いつも気ままに

【検証】パワプロ・パワポケの固有捕手の中で一番強い選手は誰なのか

2018/02/24 14:01 投稿

  • タグ:
  • パワプロ
  • パワポケ

「これまでのパワプロ・パワポケ全作品の中で最強の捕手は誰なのかな」
ってふと気になったので、せっかくなので調べてみることにしました

能力は今回も下記のサイトを参考にさせていただいてます
【パワプロシリーズ選手能力まとめ Wiki】


※ルール
◎対象は全パワプロ・パワポケ作品
→パワポタ、パワメジャ、アプリ、ヒーローズも含みます
→パワポケ甲子園やパープレは対象外

◎固有キャラ、及び固有モブの中で正ポジションが捕手の選手
→サブポジ捕手の選手は対象外としています
→あくまでサクセスキャラのみなので実在するプロ野球選手は対象外となります

◎対象キャラが複数作品に参加している場合
→その中で一番能力が高いもので検証しています、もし超!は対象外

◎検証方法
→各能力値のMAXを100点とし、全能力値合計を最大600点満点で数値化しました
→特殊能力も効果毎に数値化し、それぞれ選手毎に合計値を算出しています
→弾道は設定されていない作品もあるので対象外としています

その他細かい検証方法についてはかなり長くなってしまうので省きます


という訳で、ここから検証結果を各項目ごとにランキング形式でまとめていこうと思います


①総合力
(各基礎能力値の合計点+特殊能力合計)
a
1位:533点(基礎能力480+特殊能力53)
雨崎(パワポケ13:混黒高校)
A(14) A(180) B(12) A(14) A(14) B(12)

人気者、威圧感、キャッチャー◎、アベレージヒッター、パワーヒッター、広角打法、チャンス◎、ブロック〇、粘り打ち、連打〇、初球〇、チャンスメーカー、慎重打法

2位:530点(基礎能力510+特殊能力20)
課長(パワプロ6:黒獅子重工)
A(6) D(90 ) A(15) B(13) A(15) A(15)
キャッチャー◎、アベレージヒッター、チャンス〇、初球〇

3位:509点(基礎能力490+特殊能力19
九州(パワプロ6:するめ大学)
B(5) B(120) D(8) A(15) A(15) A(15)
キャッチャー◎、アベレージヒッター、ブロック〇、満塁男

4位:499点(基礎能力460+特殊能力39)
佐藤寿也(アプリ:海堂学園高校)
B(75) A(80) C(65) A(85) B(75) A(85)
球界の頭脳、アベレージヒッター、アーチスト、送球◎、粘り打ち、初球〇、逆境〇、選球眼

5位:496点(基礎能力480+特殊能力16)
王嶋(パワプロ2013:竜王学院)
A(81) A(81) A(81) A(81) A(81) A(81)
アベレージヒッター、パワーヒッター、広角打法、ヘッドスライディング、積極守備

②基礎能力値合計
(各基礎能力値の合計点、特殊能力は除く)
a
1位:510点/600
課長(パワプロ6:黒獅子重工)
A(6) D(90) A(15) B(13) A(15) A(15)

2位:490点/600
九州(パワプロ6:するめ大学)
B(5) B(120) D(8) A(15) A(15) A(15)

3位:480点/600
雨崎(パワポケ13:混黒高校)

A(14) A(180) B(12) A(14) A(14) B(12)

3位:480点/600
王嶋(パワプロ2013:竜王学院)
A(81) A(81) A(81) A(81) A(81) A(81)

5位:460点/600
佐藤寿也(アプリ:海堂学園高校)
B(75) A(80) C(65) A(85) B(75) A(85)

③総合打撃力

(ミート・パワー・走力の基礎能力合計値+攻撃型特殊能力合計)

1位:281点(打撃基礎能力240+攻撃型特殊能力41)
雨崎(パワポケ13:混黒高校)
A(14) A(180) B(12)

威圧感、アベレージヒッター、パワーヒッター、広角打法、チャンス◎、粘り打ち、連打〇、初球〇、チャンスメーカー、慎重打法

2位:256点(打撃基礎能力240+攻撃型特殊能力16)
王嶋(パワプロ2013:竜王学院)
A(81) A(81) A(81)
アベレージヒッター、パワーヒッター、広角打法、ヘッドスライディング

3位:245点(打撃基礎能力235+攻撃型特殊能力10
課長(パワプロ6:黒獅子重工)
A(6) D(90) A(15)
アベレージヒッター、チャンス〇、初球〇

3位:245点(打撃基礎能力225+攻撃型特殊能力20)
ママライオン(パワポケ12:ジコーンズ)
B(13) A(140) B(12)
アベレージヒッター、対左投手〇、安定感、緊縛

5位:241点(打撃基礎能力235+攻撃型特殊能力6)
飛山(パワプロ2013:壱琉高校)
C(65) A(99) B(75)
パワーヒッター、ヘッドスライディング、強振多用

④総合守備力

(肩・守備・エラー回避の基礎能力合計値+守備型特殊能力合計)

1位:312点(守備基礎能力300+守備型特殊能力12)
九州(パワプロ6:するめ大学)

A(15) A(15) A(15)
キャッチャー◎、ブロック〇

2位:297点(守備基礎能力285+守備型特殊能力12)
日下部(パワプロ7:ヤクルト)
A(14) A(15) A(15)
キャッチャー◎、ブロック〇

3位:285点(守備基礎能力275+守備型特殊能力10)
課長(パワプロ6:黒獅子重工)
B(13) A(15) A(15)
キャッチャー◎

4位:283点(守備基礎能力260+守備型特殊能力23)
六道(パワプロ13:聖タチバナ学園)
C(10) A(15) A(15)
キャッチャー◎、ささやき戦術、送球4

5位:260点 ※同率で3人いるので詳細は割愛
猪狩進(ヒーローズ:あかつき大附属)
金村(パワプロ6:むつご大学)
佐藤寿也(アプリ:海堂学園高校)


◎最後に
以上で今回の検証は終わりになります
上位陣の顔触れは基本的にほとんど変わりませんでしたね
1項目だけ低い能力がある選手はその部分が足を引っ張ってなかなか上位に食い込めなくなってしまっていました(出井田やシルバーなど)

15段階査定の時期の選手はMAXの15を付けられている選手が多いため、100点満点に換算した際に上位に来やすくなってしまっています
100段階査定で100を付けられていたのは矢部兼の走力しかありませんでした

その他に気になる選手や順位などがありましたらコメントしていただければ答えていこうと思います

ありがとうございました


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事