ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

博田伸樹の地方競馬・ダート競馬予想コラム「Dの疾風」

「全日本2歳優駿」戦評-見たか、これが“ONE TEAM”の底力。混戦を切り裂く豪脚で、ヴァケーションが地元川崎にタイトルをもたらす

2019/12/23 18:00 投稿

  • タグ:
  • 競馬
  • 地方競馬
  • ダートグレード
  • 川崎
  • 全日本2歳優駿
  • 戦評
1年前のこのレースを振り返った際に、多頭数のシビアなレースを経験する機会が少ないことが、地方勢がこのレースで勝てない理由にあると指摘した。それが今年、地元川崎生え抜きのヴァケーションがゴール前の大逆転で制したことは、その課題を克服する“何か”があったからに他ならない。この馬の素質の高さだけではない、見えない勝因はどこにあったのだろうか

<有力馬を混乱に陥れた、アイオライトの参戦>

このレースは力量比較だけでなく、レース展開を読むことも難しかった。それは逃げて結果を残してきたインペリシャブルキメラヴェリテよりも、必ずしもハナにこだわらないアイオライトテイエムサウスダンの方が、スピードの絶対値で上位だったからだ。後者2頭が控える競馬にこだわれば前者2頭に楽な流れになるし、後者2頭が前者2頭に絡めば速い流れになることが見込まれたからだ。

そして実際は、1番枠からスタートを決めたアイオライトが、アッサリ単騎逃げに。しかも前半3ハロンが35.6秒・同5ハロン61.2秒と、砂の産地が替わった2014年以降では最速となるハイラップ。これにキメラヴェリテは全くついていけず、2番手で喰らいついたインペリシャルムも3角で一杯。テイエムサウスダンは離れた3番手で折り合ったが、勝負所から手応えが怪しくなり、5着に踏ん張るのが精一杯だった。

そして最終的に1番人気になったメイショウテンスイも、テイエムサウスダンをマークして進んだものの、向正面で激しく手綱が動いていた。力があるから好位を取れるのだが、それが結果的にハイペースに巻き込まれて、苦戦する要因になった。それでも最後まで喰らいついて4着に入ったところを見ると、マイルでは距離不足だったということ。逆にいえば距離が延びる今後、巻き返す余地は十分あると考えている。

結果的にスプリンターのアイオライトが参戦したことで、先行馬や一部の有力馬に混乱を与えたことが、今回の結果に色濃く反映された。これでアイオライトが最後まで逃げ切っていれば高い評価を与えることが出来たのだが、最後に差されたことで、スプリンター感が色濃くなってしまった。同世代相手の短距離路線は事実上南関東しかないので、中央在籍のままでは一度消えてしまう可能性もあるが、長い目でみるべき馬だと思っている。

<ヴァケーションの差し切り生んだ、2つのスーパープレー>

さて、勝ったヴァケーションである。道中は先行勢から少し離れた中団を追走していたが、手応えは平和賞の時以上。これは平和賞で比較的厳しい流れを追いかけた経験により、馬が成長していたことの現れだった。そして3コーナー手前から上昇を開始すると、4コーナー手前で好位グループを射程圏に。ここで勝利につながるスーパープレーが飛び出した。

それは吉原寛人騎手外から内へと進路を変更して、前との差を一気に詰めたことにある。これは遠心力が普段より強くかかるだけに、馬自身がそれに耐えられず、勢いを失う可能性もある手段。それでも勝つにはこれしかないと、一瞬空いたイン側に飛び込んだ判断は見事だった。ここで好位勢を捌いて視界が開けてからは、前走でも披露した豪脚を繰り出すだけ。それでも残り200m付近では5馬身以上の差があったと思うが、それをゴール板でひっくり返すことに成功したのである。

そしてここに至るまでに、もう1つのスーパープレーがあったことを忘れてはならない。実は川崎所属馬が調教を行う小向トレセンは、台風19号の影響で水没し、今も追い切りは川崎本場に移動して行うことを強いられている。そういう厳しい環境でも万全の状態に仕上げた関係者の努力と、冬になると川崎を拠点に戦う吉原寛人騎手。それに当日競馬場に押し掛けた川崎競馬を愛するファンの後押しが“ONE TEAM”を生み出した。その底力が、中央に門戸が開放されて以来手が届かなかった、川崎所属馬による全日本のタイトルを手にすることにつながったと思っている。

この競走がケンタッキーダービーの指定競走になっていることもあり、レース後の関係者からは同競走への遠征に言及する場面もあったが、それには酷量を背負って中央で行われる指定競走を勝つ必要があり、現実的ではないだろう。だが南関東の3冠路線を目指すとしても、翌日のOP特別を全日本2歳優駿と0.5秒差のタイムで制したグリーンロードなど、まだ陽の目を見ていない素質馬が少なくない。ヴァケーション自身も更なる成長の余地はあると考えているが、1強ムードを決めつけるのは早計だと思っている。

<存在感あったホッカイドウ競馬デビュー組。敗れた馬も、未来への可能性は溢れている>

その理由には、2頭出走したホッカイドウ競馬デビュー組が、存在感のあるレースをしたこともある。大外から猛然と追い込んで3着となったティーズダンクは、前が速くなった流れで、持ち味の切れ味を発揮することが出来た。ただし1頭で追い込む格好になったことで、出し切れたかとなると疑問符は付く。もしヴァケーションが外を回していたら、2頭が併せ馬になって追い込むシチュエーションになった可能性は高く、それなら差し切ったのはこちらだったかもしれない。その意味でも惜しい競馬だった。

そしてモリノブレイクも好位で踏ん張って6着に入り、平和賞で1.5秒つけられたヴァケーションとの差を、0.6秒まで詰めている。しかも今回は遠征競馬にも関わらず10キロの馬体増と、見るからに余裕残しの馬体。それでもここまで喰い下がったなら、万全の状態で出ていたらと思わずにはいられない。今日の内容を見れば、まだヴァケーションと勝負付けが済んだとは、考えられないと思っている。

あとゴールドビルダーにも触れると、向正面から一気に追い上げ、4コーナーでは2番手まで上昇。しかしハイペースで流れた中、前が止まる前に追い上げたのは無理筋で、結局最後の直線で止まって7着に終わった。とはいえ今回の敗戦は、脚の使いどころが嵌らなかったが故の敗戦で、決して力負けではない。力がなければあの場所で動くことが出来ないことは、覚えておくべきだろう。

(詳細なレース結果は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事