Hiding Place

つり球~君という名の翼~僕らがいたあの空へ

2013/10/01 17:55 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • アニメ
  • MAD
  • AMV
  • AniPAL
  • AniPAFE2013


つり球~君という名の翼~僕らがいたあの空へ
ゆきのふ



FULLNESS
悩んでも、うまく行かなくても、その気になれるくらいのコトはそこにある…ゆきのふさんといえば『ドラゴンボール』を扱った作品で知られますが、今回は『つり球』で参加します。
『つり球』はコミュニケーションが苦手な主人公が釣りへの誘いを経て成長する物語ですが、そこで関わった人物達もまた彼にとってハードルが高いかのような濃い顔ぶればかり。それでも、紆余曲折はありましたが最後には結束をつくるコトができた…どんなにそれまでの自分に自信が持てなかったとしても、それを含めた全てを忘れる程に夢中になれるコトは沢山あります。その中には良いコトも悪いコトもありますが、それら全てを乗り越え、1つの達成を得た時は、何も引きずらずに「充実していた」という言葉で終わらせられるでしょう。いずれも自分の成長や相手との絆の為に「全て必要だった」と。
この動画は音源(『君という名の翼』)の歌詞の内容もあって、どちらかというと「追っていく」というよりは「振り返る」演出を狙っているかのよう。というコトは、今またしても全てがうまく行かないと思っている人達への「何も考えず打ち込んでいた時を思い出せ」というメッセージとも捉えられます。
それがどのようなカタチになるかはわかりませんが、まだ新たに得られるチャンスのある“達成”と、それへと導く“充実”の為に。

コメント

sanan
No.2 (2013/10/02 23:24)
つり球は未見アニメなのですが
熱血釣りアニメ?w
ラストは宇宙人オチ?
と色々気になる作品でしたw
そして曲が心に沁みるタイプで映像ととても合っていると思いましたよと♪
めっちゃん
No.3 (2013/10/06 17:49)
紹介お疲れ様でした。

さわやかな感じがよく出て、いいですね。
いは
No.4 (2014/03/23 16:03)
最近のゆきのふさんは、テンポとシンクロが凄過ぎて、凄みさえ感じる「作家」になってしまった感があるほどですね!w
マジ凄い!
ここまで完成した作品を一度作ってしまうと、芸術家は実はテンションが下がってしまうもの。
しかし、ゆきのふさんには、このMADの様に、今後も真っ直ぐに、アニメや動画を駆け抜けて欲しい。
そう思いました!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事