オタ風に吹かれて

例大祭特別生放送で宣伝した話

2020/05/19 11:02 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • エア例大祭
どーも、ひーだです。
5月17日は本来であれば静岡で博麗神社例大祭(以下、例大祭)が開催されるはずでしたが、昨今の事情位により中止。エア例大祭としてネット上でイベント開催となりました。

例大祭の主催である博麗神社社務所(以下、社務所)は生放送でイベントを盛り上げてました。
ようつべの放送アーカイブはこちら→https://youtu.be/SBehgWrWfO4
その際、サークル主が新刊を宣伝するコーナーがあり、ぼくはこれにリモート出演しました。
放送の視聴者にわかるように話すと、前半に12番目に登場した手作りマスクをして小説の宣伝したメガネです。
この記事はそこに至る経緯と出演時の裏話を書こうと思います。

例大祭申し込み
実は今回の例大祭が初めてのサークル参加でした。
例大祭、コミケと創作欲を刺激され、前年秋の申し込み開始初日に申し込んだ記憶があります。
頒布する予定の小説は2019年7月から執筆中で長い時間をかけて新刊を出そうと決めてました。

だいぶスケジュールに余裕をもたせていたので3月頭には入稿を済ませておりました。

COVID-19現る
しかしながら、「ヤツ」は世界中に拡散され、例大祭も開催の危機になってしまいました。
最初、社務所は3月22日に5月17日に延期を発表

その頃は今(5月19日現在)のように感染者も少なく、少々楽観的で「開催される限り行く」というスタンスでした。しかし、政府による非常事態宣言が発令されて状況は一変、大規模イベントの強い開催自粛要請がなされ、例大祭も中止が決定しました。
中止決定を知った日はかなり落ち込み、泣く泣く刷った本をBOOTHに並べる作業をしておりました。

藁にもすがる思い
新刊はネットの知り合いに注文されたものの、ぼくの少ないフォロワー数では拡散することもできず、未だに在庫を抱えています。
もちろん、初サークル参加ならそのくらいだろうとも想定はしてたんですが、即売会に出せずに終わったことで自分の納得がつかなかったです。
しかし、現状は受け入れるしかないのでTwitterMastodon、さらにはDiscodなど自分が持っている限りのコネを使って宣伝してました。あんまり人の場所で自分の宣伝するという行為はちょっと恥ずかしいんですけど、そんなこと言ってられませんでした。

また、東方プロジェクトのポータルサイト、東方我楽多叢誌が例大祭に参加するはずだったサークルを応援する形でサークル新刊情報を自薦で募っていたのでこちらにも掲載の申し込みをしていました。
掲載ページはこちら→https://touhougarakuta.com/news/aircomike_airreitaisai

生放送出演決定まで
我楽多叢誌と同様に、社務所の方でも例大祭新刊を作家自ら宣伝するコーナーを設けるので募集するとのお知らせがあり、我楽多叢誌の勢いそのままに申し込み。
募集要項には「応募者多数の場合、抽選をいたします」とあったので、どうせ抽選だろうと思いこんでいました。

生放送前日、社務所よりメールが。
タイトルは「エア例大祭 特別生放送 出演していただく皆様へ」
ぼくはこれを見て喜んでいたのですが、添付されていた出演者のリストを見て一気に緊張が走ります。
放送を見ていた方ならわかるのですが、有名なサークル・企業さんばっかりなんですよ。
こんなリストに細々と自分のペンネーム書かれてるのは恥ずかしい思いでした。

生放送当日
生放送の開始が12時で、出演するコーナーの開始が12時半の予定でした。
しかし、進行がかなり遅れてしまいMCの方々もかなり焦っている様子で、それを見てたぼくもまた緊張。喉が渇くし、トイレは近くなるし、マスクをした口は蒸れてくるし、部活の大会以来の緊張感でした。
話すネタも多めに考えてきたのですが、自分の顔が放送画面に写ってるのが恥ずかしくなるし、時間も押してるみたいだからとかなり早めに切り上げてしまいました。
自作のTシャツも着てたのにそれを宣伝できなかったのはちょっと心残りです。

放送の反響
そんなに長くない出演時間でしたが、ニコ生・ようつべのコメントを後から見させてもらいました。多くの方々に好意的なコメントを頂いており、大変喜ばしい限りです。
また、放送外でも「顔出しながら宣伝できたのすごい」と褒められたので嬉しかったですね。
また、放送後に頒布物を注文していただいた方もおり、悪いことばかりでもないなと感じられたいい経験でした。
コメントくださった方、本当にありがとうございます。
今後も同人活動続けられそうです。

宣伝
最後に宣伝だけさせてください。
ひーだの頒布物はBOOTHで購入できます。
こちら→https://hiida.booth.pm/
放送で紹介した「霧雨記」、エアコミケ新刊「幻想郷の国旗」ヤゴコログッズ(受注生産なので納期遅め)もあります。詳しくはBOOTHにアクセス!

それでは、またね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事