ポケモンマイスターひろりんのブロマガ

第五回ニコ生杯で使用したPT~ごちうさ構築~βver

2014/05/07 04:51 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • ポケモンXY
  • ニコ生杯
  • ゴチルゼル
どうも、Cブロックにて初戦敗退した僕です。大会当日に完成して、レートで試運転してみたら結構強かったので、そのまま二回戦(トーナメントの都合上)で使いました。



それではごち(る)うさ(ぎ)の構築紹介。



PTコンセプトは「バナを許さない」です。

・ゴチルゼル@こだわりスカーフ
ねむる・いちゃもん・トリック・サイコキネシス
特性:かげふみ
臆病 H172 C100 D36 S196
実数値 167 * 115 128 135 121

起点作りのゴチルゼル、ごちうさ構築のごちの部分。キーパーソン
起点作りと同時に、マリルリの苦手な化身ボルトとメガバナを相手してもらう。

火力はH振りメガバナを確定2発、特化ヘドロ爆弾を2発耐えにした。
(Dにガッツリ振られたり、ギガドレ急所でガッツリ回復されると負ける)
化身ボルトを低乱数2(1.2%)だが、一般的な珠ボルトなら珠ダメージ込みで確定2。
素の火力のボルトの10万なら確定で2発耐えるが、珠なら2発で沈む。
Sはスカーフ持って最速化身ボルト抜き、対面からであれば電磁波テロされない限り打ち勝てます。

基本的に初手で運用。バナやボルト、ゲンガーなら初手で殴る。
カバやスイクンポリ2みたいな、起点作りのポケやら高耐久ポケが来たら迷わずトリックでスカーフを押し付けます。スカーフ押し付けた後は、いちゃもんを打ち、倒されるか眠ります。

~スカーフトリックした次のターンについて~

・チョッキやこだわりだった場合
→こだわりならいちゃもんをして退場、チョッキはいちゃもんが出来ないのでうんk

・相手の方がsが早くなり、尚且つそのターンの攻撃で倒されてしまう
→あきらめましょう。因みにs実数値81以上で抜かれる

・こちらの方が早く、尚且つそのターンの攻撃で倒されてしまう
→先制でいちゃもんが入り、次のターン相手は悪あがきか交換をするしかないので死に出しで積みポケモンを出しましょう。ほぼ無償で積めます。

・そのターンの攻撃を耐えたり、補助技を使ってきた場合
→いちゃもんをします。相手は次のターン悪あがき確定なので眠るをしたり適当にターンを潰します。あとは2ターンに一回しか攻撃できず、勝手に悪あがきの反動ダメで落ちます。ステロなどの補助技が打たれた場合はかなり安全に積みに行けるので積みポケを出しましょう。
かなりレアなパターンですがスカーフ渡してもゴチルの方が早く、悪あがき反動で落ちるターンにスカーフを回収することが出来たら、次来たポケモンにもスカーフを押し付けたり、攻撃して削ることも出来ます。ねむるやサイコキでうまくターンと相手のHPを調整できれば出来るんですが、なかなかうまくいかないんですよね。

因みに特化ギルガルドのシャドボが37.5%の確立で耐えることが出来るので、起点にすることも一応出来る(火力を削って耐久に回せば確定で耐えれるが、どうしても努力値が足らない)。


・マリルリ@命の珠 NN:ひろりウサギ
腹太鼓・恩返し・地ならし・アクアジェット
特性:ちからもち
陽気 AS252 残りD(ダウンロード対策)
実数値:175 102 100 * 101 112

最強のASマリルリ。s振ってないバナやロトムをぶち○す。
陽気にすることでs振ってないバナに先制することが出来るので、ゴチルでバナが狩れなくても起点を作ってもらい、腹太鼓を積めれば恩返しで突破することが出来ます。
陽気だとアクジェでガブを乱数で落とせなくなるので珠、耐久振ってないし珠なのですぐ4ぬうさぎ(確かうさぎって寂しいとすぐ4ぬらしいけど・・・)。でも、積んだ時の突破力は凄まじく、メガバナだけで何とかしようとしてる選出はこのうさぎの餌食です。ステロがあれば多少硬くしてる程度のサンダーもアクジェで吹っ飛びます。
陽気だけど指数的には意地っ張りオボンよりは上なので、本来なら6段階アクジェを耐えるポケモンも突破したりと、レートではなかなかの活躍を見せたが、大会本番では・・・。

地ならしは完全な趣味。ギルガに攻撃下げられる、鮫肌と珠ダメですぐ4ぬので非接触技が欲しいという理由で採用した。H振りだけのナットレイは25%の乱数で落ちるらしいが、じゃれつくなら87.5%の乱数で落ちる。そもそもギルガルドには、地ならしする前に影打ちで4にそう・・・
一応補正なし力持ち6段階珠じゃれつくでH振りだけのメガバナに187~221ダメが入るが、外しやらB振りであっさり耐えられそうだったので恩返しを採用。マリルリが地震を覚えるなら恩返しをじゃれつくに出来る訳だが・・・

環境的にB振りメガバナが少なそうであればじゃれつくで採用し、ステロを撒けるポケモンと使いたいなと思った。AS珠はなかなか強かった。

このPTに初手でサザンドラがかなり高確率で来るので、初手で投げて腹太鼓積んで、受けに来たガルドバナを瞬殺して、降参されたこともあった。


・キリキザン@こわもてプレート
剣の舞・はたきおとす・アイアンヘッド・ふいうち
特性:まけんき
意地っ張り H212 A252 B4 D4 S36
実数値 167 194 121 72(くっ) 91 95

耐久に振ったキリキザン。耐久に振ったお陰でポリ2のイカサマで怯むことなく積む。
ゲンガーとセットで選出する。やけどで負傷してるポケモンにも強引に積んだり出来るのは、耐久に振ったキザンの特権。

ゲンガーやサンダーに飛んでくる岩石封じを彼で受ける。そうすると、受けに出しただけなのにAが2段階上昇するアラフシギハカセ。そのままプレート不意打ちでガブは4にます(珠じゃないなら耐えるとか思ってる奴にプレートは刺さる。あっ、襷はやめてくだせぇ~)。

浮いてるポケモンとかなり相性がいいポケモンであり、鋼タイプに強い物理アタッカーなのでかなり使いやすい。ローブシンとかの格闘が苦手だが、周りの面子が格闘技を通さないお陰で
ブシン対面でもある程度強引に殴りにいける(どうせアイツは叩き落とすことにしか興味ないから)。

珠キザンと違ってギルガへの乱数が変わったりするが、プレートでもかなりの火力が出るので、耐久振りで使う際はプレートをお勧めします。アイへの火力は上がらんけど・・・

相変わらずアローとガルーラに択ゲーに持ち込まれて負けるので、ガルから不意打ち、アローから鬼火を取り上げて下さい増田さん。


・ゲンガー@ゲンガナイト NN:うたいて()(影ふみと掛けてカゲプロっていうNNにしようか悩んだのは内緒の話)
身代わり・鬼火・祟り目・ヘドロ
特性:ふゆう メガ進化後:影ふみ
臆病 HS252 C4爆弾
実数値 167 * 80 151 95 178
進化後 167 * 100 191 115 200

通称祟り目ゲンガー。状態異常が入っていればH振りクレセとギルガルドが確定1発。

単純に上から殴ったり、鬼火入れたり、それだけで強い。ゴチルゼルと組ませてるので、滅び警戒されやすいが、滅びもないし道連れすらないので、至って健全である。

祟り目だと相手のゲンガーやヒードランがきつくなる程度。

身代わりはあるとギルガルド対面で重宝する。道連れだったり、シャドボとかでも良いかも。

基本的にガブに鬼火を入れてもらう仕事が多かった(ラム剣舞エッジ急所は犯罪、3万円以下の罰金若しくは、バッキンガム宮殿内の掃除3ヶ月)。メガ進化せずに動くこともあった。
やはりメガ進化すると地面技の一貫がきつくなるので、キザンと選出するときは考えて進化する。メガ進化さえしなければ、ガブは岩石封じしかしてこないのでキザンのAを上げに行くのに持って来いだったりする。

使ってみての感想として、鬼火を外すとどうしようもなくなるっていう展開が何度かあったので、あまり頼りすぎたらいけない(戒め)。


・ヌオー@オボン NN:はらへった (由来は、当日の朝に何も食べずにお腹が空いていたため)
たくわえる・自己再生・じしん・ねっとう
特性:てんねん
のんき H252 B228 D28
実数値 202 105 147 85 89 40

最強のストッパー。基本的に死に出しでメガ進化ポケモンを止めるのに使う。尚且つ起点にできる。

死に出しから(オボン込みのH実数252、再生回復量101)起点にできるメガ進化ポケモン(急所は考慮しないし、特性込み、252振り前提)
・陽気メガルカリオのインファイト→122~144ダメージ
 たくわえる1積み状態のインファ→82~98ダメージ ←再生で一応間に合う 
                204~252

・臆病メガルカリオのはどうだん→130~154ダメージ
 たくわえる1積み状態の波動弾→88~104 ←運がよければ再生で回復が追いつく

ルカリオはうまくいけばたくわえるを積んで硬くなっていけるが、分が悪いので積まずに倒す方がいいが、相手の裏にヌオーが積めば勝てる相手が居る場合は積んでいく。

・陽気メガカイロスの恩返し→106~126
 たくわえる1積み状態  →72~85

・陽気メガカイロスの暴れる→124~147
 たくわえる1積み状態  →84~99

恩返しは余裕で起点になるが、暴れるは一応回復が追いつくが、最高乱数を連続で引かれるときつい。

・意地っ張りメガリザードンXのげきりん→120~142
 たくわえる1積み状態        →81~96

メガリザも粘ればいけるし、混乱があるので^^

・意地っ張りメガハッサムの虫食い→76~91
 たくわえる1積み状態の    →51~61

オボンが喰われるが問題なく。超余裕。

・意地っ張りメガバシャーモの跳び膝蹴り→117~138
 たくわえる1積み状態の       →78~93

バシャもかなり有利。

・意地っ張りメガクチートのじゃれつく→118~141
 たくわえる1積み状態の      →79~94

こう見ると馬車の膝と同じくらいの指数なんだね。

計算はしてないがメガガルーラ(物理)やメガバンギラスやボスゴもいけると思う。


無理なメガ進化組み

・陽気メガチャーレムの跳び膝蹴り→158~180
 たくわえる1積み状態の    →102~121

オボン持ってても耐えません。事前に積んでおく必要がある(こうして見るとやっぱ化け物ですわww)。

・意地っ張りメガヘラクロスの種マシンガン→∞

種ガンなきゃいけるかも????(どうせ持ってる)。

・メガギャラドス特性型破りにより、竜舞い詰まれて逆に起点にされる

・地球投げメガガルーラ→地球投げPP>自己再生の時点でどうしようもない

最後に一般ポケから

・意地っ張り鉢巻ファイアローのブレバ→102~120ダメージ

オボン込みで2発耐えます。

とりあえず選出に入れておけばなんやかんやで活躍する。こいつのお陰でバナをかなり呼ぶ形になるが、ごちとうさとメガゲンがなんとかしてくれます。ヌオーを舐めきった選出されて、ヌオーで完封した試合も何度かあった。ゲンガーで相手のポケモン全員状態異常にして自己再生で粘るだけで勝てた試合とかもあった。

じしんはドランとライコウに起点にされるのを防ぐため、ねっとうは物理アタッカーを完全に機能停止に追いやるのとスリップダメージを入れて、再生連打で勝ちやすくするため。のろいではなく、たくわえるなのは特殊アタッカーも行ける様にするためだが、3回までしか積めないので間に合わない相手もいる。

ヌオーに関してはまだまだ書きたいことがあるが長くなるのでここまで(十分長いが)。


サンダー@ラム
どくどく・羽休め・ねっぷう・ボルトチェンジ
特性:プレッシャー
臆病 最速70族抜きHDベース

ナットレイギャラドスにある程度見れて、浮いてるポケモンが欲しかったので抜擢。
環境にあってない努力値振りだったが、Dに振ってたお陰でサザンドラや眼鏡ロトム相手に活躍した。最初は食べ残しで試運転していたが、ガッサビビヨンが怖かったのでラム(防塵ゴーグルという発想がなかった)。多分ゴーグルか食べ残しかのどちらかがいいでしょう。
相手のギャラドスとガブの地震が一貫してるので、実はかなり重要な立ち位置。
キリキザンヌオーとも補完が優れていて、なんだかんだで選出機会が多かった。マリルリが通らないポケモンが多い場合はサンダーを軸に選出を決めてたほどの影のエース。ガブに岩技かげきりんを強要することができるが、なんだかんだいってげきりんを打たれることはほとんどなかった。


最後に、ニコ生杯初戦のあいての、てのひらさんとのBVを上げておきます。
NQBW-WWWW-WWW7-7SYM
いい感じにごちってからのうさぎが決まるが・・・

タイトルにβが入ってるのは、後日見やすいようにフォントを変えた完全体で投稿する予定なので(文字を書くだけで疲れたのもあるが、箇条書き部分が多いので出来るだけ見やすく編集するようにはする)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事