王都ヴァルムのとある日記

【虚ろな国の風来伝】新要素・変更点

2020/05/28 01:23 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • RPGツクールMV
  • 虚ろな国の風来伝
『虚ろな国の風来伝』、いよいよ完成の時が近づいてきました。
今回が公開前最後のブログになるかと思います。
公開まであと少し!頑張ります!

というわけで、今回はシステム面の紹介です。
『栄えし国の探訪録』から追加・変更した点を中心に、一部紹介します。
前作のネタバレはありません。


(1)戦闘中のパーティ変更と「控え」システム
 本作では、パーティに加わるメンバーが5人以上となります。そして、そのメンバーは戦闘中でも毎ターン自由に変えることが出来ます。
 ここまでは『王都ヴァルムの魔導戦記』と同じですが、本作では「控え」にも以下の特徴があります。戦況を見極め、メンバーを的確に交代させましょう。

 ①【支援アビリティ】の発動
 各キャラクター固有の能力で、控えにいる時に自動で発動し、パーティを支援します。
 毎ターン仲間を回復させたり、確率で敵を妨害したりと様々です。
 ただし、そのキャラクターが戦闘不能の場合は発動しません。
 
 ②HP・TPの回復
 毎ターン、HPとTPが少し回復します。
 普段は控えにさせてTPを溜め、イザという時に交代して強力な戦技をすぐ発動……といった戦い方も出来るようになります。


▲ゼノの【支援アビリティ】は「ダメージ軽減」。仲間の被ダメージを確率で大きく軽減させる。


(2)鍛冶システム
 武器を鍛えて強化するというシステム自体は同じですが、本作では「強化」だけでなく「改造」をする事も出来るようになります。

 ①武器の「強化」
 一定のお金を消費することで、攻撃力などのステータスを上昇させることができます。
 なお、現在の章の数値までしか強化できません。

 ②武器の『改造』
 武器に特殊な効果(状態異常の付加など)を追加できます。
 改造には、街道の宝箱等から手に入る「レアストーン」という素材が必要です。
 ※「レアストーン」は、「巻物の合成」にも使用します。


▲いつもと違う鍛冶システム。武器の「強化」と「改造」が選べる。


▲武器の「強化」。素材は不要だが、お金が必要となる。


▲新たに登場した武器の「改造」。状態異常などを付加させる事が出来る(効果は武器ごとに決まっている)


(3)その他
・クエストシステムは前作と同様です。未プレイでも問題ないですが、やると色々と分かるかもしれません。
・「巻物の合成」等、一部システムはゲームを進めないと使えません。
・「人名事典」は本作にもあります。なお、『栄えし国の探訪録』で公開された内容は、最初から全て確認することが出来ます。前作の内容を忘れていても、これで安心……だと良いのですが!
※「人名事典」自体は、ゲームを少し進めないと使用出来ません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事