ひげおのスクラップなニコ生LIFE

02【サーチャー軸スクラップ】

2013/03/31 15:13 投稿

  • タグ:
  • 遊戯王
  • スクラップ
ということで、またデッキ構築に悩むときはこのようにブロマガでメモがてら、執筆しとりますw

ひげおです。

今日は、【サーチャー軸スクラップ】について説明します。

------------------------------------------------------------------------------------------------
このデッキ何を軸とするか、何をしようとするデッキなのかをまず、説明しましよう。

相手の場を一掃し、一気になぐるということです。

まずはスクラップの復習から、
基本は、スクラップ・キマイラ、スクラップ・ビーストです。これらはよほどの理由がない限りセットでデッキに投入することとなります。

やはり、自分の有利な場面にもっていくには一番安定しているといえるからです。

例えば、スクラップ・ビーストが破壊されても、次のターンまでにスクラップ・キマイラを加えていれば、反撃の一手となりえるからです。相手の場を一掃できる準備を整えるまではこの手札や罠でしのいでいくこととなりそうです。

サーチャー軸スクラップでは、以下のスクラップが必須です。


スクラップ・サーチャーは墓地に存在し、自分のフィールドのスクラップと名のついたモンスターが破壊され墓地へ送られた時、墓地からこのカードを特殊召喚する効果と墓地からの特殊召喚に成功した時、自分フィールド上の表側表示で存在するスクラップと名のついたモンスター以外のモンスターを全て破壊するという効果を持っています。



スクラップ・ゴーレムは1ターンに一度、自分の墓地のレベル4以下のスクラップと名のついたモンスターを1体選択し、自分または相手のフィールド上に特殊召喚することができる効果を持っています。


この2枚で相手の場を一掃できます。
手順
(前提)墓地にスクラップ・サーチャー、自分フィールド上にスクラップ・ゴーレムが存在すること
1.スクラップ・ゴーレムの効果で自分の墓地のスクラップ・サーチャーを選択
2.効果解決時、相手のフィールド上に特殊召喚する。
3.スクラップ・サーチャーが墓地から特殊召喚に成功すると、サーチャーのコントロールは相手にうつるため、テキストの自分は相手のことを示します。つまり、相手の表側表示のスクラップ以外のモンスターを全て破壊します。

どうでしょうか。わりと手順は楽かとおもいます。裏側のモンスターは破壊できないので、サーチャーの効果に月の書をチェーンされると破壊を回避されます。

このように何かしらの形でスクラップ・サーチャーを墓地から相手のフィールド上に特殊召喚すると、このようにすっきりします。また、相手のフィールド上に特殊召喚するとき、表示形式は自分が決めることができるため、攻撃表示が基本的になるかと思います。

そうすると、ほぼダイレクトアタックを決めたも同然!!!自分がモンスターを展開していれば、ワンキルも・・・

といいたところですが、実際、この場ができあがるときには、割とそんなことをしなくても勝利目前の場合が多いかもしれません(実際回してみるとほとんどそうでした・・・orz)

あと、スクラップ・サーチャーのテキストに注目してもらいたいです。
スクラップ・モンスターが破壊された、このカードを特殊召喚できると記述されています。

つまり、なんらかのチェーンが乗っており、スクラップモンスターがチェーン2で破壊されて、チェーン処理の一連が解決したときには、いわゆる「タイミングを逃す」こととなります。

例えば、自分フィールド上にスクラップモンスターが奈落の落とし穴や、召喚反応系の罠に対して、スクラップ・スコールを発動します。

C1:奈落の落とし穴、激流葬
C2:スクラップ・スコール(対象:スクラップ・ビースト)
とチェーン(Chain:Cと略記)を組んだとします。

チェーンは組んだ順番とは逆の順番に処理を行うので、

1.スクラップ・スコールの効果を処理・解決
2.奈落の落とし穴などの効果処理・解決

となります。スコールの処理が解決した次には、奈落の落とし穴の処理を挟んでしまうため、サーチャーの効果を発動することができません。

ただ、ビーストの墓地から、スクラップ。モンスターを回収する効果はタイミングを逃さないため、奈落の落とし穴の効果解決した後、効果を発動する形となります。

また、テキストには記載されていませんが、暗黙の了解でスクラップ・モンスターが戦闘で破壊されても、効果は発動できません。

理由としては、ダメージステップ時に発動できるカードが「攻守の数値を変動させる効果を持つカードあるいはその効果を無効にできる効果を持つカード、その他限定的に発動条件を満たしたカード」となっています。

つまり、特別に記載されていない限り、ダメージステップで破壊されるため、効果を発動できません。他のカードも同様です。

ここがサーチャーの惜しいところです。しかし、コンボが決まるとより強力であるのは間違いありません(今の環境に通用するかどうかはまた別です)。




その他このコンボを成立させるのに相性の良いまたその他有用性のあるカードを紹介しましょう。



キブ&テイクは自分の墓地のモンスターを相手フィールド上に守備表示で特殊召喚し、そのモンスターのレベルの数だけ自分フィールドモンスター1体のレベルを上げる効果を持っています。

サーチャーを送りつける罠カードです。サポートとしては十分だと思います。そもそもスクラップ・ゴーレムを安定して召喚できるのは今のところ、リリースを確保できるようにすることが必要、またはレドックスによる特殊召喚効果に頼るしかないので、悪くはないと思います。罠1枚でアドバンテージが取れる可能性を秘めています。罠カードなので、ドローしても1ターンは待たなければいけませんが、スクラップ・ゴーレムと異なり、相手のターンで発動できるため、意表を突くことができるというメリットもあります。しかし、あくまで相手にモンスターを渡しているため、フィールド上のアドバンテージに関しては注意しなければなりません。

つまり、サーチャー軸ではほぼ必須です。
しかし、このカードの収録がDP遊星編ですので、絶版かと思います。シングルで探した方が良いかと思います。

このカードでIFのモンスター全部ぶっぱしたいですね・・・じゃあ、バリアで





ゴッドバードアタックは自分フィールド上の鳥獣族モンスター1体リリースし、フィールド上のカードを2枚破壊する効果を持っています。

サーチャーは見た目に反して(見た目通りともいう)鳥獣族なのでコストに使用できます。

また、破壊するカードは自分のカードでも構いませんので、
一応、自分のフィールドのスクラップモンスターと相手のカードを破壊すると、リリースしたサーチャーが戻ってきます(先ほどのタイミングを逃すに注意)。ただ、こうすると、2枚消費で1枚破壊なので、基本的は相手のカードを破壊する方向で採用するカードだと思ってます。そうすると、2枚消費で2枚破壊となるので、アドバンテージの面でこちらが優先となるかと思います。

プレイングとしては、キマイラ、ビーストで有利な状況に持っていきつつ、ゴーレムを召喚するながれを作っていくことがわりと重要になっていくと思います。また、スクラップ・サーチャーを墓地へ送る必要があるので、その準備も大変です。

例えば、スクラップ・シャークでサーチャーを墓地へ送ったり、ゴブリンを壁にして、次のターンゴーレムをアドバンス召喚なんかは基本的になります。

また、



ワン・フォー・ワンは手札からモンスターを墓地へ送って発動。手札・デッキからレベル1モンスターを自分フィールド上に特殊召喚する効果を持つカードです。この効果でスクラップ・チューナーを墓地へ送りつつ、サーチャーをフィールドに呼べますが、制限カードですので、あてにしすぎてはいけません。

このようにサポートは意外と存在します。

あとは、相手のモンスターを表側にしないといけませんので、光の護封剣なんかも採用できるかもしれませんね。これで、確実に相手モンスターを一掃!!!!!


ということでいかがだったでしょうか?
決まればかなりきもてぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいなコンボですが、相手が最近破壊耐性だったり効果耐性を持っているため、決めるには難しい上、ソリティアされるとサーチャーを送りつけられないほどモンスターを大量展開された時はわりと絶望です。シンクロ・エクシーズした時が勝負です!!!!!!

ということで、次回は歯車街を採用したスクラップについて説明しようかと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事