ひでよしのうらばなし

初級者・中級者のためのケルベロス・フェンリル武器説明

2018/02/08 02:56 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ゲーム
  • グランブルーファンタジー
  • 討滅戦
  • ケルベロス
  • フェンリル
どうも、「バハとテスカは星晶獣」副団長です。

今年も来ましたね、ケルフェンが。



個人的にはケルフェン討滅は所持石の関係もあって大好きなイベントです。
特に今回はケル銃を2本集めなければならなくなったため、頑張ってケル子に腹パンカマしたいと思います。

さて、今回のケルフェン討滅戦が初めて、または本格的に走れるようになるのが初めてという方も多いと思います。
私達のような長年グラブルをやってきたプレイヤーにとってはお祭りであるこのイベントですが、初めての方にはわからないことも多いと思うので、今回はこのイベントがどのようなイベントか、また、初級者・中級者プレイヤーはどこを狙っていけばいいかを書いていきたいと思います。

はじめに

このケルフェン討滅戦が人気がある理由として、
・初級者・中級者でも使える武器・石が手に入る
・ヴァルナとハデスには必須である強力な武器が手に入る
・延々とフェンリルの「キャッ…」って声が聞ける
の三点が挙げられます。
3つ目に関してはイベントが始まれば嫌でもわかると思うので、今回は上のふたつについての説明をしていきます。

ケルベロス討滅戦



ケルベロス討滅戦では、ヘルウォードダガー(以後ケル短剣)、ケルベロス・オーダー(以後ケル銃)、そして召喚石であるケルベロスがドロップと交換で取得できます。






ケル短剣は闇の通常攻刃大と二手小(DA率アップ)、ケル銃は闇の三手大(TADA率アップ)と背水小、ケルベロスは火と闇属性の攻撃力をアップする加護効果があります。
基本的には、初級者・中級者のプレイヤーがケルベロス討滅戦で集める必要があるのは、ケル短剣の方です。ケル銃は基本的には落ちたら保管しておく程度で大丈夫です。石は使いませんが、一応4凸はできるので、ステ石としては使用できます。
初級者・中級者の方だと、基本的にはケル銃を手に入れても大きな恩恵は得られません。一方ケル短剣は、あまり強くない段階でも手に入れることができる通常攻刃大の武器です。そして、ケルフェンの武器は比較的簡単な素材で4凸が可能です。4凸すればスキルレベルが15まで上がるようになり、通常のガチャ武器よりも強いスキルを持った武器になります。特にセレマグ編成やバハ編成を作っている途中の初級者の方には中盤までの助けになります。「通常攻刃でいい武器ないな…」と感じている人はケル短剣を取りましょう。

ハデス持ちの人の場合
ハデスを持っている場合は、ケル銃は必須の武器です。3本で武器によるDATA率がほぼ上限に達し、メカニックなどに使える武器種銃、ハデス編成と相性がいい背水など、隙のない武器になっています。こないだパラゾニウムの4凸性能が発表されましたが、三手と攻刃Ⅲを持つパラゾニウムですら基本的にはケル銃を編成から立ち退かせることはできません。それくらいに強い武器です。
しかし、ケル銃は落ちません。死ぬほど落ちません。なぜそこまで落ちないのかというと、この武器はHELLのみのドロップの上、ドロップ率がかなり低く設定されているからです。
この武器を2本4凸させるためには、交換をすべて行った上でさらにドロップをしなければなりません。運が関わってくる上、交換に関しても大量の素材を要求してくるため、一度に行おうとすればかなりの半汁と時間を費やすことになります。
時間に余裕がある場合はそれほど焦らなくても大丈夫です。代替できる武器は存在します。どうしてもハデスで強くなりたい!という人は必死に走りましょう。このイベントは走らなければ報われません。


フェンリル討滅戦



フェンリル討滅戦では、グレイプニル(斧)とフィンブル(弓)、そしてフェンリルの召喚石がドロップと交換で取得できます。





グレイプニルは二手大と攻刃小、フィンブルは渾身大と守護小、フェンリルは水属性キャラの攻撃力を40パーセントアップし、奥義ゲージの上昇効果を持っています。
フェンリルの場合ですが、グレイプニルはどちらも通常枠のためマグナ編成ではあまり使えません。また、フィンブルも通常枠のためマグナ編成では難しい武器です。フィンブルは保管、グレイプニルは餌にしても構いません。
ここで初級者・中級者の方におすすめするのがフェンリル石です。
フェンリル石は、効果だけ見るとあまり強そうには見えません。しかし、フェンリルの加護には奥義ゲージ上昇効果があります。よって、アルタイルやリルル、シャルロッテなどの奥義ゲージ上昇スキルを持っているキャラと組み合わせて、開幕奥義パを作ることができます。水には開幕奥義ができれば99万出せるおじいちゃんなどがいるため、かなり相性がいいです。また、マグナ編成やカツオ編成が完成したときにも、水のステ石として使用できるため、とてもパフォーマンス性が高い石になっています。あくまでもそれをメインで戦えるようになるわけではなく、趣味パの範疇にはなりますが、初級者・中級者の方にはおすすめです。

ヴァルナ持ちの人の場合
フィンブルは3本必要です。ただし先述したケル銃と同じように、フィンブルもHELLでしか落ちない上、アイテムの要求数もかなり多い武器です。また、ケル銃は2本でも十分運用できますが、フィンブルの場合理想編成だとほぼ必ず3本入ります。3本と2本では火力が段違いです。故に3本作る場合はかなりの本数ドロップさせなければなりません。なので焦っていない人は本当にゆっくり進めていく形で大丈夫です。一気にやろうとすると本当に汁がなくなります。時間も足りません。3本と2本で火力が段違いとは言いましたが、2本でも強い武器です。気長に進めましょう。
また、武器が足りないときにはグレイプニルがヴァルナ編成に入ります。人によっては二手大の重要性を見てアルバハHL編成に入れ、MVPを取っている人もいるようです。一応2本程度は4凸しておくといいでしょう。

最後に
来月の4周年イベントで、現在の神石から性能を少し落とした「神石シリーズ(ディヴィジョン神石)」が一体もらえます。よって、ケル銃とフィンブルを活躍させることができるハデスとヴァルナの下位互換版は手に入ることになります。「グラーシーザーをサプチケで集めてハデスで強くなりたい!」「ミュルグレスやデュランダルを集めてヴァルナで強くなりたい!」という思いがある人は、辛くても今回なるべく多くのケル銃・フィンブルを集めれば早い段階からハデス・ヴァルナ編成が作れるかもしれません。しかし、ケルフェン討滅戦の後には古戦場が待ち構えています。古戦場のことも考えて、慎重に半汁を使いましょう。
まだヴァルナとかハデスとか関係ないな!って人は上に書いたことを参考して楽しくケルフェンを走っていただければ幸いです。みなさん一緒にケルフェンぶん殴り続けましょう。

コメント

きりきりまい
No.1 (2018/02/08 03:06)
キャッ…
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事