ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

博田伸樹の地方競馬・ダート競馬予想コラム「Dの疾風」

2019JBCスペシャル企画 浦和競馬の全レースを予想します!

2019/11/03 21:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 競馬
  • 地方競馬
  • ダート
  • 浦和
  • 予想
  • JBC
今年もいよいよJBCがやって来た。昨年はJRA京都競馬場での開催ということで、全レース予想は実施しませんでしたが、浦和競馬場で開催される今年は、例年通り全レース予想を実施します。なおJBC3競走以外の予想を行うこの記事では、詳細な予想解説は行わず、印と一言コメントのみで対応しております。

<発走時刻と発売開始時刻について>
本日の浦和競馬は第1レースが10時発走です。そのため全レースを発売する場外発売施設、およびネット投票サイトの「SPAT4」と「楽天競馬」における発売開始時刻は、9時40分となっています。

<本日のSPAT4「トリプル馬単」について>

本日の「トリプル馬単」対象レースは、JBCの3競走(8~10レース)となります。通常のラスト3レースではありませんのでご注意ください。


浦和競馬1レース「佐賀競馬特別」(2歳二組特別・1400m)

◎(本命) (1)番 ピコデロロ
○(対抗) (3)番 トゥギャザーウェン

▲(単穴) なし

☆(特注) (9)番 ゲレンデマッチョ

△(連下) (11)番 シナノビクター、(2)番 アメツチカミ


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=A  3連複BOX=B

道営で新馬勝ちした2頭が抜けた組み合わせ。この2頭の比較では、浦和コースを経験しているピコデロロの方が、トゥギャザーウェンより有利と判断した。

浦和競馬2レース「高知競馬特別」(C3一組特別・1400m)

◎ (7)番 ロラーナ
○ (9)番 エクセルレジェンド

▲ (5)番 ウインポディオ

☆ (12)番 キープファイター

△ (1)番 サンベリーニ


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=C


ロラーナは前走、C2級との混合戦で好走したように、一連の好調を持続。時計面でも上位で、久々の勝利を手に入れるか。強行軍でも好走続くエクセルレジェンドが相手筆頭。逆転なら休み明けを一叩きされたウインポディオ

浦和競馬3レース「園田競馬特別」(C2一~二組特別・1400m)

◎ (5)番 ジョースイーツ
○ (4)番 ウラワルビー

▲ なし

☆ なし

△ (10)番 チェリーフオール、(9)番 ヤマニンゼーレ、(3)番 リベリュール


<期待度> ◎単勝=A  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B

前走はハナを奪えず惨敗したジョースイーツだが、ここはスンナリ逃げられそう。転入後2連勝の時計を見ても、このクラスに止まる馬ではなく、逃げ切りに期待した。ここは相手探しの1戦で、対抗には前走勝って意気上がるウラワルビーを取り上げる。

浦和競馬4レース「名古屋競馬特別」(C2一~二組特別・1500m)

◎ (2)番 メルシーサンサン
○ (3)番 オフザロック

▲ (4)番 キタシック

☆ (7)番 クールスパート

△ (6)番 クレイジーダイヤ、(1)番 ビギナーズラック


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=C  3連複BOX=D

メルシーサンサンは前走、2000mに戸惑って我慢できなかったのが敗因。距離が戻った上に、先行馬が揃って末脚が活きるメンバーになったので、巻き返しを期待した。休み明けの前走が圧巻だったオフザロックは、同型を捌けば再現可能。底を見せていないキタシックが穴。

浦和競馬5レース「笠松競馬特別」(C1三組特別・1500m)

◎ (2)番 イデアドーター
○ (12)番 ユイノムサシ

▲ (8)番 アンダンテバイオ

☆ (6)番 タツミアンダルシア

△ (10)番 キタノタマテバコ


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B

浦和で7戦6勝のイデアドーターと、転入初戦の前走で大差勝ちしたユイノムサシが、マッチレースを演じる可能性が大。ただしどちらも引かないタイプなので、やりあって共倒れとなるケースも注意したいところ。その際の逆転候補筆頭は、末脚鋭いアンダンテバイオか。

浦和競馬6レース「金沢競馬特別」(C1選抜特別・800m)

◎ (4)番 シュダイカ
○ (10)番 トーセンスティール

▲ (7)番 アクトレス

☆ (8)番 ラブリースマッシュ

△ (6)番 ナホラフェット、(2)番 ラッキーメッセージ


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B

シュダイカは2着が続き、勝てないもどかしさはあるものの、5ハロン未満のスーパースプリント戦では崩れがない。番手が利くタイプでもあるので、連軸としては信頼できる存在だ。相手は休み明けになるが、ダッシュ力は1番とみるトーセンスティール。穴なら久々の浦和でも、スプリント戦は堅実なアクトレスが面白い。

浦和競馬7レース「岩手競馬特別」(B2三組~B3一組特別・1400m)

◎ (2)番 プリムラジュリアン
○ (5)番 ティースワロ

▲ (11)番 ハヤブサライデン

☆ (6)番 タワーオブクイーン

△ (9)番 ファストソレル、(8)番 マックール


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=D  3連複BOX=D

プリムラジュリアンは、3歳春ごろまで牝馬重賞戦線を戦っていた馬。6月以来の休み明けになるが、状態が整っていれば力量上位だけに、いきなり狙えると判断した。対抗評価のディースワロは、差し脚が安定しており、タイミング1つで突き抜ける形も。ただ1頭B2級に格付けされている、ハヤブサライデンも侮れない。

浦和競馬11レース「ホッカイドウ競馬特別」(3歳OP特別・2000m)

◎ (1)番 ジョーパイロライト
○ (12)番 ダンサーバローズ

▲ なし

☆ (2)番 ロビュスト

△ (7)番 ダイヤーズブルーム、(8)番 ダイヤーズブルーム


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=A  3連複BOX=B

ジョーパイロライトは京浜盃4着があるように、世代トップクラスにも通用した経歴を持つ。しかも浦和コースも3戦使ってオール連対を果たしており、条件が揃った舞台。強敵不在の1戦で、確実に勝利を手にしたいところだ。

相手筆頭のダンサーバローズは距離経験が豊富で、8月の川崎では実際にジョーパイロライトを破っている。初の浦和でも距離経験が活きる競馬になれば、十分逆転は可能。以下は一角崩しだが、その筆頭格は前走で浦和2000mを実際に使っているロビュストを。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあとJBC3競走の予想を、発走時刻順に掲載します。


コメント

博田伸樹 (著者)
No.1 (2019/11/05 16:37)
的中したレース番号だけ紹介すると、本命馬か勝ったのは3レースだけ。
馬複は2・3・4・11レースで的中。
3連複BOXは4レースだけ。
この日の浦和は総じてチョイ荒れ傾向で、人気の盲点になった馬の台頭や、混戦で印を入れられなかった馬が来たことで、的中につながらなかった印象。本命馬が着外に沈んだのは8レース中2レースだけなので、悪い予想だったといえないと思いますが。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事