放送には関係ない雑記綴り

DS・3DSゲーム実況動画を作る Part1

2014/05/20 10:06 投稿

  • タグ:
  • 3DS
  • DS
  • 実況動画
*最初に。今から記載していく方法意外にも様々なやり方、趣向が存在し、それは個人それぞれです。この方法が絶対という事ではないので、それを踏まえて一読下さい。




3DS実況動画を作る際に3DSの画面を録画する手段として
『カメラで直撮り』か『偽トロキャプチャー使用』の二択になると思いますが
偽トロキャプチャーを使用しての録画までの流れを少し説明させてもらいます。

必要なもの

・パソコン(現状出回ってるスペックだと安定して録画できます。)
・3DS 偽トロキャプチャー施工済み機
・ノイズキャンセラー B-25N(ただしBGMを編集で別のものにすげ替えるのであれば不要
・オーディオケーブル(ステレオピン⇔RCA端子(赤と白))
・キャプチャーボード Creative Sound Blaster Easy Record SB-EZREC



繋ぐとこうなります。

あとは写真のキャプチャーボードの→のステレオピンをPCのマイク端子を挿す部分にさして
イヤホンもさし、3DSとPCをUSBケーブルで繋ぎビューワーを開けば・・・。
ノイズの乗らない音質で綺麗な画面でPCに映し出せます。




こんな感じで画面が出ます。
綺麗ですな。
カメラで直撮りしている人の動画がダメだとは全く思っていませんが
私自身はやっぱり綺麗な画面のほうが編集もしやすいので好きです。
この画面がパソコンのデスクトップ画面に表示されるので
デスクトップキャプチャーソフトにて録画をします。
代表的なのは『アマレココ』
私は『Action!』を使用しています。採用理由はまた後日。

このまま動画にすると・・・。



こうなります。私の声が入ってますがその工程はまた後日。
これでも十分ですが。。。




この黒い部分。私は少し気になりました。
この部分勿体無いなぁ・・・メイン画面を全面に出しつつ
下画面も表示させたいなぁ・・・。




これでもいいけどwindowsの枠が気になるなぁ・・・。

最終的に・・・。





こうなりました。これはビデオ編集で出来ます。
自然に、かつ画面いっぱいを使って動画が出来ました(・・・と思う。。。
この編集方法はまた後日。
使用している編集ソフトは、かの有名なAviUtlです。
大変お世話になっております。

それではまたPart2にてお会いしましょう。
ばいばーい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事