東中野ミュージックラボのブロマガ

VCIスクリプトってのをやってみる(サンプラー)01

2019/06/23 18:34 投稿

  • タグ:
  • VCI
  • VCIスクリプト
  • バーチャルキャスト
音の出るVCIを作りたい。
配信で使えそうなSEを仕込んだサンプラーだ!
blenderでモデルを作ってUnityに取り込んでVCI化するよ!
作りたいのはこういうやつ↓
  1. つかんで持ち運びができて
  2. 手でボタンを触ったら音が出る

まだ作成途中だけどしょっぱなからいろいろつまづいたので書いておくよ。



まずBlenderで簡単なモデルを作ってFBX形式で出力しました。
(この出力段階で既にひと悶着あったのだけど今度書く)


公式の「初めてVCIを作成する」を見ながら作業していくよ。
https://virtualcast.jp/wiki/doku.php?id=vci:beginner

"スクリプトを利用したい方はVSCodeを導入してください"
ってなってるけど普通のテキストエディターで大丈夫っぽい。

VCIScriptのチュートリアル
https://virtualcast.jp/wiki/doku.php?id=vci:script:tutorial
を読むと「バーチャルキャスト上でVCIアイテムを出すと、対象のVCIフォルダが自動生成されます。」
って書いてあるけど

バーチャルキャスト1.6.2aのVCI更新で、自動では出来なくなってた。
https://virtualcast.jp/wiki/doku.php?id=vci:updatelog:1.6.2a


手動でScript Enable Debuggingにチェックを入れればOK。
スクリプトを記述するmain.luaファイルは手作業で追加しました。
(たぶん本当はフォルダ作る必要ないんだと思うんだけど、古いチュートリアルにのっとってやってるから一応手順通りにしてみた。)

チュートリアルには

[VCIObject]の[Scripts] > [Size]を1に変更してエンターを押します。
3.Inspectorが拡張するので以下のように入力します。
 [Name] > [main.lua]
 [Source] > [(完成したVCIスクリプトを張り付ける)]
文字数が多い場合(1万5000字以上)エラー表示が出ることがあります

って書いてあってその通りにやってたんだけど 新しいUniVCIには"FilePath"って項目が増えてたので main.luaファイルを外部から読み込んでみたよ。






続く。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事