ひめかわのブロマガ

【遊戯王OCG】サイファーについて 8月19日更新

2016/07/21 21:02 投稿

  • タグ:
  • 遊戯王
  • 遊戯王OCG
どうもこんにちは、現在でもまだまだFGOフレンド募集中のひめかわです。



もしよければコメントお願いします…

さて今回はアニメ「遊戯王ARC-V」でカイトが使うサイファーについて書いていこうと思います。

今回は試しに組んでみたデッキレシピをまず出し、その後解説を書いていこうと思います。

ではデッキレシピ。



こんな感じです。

ではこのデッキの主要カードから解説していこうと思いますが、今回は折角なので解説役を用意しました。それがこの方。

※以下キャラ崩壊注意



はい自己紹介ありがとうございます。今回はみんなだいすきサイヤ人の王子とこの私の2人で解説していきたいと思います。あ、ちなみに私の発言は



セイバーさんが代弁してくれます。

ではまず主要カードの解説から


光波鏡騎士(サイファー・ミラーナイト)

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 0/守 0
「光波鏡騎士」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「サイファー」モンスター1体が戦闘で破壊され自分の墓地へ送られた時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送り、
その破壊されたモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「サイファー」カード1枚を手札に加える。

 

ベ「サーチ効果を持っているのか。これは重要だな。」



セ「はい。しかしサーチ効果を使うにはこのカードを墓地へ送る必要があります。」



ベ「そこでこいつらを使うんだな?」





セ「はい。それらのカードを使いデッキから直接墓地へ送るなり、フィールドの鏡騎士を激流葬やら相手からの攻撃で墓地へ送らせます。そしてその鏡騎士の効果でサーチするのがこちらですね。」


光波翼機(サイファー・ウィング)

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1400/守1200
(1):自分フィールドに「サイファー」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
自分フィールドの全ての「サイファー」モンスターのレベルをターン終了時まで4つ上げる。


光波双顎機

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1600/守 800
「光波双顎機」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「サイファー」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「サイファー」モンスターしか特殊召喚できない。



ベ「少ないな…」



セ「アニメで中々新規が出ませんからね…RRのように優秀な新規がたくさん出ることを祈りましょう…」



ベ「そうだな…この2体は比較的簡単に特殊召喚できるのか!」



セ「そうですね。双顎機は若干相手依存ですが、翼機の方はかなり楽に特殊召喚できますし、それにもう1つの効果も優秀です。」



ベ「レベル4つを上げる効果か…これでそのままのレベル4でエクシーズすればランク4、翼機の効果を使ってからならランク8と、使い分けられるわけだな!」



セ「その通りです。ここで出すのは翼機双顎機をサーチできるギアギガントXや、





セ「強力な制圧力を持つフェルグランドタイタニック、」





セ「そしてアニメでも使われていた銀河眼の光波竜など、選択肢は様々です。」





ベ「そしてこの光波竜は相手のモンスターのコントロールをターン終了時まで得られる…そしてもしそれがエクシーズモンスターならFAフォトンダークマター光波刃竜に重ねることができ、そうした場合は相手にコントロールを戻さずに済む、というコンボまであるというのか…中々やるじゃないか。」



セ「相手モンスターを奪ってそのまま操る…まるで第5次聖杯戦争の時のキャスターのような卑劣なことができるのですね。」



ベ「ふん…そいつのことはよくわからんが、まぁそういうことだ。それにしてもこのデッキはランク4と8、2つのランクを状況によって使い分けることができるのか。」



セ「その通りです。現在その、ランク4と8を状況によって使い分けられるというのがこのデッキの最大の強みだと思います。そしてここまでの解説をまとめたのがこちらになります。」






ベ「よくできてるじゃないか…だが次はカカロットでもわかるようにもっとわかりやすくするんだな…」



セ「(カカロットって誰だ…?)は、はい!頑張ります!」



ベ「ところでなぜこのデッキではリビングデッドの呼び声ではなく竜魂の源泉を採用しているんだ?どちらでもいいだろう?」



セ「それはですね、鏡騎士のステータスの低さが理由です。相手の攻撃からLPを守るために蘇生カードを発動した時に、ついでにサーチ効果まで持ち合わせてる鏡騎士を蘇生させようとするじゃないですか。その場合攻撃表示で出してしまうとLPを守ることができなくなってしまいます。」



ベ「ほう…それで守備表示で鏡騎士を出せる竜魂の源泉になっているわけか。」



セ「そういうことです。」



ベ「しかしそれではシャインエンジェルの効果でリクルートした時攻撃表示で呼び出されてステータスの低さが出てしまうのではないのか?」



セ「シャインエンジェルはそう使うのではなく、シャインエンジェルで曙光の騎士をリクルートし、その効果で鏡騎士を墓地へ送れば鏡騎士を攻撃表示でフィールドに出すということがなくなります。」



ベ「そうすればいいのか。そういや今月発売のVジャンプに応募者全員サービスがあるらしいな?」





セ「そうです。しかもその応募者全員サービスのカードの中の1枚に…!」


銀河眼の光波刃竜(ギャラクシーアイズ・サイファー・ブレード・ドラゴン)

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/光属性/ドラゴン族/攻3200/守2800
レベル9モンスター×3
このカードは自分フィールドのランク8の「ギャラクシーアイズ」Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
このカードはX召喚の素材にできない。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):X召喚したこのカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「銀河眼の光波竜」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。



セ「このデッキととても相性のいいカードが入っているのです!…先程のデッキレシピにもすでに入っていますが」



ベ「…」



ベ「これは買うしかないな…!」



セ「そうです。このカードとFAフォトン、ダークマターの枚数はお好みで変えてみていいと思います。」



ベ「そういえばなぜこいつ(筆者)はこのデッキを組もうと思ったんだ?」



セ「それはですね……カイトのデッキを作ろうとして、最初は【ギャラクシー】を組もうと思ったらしいのですが…光子竜が高くなってしまい断念したところに、サイファーを見つけたとか何とか…w」



ベ「ふん…俺の住んでるカプセルコーポレーションの財力があれば全て最高レアリティで【ギャラクシー】など組めるのだがな…そして俺は気づいた…!このデッキととても相性のいいカードを!」



セ「相性のいいカード…?なんですか?それは?」



ベ「それは…これだ!」


銀河戦士(ギャラクシー・ソルジャー)

効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2000/守 0
「銀河戦士」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の手札の光属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「ギャラクシー」モンスター1体を手札に加える。



セ「確かにこのカードの(1)のコストで鏡騎士を使えば損失がなくなりますね。」



ベ「それだけじゃない…このカードを使うことにより純粋なサイファーデッキでは出せないセイクリッド・プレアデスサイバー・ドラゴン・インフィニティを出すことができるようになり、更に強力になる!」



セ「再録されて安くなっていますしいいかもしれませんね。これなら貧乏人の筆者もこのカード入りのサイファーを組むことができ…」



ベ「まだだ…まだ甘い!このカードと共に様々なギャラクシーのカードを入れ、【ギャラクシーサイファー】にするのだ!そうすればZEXALとARC-V、2つの作品のカイトの気分を同時に味わうことができるッ!そして試しに組んでみたのがこれだ」





セ「銀河眼の光子竜やプレアデス…筆者の財布の心配はしなくてよいのですか?」



ベ「ふん。俺の知ったことではない。」



セ「そ、そうですか…他にもこのデッキには鏡騎士や曙光の騎士と同じく増援からサーチできるライトロード・アサシン ライデン





セ「鏡騎士を墓地へ送りつつ二重召喚と同じ効果を持つジェムナイト・セラフィを出せるブリリアント・フュージョン+ジェムナイト・ガネット+ジェムナイト・セラフィの出張セットなども入れてみてもいいかもしれません。」





ベ「アサシンライデンを入れるとシンクロ召喚もできるようになるな!」



セ「はい。その通りなのですが…今まで紹介した銀河戦士、アサシンライデン、ブリリアントフュージョンを入れると、ただでさえキツいエクストラデッキの枠をさらに圧迫してしまうのでそこは注意しましょう。…そういや鏡騎士って「サイファー」カードをサーチできるんですよね。」






ベ「そうだな…だが現在では強いサイファーの魔法、罠がないからあまり気にすることは…はっ!そうか!あれか!」



セ「そうです!最近アニメに出てきたこの魔法カードがあります!」







セ「このカードは名前に『サイファー』の文字が入ってるRUM…よって鏡騎士によってRUMすらサーチができるのです!」



べ「ということはあの…超銀河眼の光波竜も比較的出しやすいということか!」





セ「その通りです。なので無理にギャラクシー要素を入れずに、サイファーの強化を待つのも一つの手ですね。それでは今回は以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました!…それとこの記事は筆者がデッキレシピを改良するごとにちょくちょく変わると思うので暇になったら見にきていただけたら嬉しいです。」

カードのテキストは遊戯王カードwikiより引用させていただきました

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事