ひげおのスクラップなニコ生LIFE

01【純スクラップ】

2013/03/29 17:42 投稿

  • タグ:
  • 遊戯王
  • スクラップ

どうも、ひげおです

いつも季節の変わり目で風邪は辛いですね

ということで、いままで、レドックス入れてた型の【スクラップ】を紹介してきましたが、【スクラップ】に相性の良いスタンダードなものから、可能性のあるカードまで考察できればよいかと考えています。

自分自身も考えながら、丁寧に書いているつもりですが、これ書きながらデッキ構築してますので、文章に矛盾が生じるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。

もくじとしては、
01【純スクラップ】
02【サーチャー軸スクラップ】
03【歯車街スクラップ】
04【獣・獣戦士スクラップ】
05【炎王・炎星スクラップ】
06【機皇スクラップ】
07【メタビ軸スクラップ】
08 その他モンスター
09 その他魔法
10その他罠

内容量や必要に応じて複数回に分けて記事を作成・および追記したいと思います。
Wikiに書いてある内容より詳細に記述できれば、良いかと考えていますので、よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01【純スクラップ】

始めに、スクラップと名のついたカードについてすべて説明しましょう。
 
 スクラップについて簡単に説明しますと、DREVでカテゴリ化したモンスターで、破壊をトリガーに効果が発動し、アドバンテージを取りつつビートダウンしていくデッキです。

まず、スクラップと名のついたチューナーについて説明しましょう。



スクラップ・ビーストは【スクラップ】の主力となるモンスターの1枚です。
レベル4チューナーで、表側守備表示の状態で攻撃対象に選択された場合、バトルフェイズ終了時自身を破壊します。また、スクラップと名のついたカードの効果によって破壊され、墓地へ送られた場合、自分の墓地から、スクラップ・ビースト以外のスクラップと名のついたモンスターを手札に加えることができます。

前半の効果に関しては、のちに記載するスクラップ・ゴブリンも同様となっていますが、戦闘によって破壊される方が多いので、前半の効果は忘れがちですが、強制効果なので覚えておいた方が良いです。この前半の効果が発動するのは、
・攻撃したモンスターの攻撃力が1300未満でダメージ計算を行った場合
・攻撃宣言時に魔法・罠の発動などにより、攻撃が無効となった場合
に発動します。
つまり、戦闘の手順を一通り終えた時点でフィールドに残っている場合は効果が発動する準備が整っていることとなります。

後半の(自分の墓地から、スクラップ・○○○以外のスクラップと名のついたモンスターを手札に加える)効果に関しては、スクラップ・チューナー(マインドリーダー以外)共通の効果ですので、一旦おいておきます。




スクラップ・ゴブリンは表側守備表示で攻撃対象に選択された場合、バトルフェイズ終了時に自身を破壊する効果、戦闘によって破壊されない効果を持っています。つまり、表側守備の状態で攻撃対象に選択されても、フィールドに残り続けます。つまり、自身を破壊する効果が発動します。スクラップ・ビーストより条件を満たしやすいモンスターです。こいつも出されるとやっかいなのです(ガイアドラグーンこわいよぉ、ふぇ~)。





スクラップ・オルトロスは、通常召喚できないですが、自分フィールド上にスクラップと名のついたモンスターが存在する場合手札から特殊召喚できます。この方法で召喚に成功した時、自分フィールド上のスクラップと名のついたモンスターを1体選択して破壊します。
通常召喚できないですが、自身を選択して破壊することもできるので、いざというとき便利です。

ほんとにいざというときです。スクラップを大量展開できるようになれば、このカードの使い道も多いはずです。





スクラップ・ワームは相手に直接攻撃できる効果を持っているモンスターです。また、攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に破壊されます。直接攻撃できるとはいえ、攻撃力500でレベル2です。【スクラップ】では使いづらい部類に入ります。この理由に関しては、後程説明します。






スクラップ・ソルジャーも表側守備表示の状態で攻撃対象に選択された場合、バトルフェイズ終了時に自身を破壊する効果があります。こいつも使いづらいです。まず、レベル5です。後述しますが、スクラップ・ゴーレムの効果で特殊召喚できないので、エクシーズを視野に入れても採用は難しそうです。



スクラップ・マインドリーダーは墓地に存在する場合にメインフェイズ2で、マインドリーダー以外の自分フィールド上の表側表示のスクラップ1体を選択して破壊し、墓地のこのカードを特殊召喚します。はっきり言いましょう、
なんで、メイン2限定!?
あと、この方法で特殊召喚したこのカードがフィールド上から離れた場合除外されます。

そして、マインドリーダーを使いづらくしているのはこの効果が原因です。

「このカードをシンクロ素材とする場合、他のシンクロ素材モンスターはすべてスクラップと名のついたモンスターでなければならない」

ソルジャーに至っては、

「このカードをシンクロ素材とする場合、スクラップと名のついたモンスターのシンクロ召喚にしか使用できない」

こんなチューナー使えるかよwwwwwwwwwwwww

と思うかもしれませんが、シンクロに関してのみ指定です(エクシーズはこのころ存在していないため)。

ただし、残念ながらスクラップモンスターにはエクシーズが存在しません。六武衆のように新しいモンスターが来ることを祈りましょう。

ただ、祈ってるだけではだめなので、非チューナーのスクラップも採用しなければなりません。無論、シンクロ召喚はチューナーだけでは成立しませんので・・・

ここで、スクラップのシンクロを簡単にしてくれるモンスターがいます。

それが・・・



スクラップ・キマイラです。召喚に成功した時、墓地のスクラップと名のついたチューナーを1体選択して特殊召喚できます。つまり、墓地にスクラップ・チューナーがいるとシンクロ召喚できます。

しかし、ここでまたもや大きな壁・・・orz

スクラップ・キマイラで墓地から特殊召喚できるモンスターは上記の6枚です。あと、後述しますが、スクラップのシンクロモンスターと照らし合わせて、見ていきましょう。

キマイラ+ビーストorオルトロス=スクラップ・ドラゴン
キマイラ+ゴブリン=スクラップ・デスデーモン
キマイラ+ソルジャー=スクラップ・ツイン・ドラゴン
キマイラ+ワーム=
キマイラ+マインドリーダー=

このように、キマイラでチューナーを特殊召喚しても、必ず、シンクロできるとは限りません。手軽に行うにはやはり上記4種のチューナー採用されやすいです。

キマイラは、「このカードをシンクロ素材とする場合、他のシンクロ素材モンスターはすべてスクラップと名のついたモンスターでなければならない」「このカードをシンクロ素材とする場合、スクラップと名のついたモンスターのシンクロ召喚にしか使用できない」

というどちらの制約もついていますので、より注意が必要です。(ADSでもバグがあるんでww)

このテキストに関してはこんな裁定(Wikiより抜粋)も↓

Q:シンクロ召喚を限定するテキストは、《スキルドレイン》等で無効にできますか?
A:モンスター効果と扱われないので、無効になりません。(10/04/17)

ということです。スクラップを使う際には必ず覚えていないといけません。気をつけましょう。

じゃあ、使えないチューナーいらないじゃないかwwww
でもね、こいつが存在するんです。



スクラップ・ゴーレムは1ターンに一度自分の墓地のレベル4以下のスクラップと名のついた
付いたモンスター1体を選択し、自分または相手のフィールドに特殊召喚する効果を持っています。

相手に送りつける意味あんのかよwwwwwwwアド損だようぇえええwwww

と思うでしょう。しかし、こいつで楽しいお遊びができます。

先ほど紹介したスクラップ・ゴブリンに焦点を当てましょう。仮にゴーレムがフィールド上に存在していて、自分の墓地にゴブリンがいると仮定しましょう。

そして、相手モンスターでどうしても突破できないモンスターがいたとしましょう。
そこで、
1.ゴーレム効果でゴブリンを選択
じゃあ、ヴェーラーで
2.効果解決時に相手フィールド上に攻撃表示で特殊召喚
3.ゴーレムで相手のゴブリンを攻撃

2番は結構重要です。チェーン組む時はまだ、どちらに召喚するか指定しなくてもいいのです。結構揺さぶることができます。

また、後述ですが、仮定した状況にさらに、スクラップ・ドラゴンが存在しているとき、ドラゴンの効果で自分のチューナーと送りつけたチューナーを破壊することで、墓地のスクラップを2枚回収することもできます。

あと、もくじの02【サーチャー軸スクラップ】で具体的な動きは後述しますが、こいつがいるとなお楽しくなります^^



スクラップ・サーチャーはこのカードが墓地に存在するとき、自分フィールド上のスクラップが破壊され墓地へ送られたとき、このカードを墓地から特殊召喚できる効果と、墓地から特殊召喚に成功した時、自分フィールド上に存在するスクラップと名のついたモンスター以外を全て破壊する効果をもっています。

つまり、ゴーレムの効果でこのカードを攻撃表示で相手のフィールドに特殊召喚できれば、ミラーでない限り、ほぼ壊滅状態です。
「スクラップ・ゴッド・バード・レーザアァァァァァァァァァ」
とか言って闇ゲできそうですね()

ということで、キマイラとゴーレムがシンクロの際に要となるかと思います。

その他、スクラップの非チューナーはネタ勢と呼ばれています。




スクラップ・シャークは効果モンスターの効果・魔法・罠の効果が発動した場合フィールド上のこのカードを破壊します。またスクラップと名のついたカードの効果によって破壊すると、自分のデッキからスクラップと名のついたモンスターを墓地へ送ることができます。いつの間にかフィールドからいなくなるために通称:敏感鮫くんと呼ばれています。

ただし、攻撃力は2100でレベル4・・・ライオウ、フォトスラと渡り合えます召喚権が消費されるもののバカにはできません・・・




スクラップ・コングはひげおの嫁です。かわいいでしょ

スクラップ・コングはオルトロスの相互互換です。通常召喚できますが、召喚に成功するとこのカードが破壊されます・・・orz
また、スクラップと名のついたカードの効果によって破壊され、墓地へ送られた場合、墓地から、スクラップと名のついたモンスターを1体手札に加えることができる効果を持っています。

スクラップは自壊がテーマなんでしょ?と言われるのは嫁のせい(おかげ)です。
実際効果は悪くありません。しかし、召喚権を消費するとなると敬遠せざるを得ないウホ!




スクラップ・ハンターは、このカード以外の表側表示のスクラップと名のついたモンスターを選択して破壊し、自分のデッキからチューナーを一体墓地へ送ることができる効果を持っています。テキスト通り、スクラップチューナーを送る必要はありませんが、破壊して効果を発動することを考えると、手札に加えたいスクラップ・チューナーを墓地へ送るのが通常の運用かと思います。レベル4なら良かったといまだに思います。レベルに関してはスクラップのシンクロモンスターに触れたときにすべて話しましょう。




スクラップ・ブレイカーはサイバー・ドラゴンのような召喚ルール効果を持っていますが、この効果で特殊召喚に成功すると、自分フィールド上のスクラップと名のついたモンスター1体を破壊しないといけません・・・

打点も敏感鮫くんと同じ・・・レベル6もまた運用が難しいです。







最後にスクラップ・リサイクラーは召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキから機械族モンスターを1体選択して、墓地へ送ることができる効果を持っています。また、1ターンに1度、自分の墓地に存在する機械族・地属性・レベル4モンスターを2体デッキに戻し、1ドローできる効果を持ちます。

実は最初に出たスクラップはこのカードが初めてです。しかし、あとから来たスクラップモンスターで機械族なのは、ブレイカーとマインドリーダーだけなので、少し、効果がかけ離れています。また、1ドローの効果はデッキに戻すカードがかなり限定的なので、機械族デッキへの採用が主になりそうです。墓地へマインドリーダーやブレイカーを送って、蘇生させたりということも考えられますが、墓地へ肥やすだけであれば、シャークやハンターもいるので、このカードはこれと言って現在のところ出番はなさそうです。



ついにシンクロモンスターの紹介です!!!!
長いですなwww これでHEROとか考察すると・・・

ということで、4種のシンクロモンスターの紹介!



スクラップ・ドラゴンは1ターンに1度、自分カード1枚と相手のカード1枚を選択して破壊する効果を持っています。
このモンスターはレベル8シンクロが出せるデッキであれば他のデッキでも採用され、非常に汎用性が高いです。

また、相手によって破壊され墓地へ送られた時、シンクロモンスター以外の自分の墓地に存在するスクラップと名のついたモンスターを1体選択して、自分フィールド上に特殊召喚する効果を持っています。スクラップで構築すると、この後半の効果の恩恵を得られるので、ゴブリンを守備表示で特殊召喚すると・・・あとはわかりますね・・・




スクラップ・ツイン・ドラゴンは自分カードを1枚、相手のカードを2枚選択して、自分のカードを破壊し、相手のカードを手札に戻す効果と相手によって破壊され墓地へ送られた時、シンクロモンスター以外の自分の墓地に存在するスクラップと名のついたモンスターを1体選択して、自分フィールド上に特殊召喚する効果を持っています。
シンクロ・エクシーズにはかなり強い効果を持ってます。ただ、アトミックもそうですが、スクラップ・ドラゴンと違って、こちらのカードが破壊できないとバウンスできません(一応、破壊とバウンスは同時処理です)。

このカードはレドックスが来てから、ゴーレムとのシナジーもあり、出す機会が多くなりました。攻撃力3000もなかなか強いです。出された時は先に相手の選択したカードを破壊すれば、バウンス効果は発生しませんので効果の処理を覚えておけば良いと思います。





アトミック・スクラップ・ドラゴンは自分のフィールドのカード1枚と相手の墓地のカードを3枚選択して、自分のカードを破壊し、相手のカードをデッキへ戻す効果と相手によって破壊され墓地へ送られた時、シンクロモンスター以外の自分の墓地に存在するスクラップと名のついたモンスターを1体選択して、自分フィールド上に特殊召喚する効果を持っています。

はっきり言って、デッキバウンスは起動効果なので使用しにくいです。それだけでなく、チューナー以外のモンスターの素材が2体以上なので、苦労して出したわりには、効果もそこまで見込めないというのも敬遠せざるを得ないです・・・

そうだな・・・ヴェノミナーガの攻撃力を一時的に下げるくらいだな・・・




スクラップ・デスデーモンはレベル7シンクロモンスター
レドックスと並べてランク7エクシーズにつなげられる(流行感)ので、入れてみるのもいいかもしてません。打点も割と高い方なんで。

ということで、モンスターについてはこんな感じです。一見複雑な効果もこのように見ていくと、割と簡単です。

自分の墓地から、スクラップ・○○○以外のスクラップと名のついたモンスターを手札に加える

効果はタイミングを逃さないので、これを覚えておけば、スクラップを運用できると思います。

次にスクラップのモンスターをサポートするスクラップろと名のついた魔法・罠を紹介していきましょう。

まず、魔法から、



スクラップ・エリアはデッキからスクラップのチューナーをデッキから手札に加える魔法。
スクラップのエンジンはチューナーから始まるので複数入れるのが望ましいと思います。
ただ、非チューナーのスクラップをサーチできないのが惜しい。

非チューナーはこのカードとスクラップ・チューナーでサーチできます。↓



このカードも処理がややこしいといわれます。
自分のフィールド上のスクラップモンスターを選択して発動します。デッキからスクラップとなったモンスターを墓地へ送り、デッキからカードを1枚ドローし、選択したモンスターを選択して破壊します。

つまり、フィールド上のスクラップ・ビーストを選択して、スクラップ・キマイラを墓地へ送ります。そして、1ドローしたあと、ビーストを破壊します。すると、破壊した後はスクラップ・ビーストの効果が発動します。そして、スコールの効果で墓地へ送ったスクラップ・キマイラを手札に加えることができます。

キマイラは次の自分のターンに召喚して、墓地のスクラップ・ビーストを特殊召喚して、スクラップ・ドラゴンの召喚まで行えます。問題は次のターンが来る環境かどうか・・・

スクラップ・ビーストの召喚成功時に奈落や激流葬にチェーンしてこのカード発動できると、相手のカードを1枚使わせたことになるのでおいしいです。

これは、スクラップのエンジンに火をつける役割なので、基本的には3枚欲しいカードだと思います。

あとは、残念ながら、採用されているのをあまり見ないカードたちです。




スクラップ・オイルゾーンは自分の墓地のスクラップモンスター1体を選択して特殊召喚する効果と特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、このカードを発動するターンバトルフェイズ行えません。また、このカードが存在しなくなると、モンスターを破壊します。また、その逆です。

どうせバトルフェイズ行えないなら、リビングデッドの呼び声というカードがあってだな・・・

ということです。




スクラップ・ポリッシュは表側表示のスクラップと名のついたモンスターを1体を選択して破壊し、自分フィールド上のスクラップと名のついたモンスターすべての攻撃力をエンドフェイズまで1000upする効果を持ってます。しかし、これ
ダメージステップに発動できません!!
まず、破壊効果が先だからです。使えない理由はここです。




墓地のスクラップと名のついたモンスターを3体選択して発動。その中から相手が1枚選び、それを自分または相手フィールド上に特殊召喚し、残りのカードをゲームから除外する効果です。

スクラップ・サーチャー3枚なら面白いwwwww

以上

あとは罠



スクラップ・クラッシュは自分のスクラップと名のついたモンスターが破壊されたときに発動できる。フィールド上の表側表示の魔法・罠をすべて破壊する効果です。

表側だけか・・・裏破壊したいよぉ・・・




スクラップ・カウンターは自分のフィールド上のモンスターが攻撃された場合、そのダメージステップ時に発動できる。攻撃されたスクラップと名のついたモンスターの守備力は2000upし、バトルフェイス終了時に破壊される。

せめて、攻撃力あげたかったな・・・禁じられた聖槍とかと差別化できそうだったけど・・・




ということで、スクラップと名のついたカードについて一応書いてみました。

~まとめ~
・キマイラを使って、墓地のチューナーを特殊召喚し、シンクロにつなげるデッキ
・スコールでチューナーを破壊し、キマイラをサルベージ

ということが基本的かと思います。

不明な点はWikiや公式FAQを参考にするといいかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということで、長くなりそうなので、サーチャー軸スクラップは自壊・・・いや次回に回します

長くて、読みにくい点があったかもしれませんが最後までお付き合いいただいてありがとうございます。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事