○○系男子って言っちゃう系男子

シャドウバーズ、値引き冥府エルフレシピ

2016/07/10 01:01 投稿

  • タグ:
  • 雑記
  • シャドウバース
  • 冥府エルフ
  • Shadowverse
最近シャドウバースやりだして自分なりのデッキで戦ってるんだけれども、試しに今流行ってる「冥府エルフ」でも作ってみようかなと思ったらかなり高い(´・ω・`)
約2万個ものレッドエーテルを必要とします。
何が一番値を張るかは基本的にレジェンドカード。
冥府エルフはなんだかんだで3枚のレジェンド(エンシェントエルフ)が必要。
となると・・・

レッドエーテル3500個×3枚=10500個

まぁ普通に厳しい量よね・・・゚(゚´Д`゚)゚
いくらリセマラしたとしても流石に3枚分のレッドエーテルを用意するのは厳しいのかなって思うな...

ってことで少し考えてどうにか代用の効くものがないかをちょっと考えてみたところ、似たような効果のあるカードがあることに気づきました。


「天翼を食う者」 コスト6 ATK6 HP6
ファンファーレ:手札を全て捨て、捨てたカード1枚につき+1/+1する。


お気づきの方は効果を見てすぐに分かるのかもですが、
着目点をフィールドから手札に変えて考えました。
これには勿論メリットとデメリットがありますのでそれは後々。。。



ごめんなさい前置きが長くなってしまいました。
それではデッキレシピの公開です!










2枚目は、一番右の2枚のカードのみ見ていただく感じになります。

必要レッドエーテル数は12950個(たぶん)
内容は レジェンド0 ゴールド13 シルバー8 ブロンズ19
デッキ内容の確認は、申し訳ありませんが画像を見て頂くようお願いいたします。



ではまず先にメリットとデメリットを・・・

★メリット★
・手札の豊富さを生かした構成で強アタッカーの生成が可能。
・強アタッカーの生成が可能になるため冥府以外でのダメージソースが増加。
・天翼を食う者により墓地生成の加速化


純粋に冥府でのダメージソース主体から、飛び道具込みの強アタッカーを配置でより場を支配する考えをした構成になっております。
手札が7枚あれば場に出したと同時に+7/+7するわけですから、多少強引に相手フォロワーを倒しても必殺持ちでなければ場に残って圧倒できるわけですね。

★デメリット★
・圧倒的守護不足
・冥府発動も条件での構成のため、冥府発動が遅れると厳しい
↑足の早いデッキの対応は非常に難しいかと。。。
・そもそもめっちゃ使いづらい(初心者向けではない)

考えながら戦わなければならない以上非常に繊細な戦い方を必要とします。
仮に1手やり忘れがあったとしたら、その1手に泣くかもしれません。
また、守護がいないために足の速い相手には非常に不利になります。
フォロワーはあくまで相手のフォロワー除去の為に使うことになると思います。


・・・まぁそれでも一般的に流行ってる冥府エルフと同じでデッキの構成を多少弄れば対応できるものが変わると思いますので、あくまで僕のデッキレシピは参考程度に取っていただいた方がいいのかなって思います。
一応自分で使う限り結構な勝率ですね。ドラゴンやウィッチ、ビショップが相手であればそこまで苦にして戦うことにならないと感じました。
足の速いデッキを使うロイヤルや、ネクロマンサー、エルフはより集中して戦わなければならないと思います。




◎立ち回り
・序盤は自分へのダメージを最小限に抑えつつ手札枚数を多めに維持。
・進化の使いどころはやって覚えるしかないです。
・勿論「新たなる運命」は手札が多い時に使うほうがいい。
・「光の道筋」は「新たなる運命」と「天翼を食う者」で捨てられた時に生きます。
・状況に応じて先に冥府を貼っておくのもアリ。逆にある程度墓地が肥えてから発動でもよし。
・3枚ある冥府を全部場に出す必要はない。1枚張ればおk。2枚、3枚あれば勿論強力だが、欲張るのは禁物。
・根源への回帰は敵フォロワー回避のために使う。デッキに2枚あってもいいかも。
・白銀の矢は手札が豊富だからこそできる芸当。無理に打つ必要はない。
・効率を考えて墓地にカードを送る。30枚いけばこっちのもんだ!頑張れ!

さくせん:いのちだいじに



個人的に変えどころは「白銀の矢」が筆頭。
これを「根源への回帰」に変えたほうが防衛力は増すと思いますね。
なんかいい案があれば教えていただけると嬉しいです!


さて、いろんなデッキがありますけれども自分が考えたデッキで勝てれば勿論嬉しい!
こうやってデッキレシピを見て作って勝っても爽快感はある。
楽しみ方は人それぞれですからね!是非ともみなさんも楽しくプレイしてくれればと思います。

最後までご覧になった方、誠にありがとうございました!!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事