ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

博田伸樹の地方競馬・ダート競馬予想コラム「Dの疾風」

JBC2019一挙予想PART3 JBCクラシック(15:30発走)(2019年11月4日)

2019/11/03 21:45 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 競馬
  • 地方競馬
  • ダートグレード
  • 浦和
  • JBC
  • JBCクラシック
  • 予想
<お知らせ>
この記事の前に、JBCレディスクラシックおよびJBCスプリントの予想記事がございます。またその前には、浦和競馬の全レース予想も掲載していますので、そちらもご覧いただければと思います。なお自身のツイッターでは、少なくともJBC3競走について、パドック診断を行う予定にしております。

浦和競馬10レース「第19回 JBCクラシック」(古馬・JpnⅠ・2000m)

◎(本命) (8)番 チュウワウィザード
○(対抗) (3)番 オメガパフューム

▲(単穴) (7)番 アンデスクイーン

☆(特注) (9)番 ロードゴラッソ

△(連下) (12)番 センチュリオン、(1)番 シュテルングランツ


<自信度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=A

<11月3日 23:00追記>
競走除外:(6)番 マインシャッツ

例年なら中央勢は統一GⅠホルダーが勢ぞろいするが、今年は参戦した統一GⅠホルダーは1頭だけ。例年より小粒なメンバー構成になったが、思い起こすのはかつて、大舞台を前に故障で断念せざるを得なくなったその調教師が“出られなければ負け”と発した言葉である。どんなメンバーになろうとも、このレースが日本競馬最高峰の舞台という評価が変わることは、絶対にないのだ。

ただしポイントは浦和コースに対する適応力。その意味でポイントになるのはオメガパフュームの評価だ。昨年の東京大賞典と今年の帝王賞を制し、休養中のルヴァンスレーヴに代わり現役ナンバー1の評価を手にしているが、課題にしているのが3戦して連対経験がない左回り。また1周1200mという小回りコースの経験も初体験で、コース適性に対しては疑問が残る。追い込み脚質ゆえ、脚の使いどころも難しいことから、今回は対抗評価に止めることにした。

代わって本命にはチュウワウィザードを指名した。デビュー以来3着を外さない安定感は、条件の変化や多様なレース展開に対応して来た証。特に3月のダイオライト記念では、統一GⅠウイナー5頭を相手に圧勝し、既に統一GⅠ級の力を秘めることを示している。小回りコースも昨年の名古屋GPで対応しているので、浦和コースは問題なく対応できるはず。帝王賞で2着に競り負けたオメガパフュームに雪辱し、最高峰のタイトルを手にすると判断した。

別の意味で注目したいのは牝馬のアンデスクイーンだ。ブリーダーズゴールドCとレディスプレリュードを連勝し、一躍牝馬路線のトップランナーに躍り出たが、JBCレディスクラシックは1400m。距離不足と判断し、敢えて牡馬相手のこの舞台にぶつけてきた。帝王賞1-2着が休み明けなので、充実期を迎えた今なら付け入る隙はあるはず。牝馬によるJBCクラシック制覇はあるとみて、意欲も買って単穴評価に持って来た。

ロードゴラッソは前走シリウスSで統一グレード初制覇。ダートに転じてから3連勝した素質馬も、マーキュリーCで自滅した格好で敗れるなどOPでなかなか勝てなかったが、敗戦を血肉として冷静に対処した戦い振りは印象的だった。黄金世代の中でも成長の余地を感じる存在で、前走のように冷静に戦えれば、実力馬に一泡吹かせることもできるのでは。可能性を認める形で4番手に取り上げた。

地方勢ではセンチュリオンが筆頭格。中央時代はマーチS勝ちがある実績馬も、南関東移籍後は重賞2着が3度と、なかなか勝てていない。しかし転入初戦で今回と同じ舞台を2分7秒9で走っており、これは浦和記念なら戦えるレベルにある。もし今回参戦する中央勢がそのレベルでしか走れないなら、コース経験の利で喰い込む余地はある。必ず押さえておきたい1頭だ。

最後の印はロマンも込めてシュテルングランツに。結果を出しているのは地元馬同士で単騎逃げになった時で、確かに統一グレードでは結果を出していない。しかし徹底先行タイプが他に不在で、しかも最も手が合う的場文男騎手に手綱が戻ったとなれば、不気味さは漂う。1番枠から大逃げを決めて、そのままというシーンもあるだろうか。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
11月7日 道営記念ほか2019ホッカイドウ競馬ファイナル特集(門別)

11月8日 兵庫クイーンカップ(園田)

11月9日 武蔵野ステークス(JRA東京・統一グレード)

11月10日 南部駒賞(盛岡)、北國王冠(金沢)


別途、追加する可能性があります。


コメント

博田伸樹 (著者)
No.1 (2019/11/05 16:39)
JBCクラシック結果

1着 ◎ (8)番 チュウワウィザード(1番人気)
2着 ○ (3)番 オメガパフューム(2番人気)
3着 △ (12)番 センチュリオン(6番人気)

単勝160円・馬複210円・3連複1180円的中。
最後の写真判定は差し切ったと思い込んでしまいましたが、クビの上げ下げでチュウワウィザードが残していましたね。長期休養中の馬を別にすれば、現役2トップと呼べる2頭によるマッチレースとなり、いい形で浦和開催のJBCを締めたのではないでしょうか。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事