栗毛選抜特別・1500m)
(16:00発走)

◎(本命) (1)番 シントーゴールド
○(対抗) (2)番 シックザール

▲(単穴) (7)番 ブルベアブロンゾ

☆(特注) (11)番 ヴェールレガロ

△(連下) (10)番 ミヤビフレッチャ


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B

本命を打ったシントーゴールドは、デビューが遅れながら、デビュー2連勝を飾った素質馬。4月に取消があってから実戦を使えず、復帰後の2戦も勝てていないが、素質はこのクラスで止まる馬ではない。好位から抜け出し、クラスを上げていくきっかけにしたい1戦である。

前走は粘り切れなかったシックサールは、少々ペースが速かったのもあるか。スンナリ先行できればアッサリまで考えられるが、同型が揃って展開が微妙な分だけ対抗評価。ブルベアブロンゾは転入後2戦2勝も、いずれも辛勝。時計面でもシックサールに見劣ることから、ここは単穴評価まで。笠松から帰厩初戦となるヴェールレガロは、以前南関東在籍時より力をつけているだけに、ここでも差はない。


高知競馬8レース「初夢特別」(B級以下準重賞・1400m)

◎ (2)番 セイウンアワード
○ (5)番 アースグロウ

▲ (4)番 サクラシャイニー

☆ (1)番 ペガッソ

△ (10)番 コンドルヒデオ


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=C


騎手変更:(1)番 ペガッソ 多田羅誠也 → 倉兼育康

セイウンアワードは前走2着で転入以来の連勝が5でストップしたが、前が止まらない馬場で仕掛けが後手に回ったのは、距離延長が影響しているか。今回は1400m戦なら距離に泣くことはないと思われるし、時計自体も上位級。強気のレース運びで、実力馬を蹴散らすことが出来ると判断した。

対抗評価となったアースグロウは、転入2戦目から11戦連続連対中。B級昇級戦となった前走も快勝しており、その勢いでどこまで迫るか。明けて14歳のサクラシャイニーは、クラスが下がったのは実力ではなく、休養によるもの。休み明けでも力を出せれば、圧倒するシーンまで。前走は最後止まったペガッソは、仕掛けのタイミング1つでチャンスはあるとみる。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


年始の予定
1月2日 帯広記念(ばんえい帯広)、金杯(水沢)

1月3日 天馬賞(ばんえい帯広)、報知オールスターカップ(川崎)、新春賞(園田)

1月4日 名古屋記念(名古屋)、および名古屋以外の開催場のメインレース



コメント

博田伸樹 (著者)
No.1 (2020/01/03 20:36)
川崎10レースは◎○▲の完璧な予想で、単勝300円・馬複270円・3連複720円的中。
勝ったシントーゴールドはまだ上を目指せる素質馬なので、夏ごろになってどの辺りのクラスにいるのか、興味を持って見てみたい。
高知8レースは▲○で馬複1340円は的中。
古豪サクラシャイニーが全盛期を思わせる逃げ切り勝ちを収めたが、これで引退レースになると発表。苦しい時期に高知競馬に希望を与えた活躍を、忘れてはいけないだろう。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事