とらひこの備忘録

最近のメソポタミア動向(2015年) 「ギルガメシュ叙事詩の欠落部が判明」

2016/12/23 13:01 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • メソポタミア
  • ギルガメシュ叙事詩
  • ギルガメシュ
  • エンキドゥ
  • フンババ

是非とも "クレーマー" に会ってみたい(メソポタギャグ)。

こんにちは、とらひこです。
連休で気分が高まります。ここ最近のメソポタミアトピックについて、つらつらと書いてみます。

①ギルガメシュ叙事詩の欠落部が判明
一報が飛び込んできたのは、2015年夏頃で、私はツイッター上で知りました。
イラク戦争時略奪された粘土板を博物館が買い戻し、その内容を確認したことで判明したという経緯だそうです。
これまで判明していた叙事詩の内容と照らし合わせると、欠落していて分からなかった箇所が新たに分かり、「エンキドゥがギルガメシュと出会う前、フンババと知り合いだった」ことが確定しました(※これまでは、話の文脈上、エンキドゥがフンババのことを知っていたのは確かでした。ただ、今回の判明によって、一方的に見知っていたわけではないことがわかりました)。
※新たに判明した叙事詩の内容については、こちらで確認ができます。関心ある方は、是非読んでみてください(英語)。
外部サイト:http://eprints.soas.ac.uk/18512/

(同サイト、該当PDFより)


ここからは私的な意見が強いので、気に食わない方がいたらごめんでやんす。

まとめサイト等でしばしば「エンキドゥとフンババが親友であった」という言われ方をしていますが、英訳文を読む限り、私にはそうは思えませんでした。
理由としては、フンババにしろエンキドゥにしろ決定的な発言(
friend ※少なくとも、文中エンキドゥの発言 "My friend" はギルガメシュに向けられたものだと、私は読みました)が無いことと、文面から感じられる印象として、フンババに圧倒的な大物感があり、エンキドゥがそれと同格の存在と思えないからです。
が、私の語学力は下の下なので、誤読しているところもあるんでしょうかね…
(※ホントに私は英語が苦手なので、誤った情報流してたらごめんなさい。
 そのためにも、関心ある人には上URLから直接確認してほしい気持ちが強いんです…)




エンキドゥとフンババが知り合いだったことが確定したという意味で画期的だったのですが、私には彼らが親友だったとは思えませんでした。今回のことが、叙事詩の性格に決定的な影響を及ぼすものではないと思ったため、(当時 ゆっくりギルガメシュ の連載中でしたが)動画で取り上げることもないのかな… と思った次第でした。動画コメントで今回のことについて書き込んでくださる方もいらっしゃいましたが、投コメ返信か、動画説明欄にURLを貼るにとどめていました。
ずっと先になるかもしれませんが、またギルガメシュの動画をつくることがあれば、その時にキチンと触れるかもしれません。

いずれにしても、関心ある方は是非、英訳文を確認してみてはいかがでしょうか!?
(とらひこの語学力が低すぎて、親友説のが正しかったら俺恥ずかして過失恥死だ…)

妄想も楽しいものですが、「〇〇があった」という事実確認の場合は、伝聞(まとめサイト… もちろん 「ゆっくりギルガメシュ」 だってそう)ではなく、原典に近いものに触れるのが肝要かと。
私を含め、たいていの日本人は楔形文字が読めないので、学者さんの翻訳文が一番原典に近いような気がいたします。

ちなみに、現在発掘されている粘土板については、30万枚ほどであったと記憶しています。そしてその多くが、未解読のまま博物館などの倉庫で眠っているのが現状です。理由は単純で、粘土板を読める人が少なく、そのために解読が進んでいないということで。
近頃は科学技術、人工知能の発達が目覚ましいので、その内、全自動で楔形文字を読める装置でも開発されないかな… と期待わくわく。
いつの日には、眠っている粘土板群の中から、ギルガメシュ叙事詩の未知の部分がすべて発見され、『ギルガメシュ叙事詩完全版』が読める日がくるかもしれませんね!※ただ、ギルガメシュ叙事詩自体、年代、地域によって内容が異なっているため、何をもって「完全」と言えるかと詰問されれば、私答えられないんです…(汗))。

いざ書いてみたら、長くなってしまったので、分けます。
いつもの東方色がない記事なので、何人がこれを読むのか。我ながらあきれる。
(でも、たまには、ガチのメソポタミアトークだってしたいんだよ!(爆

とりあえず、ギルガメシュ叙事詩についてこんなところで

                                2016/12/23 とらひこ


コメント

hime-ya
No.1 (2016/12/23 20:07)
これはまた興味深いものが出てきましたね~☆
とらひこ (著者)
No.3 (2016/12/24 23:07)
御疲れ様です、コメありがとうございます。
エンキドゥの死と埋葬場面の詳しいものが出てきてほしいッス。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事