博田伸樹の地方競馬・ダート競馬予想コラム「Dの疾風」

川崎「全日本2歳優駿」 2018年12月19日のダート統一グレード

2018/12/18 21:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 競馬
  • 地方競馬
  • ダートグレード
  • 川崎
  • 全日本2歳優駿
  • 予想
川崎競馬11レース「第69回 全日本2歳優駿」(2歳・JpnⅠ・1600m)

◎(本命) (3)番 イグナシオドーロ
○(対抗) (10)番 ミューチャリー

▲(単穴) (5)番 デルマルーヴル

☆(特注) (13)番 ウィンターフェル

△(連下) (2)番 メイクハッピー、(11)番 ガルヴィハーラ


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=D  3連複BOX=D

昨年このレースを制したルヴァンスレーヴは、今年ジャパンダートダービーで世代の頂点に立ち、マイルチャンピオンシップ南部杯で世代交代を宣言し、そしてチャンピオンズCで時代の寵児であることを世に示した。史上最強世代を形成する強者どもが頂点を目指して戦った、歴史的な戦いから1年。時代を塗り替えんとする勇者のタマゴたちが、今年も川崎競馬場に集結した。

ただし昨年と違い、地方勢も互角以上に戦える。そこで本命はホッカイドウ競馬のイグナシオドーロに打った。前走北海道2歳優駿はハイラップを刻んで後続をふるい落とし、ウィンターフェルとのマッチレースも制する強い逃げ切り。誤審判定によって成績は2着となったが、どうすれば力を出せるかがわかった意味で大きな1戦だった。マイル戦で同じように振るい落とすことは難しいとしても、何が何でも行きたい馬は他にいないので、展開上は戦いやすい。歴史に刻めなかった名誉を、この大舞台を逃げ切って手に入れることを期待したいと思う。

地元のエースとして迎え撃つミューチャリーは、迷った末に対抗評価。最後の直線だけで6馬身千切った鎌倉記念の内容は圧巻で、しかも直前に行われた古馬A2戦より1.2秒も速い1500m1分33秒6のタイムも衝撃的だった。しかし古馬A2戦の上位馬はその後目立つ成績を残しておらず、鎌倉記念2着のリンゾウチャネルも兵庫ジュニアGPは5着。時計に踊らされて力量を見誤っている可能性を否定できなかったことで、本命を打ちきれなかった。前走と同レベルのタイムで走れば、アッサリまであると思うけれど。

中央勢も強力なメンバーが揃ったが、筆頭格はデルマルーヴル。未勝利→500万下と連勝した時は広い馬場での底力勝負を好むとみていたが、前走兵庫ジュニアGPは小回りコースをもろともせずに捻じ伏せた。まだ全力で走っていないし、園田とは違う意味で川崎コースは難しいが、地方の馬場を経験したことも大きな強みになる。4コーナーまでに馬群を捌いて前を射程圏に捉えれば、突き抜ける可能性は十分あるとみて、これに単穴の印を打った。

北海道2歳優駿でイグナシオドーロと壮絶なマッチレースを演じたウィンターフェルは、誤審判定によって1着となった。ハイペースを1頭だけ追いかけたレース内容は高く評価できるものの、実質的には3たび重賞で競り負けた事実は拭えない。重賞になると勝てない勝負弱さを、初コンビとなる森泰斗騎手が埋められたら面白いが、それだけで大きく評価を上げるのも考えモノ。最終的には4番手評価に落ち着いた。

評価に迷ったのはJAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBYのポイントを持って参戦するメイクハッピー。2戦と好位から切れ味鋭い末脚で突き抜け、2戦2勝。現時点の完成度は中央勢で1番とみるが、気になるのは2戦とも芝スタートでアドバンテージを築き、位置取りで優位に立っていたこと。オールダートに変わって同じように戦えるか微妙で、もう少し評価を上げたい気持ちもあったが、最終的に押さえまでとした。

同じく2戦2勝のガルヴィハーラは、前走500万下はハイペースに乗じて長く脚を使い、差し切り勝ち。しかしデルマルーヴル以上に距離は延びた方が良さそうで、小回りコースへの適性にも疑問符がつく。ただしデルマルーヴルなどのお手馬を差し置いて、クリストフ・ルメール騎手がこの馬に乗るのは気になるところ。それで過度に人気になるなら馬券的には嫌味だが、予想としては切ることはできないだろう。

印はここまでしか打てなかったが、ノーマークの馬たちも力のある馬は揃っており、どの馬にもチャンスはある。中でもホッカイドウ競馬で1200mの重賞連勝中の(7)番エムオータイショウは、距離さえ持てば押し切るスピードは秘めている。是非とも手を伸ばしてほしい1頭として、ここで挙げることにした。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


今後の予定については、21日までに年末年始の特別対応に関する記事を掲載しますので、そちらをご確認ください。そのため少なくとも、21日まで予想記事の掲載はありません。また全日本2歳優駿の戦評記事は、それまでに掲載する予定です。


コメント

博田伸樹 (著者)
No.1 (2018/12/19 21:15)
全日本2歳優駿結果

1着 - (12)番 ノーヴァレンタ(5番人気)
2着 ▲ (5)番 デルマルーヴル(2番人気)
3着 △ (11)番 ガルヴィハーラ(1番人気)
14着 ◎ (3)番 イグナシオドーロ(7番人気)

今年は地方勢で十分戦えると思っていたが、4着まで中央勢が独占したところを見ると、中央勢のレベルは1世代上と遜色ないのかも。詳しい分析は、金曜日までに掲載する戦評記事をお待ちください。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事