へそのブロマガ

キノコ狩り歴0年のわしが山で採ったキノコを食う。~実食編

2018/09/25 00:11 投稿

  • タグ:
  • 野食
  • キノコ
  • 料理
野住先輩「まずうちさぁ、キノコあんだけど・・・・


焼いてかない?

この記事を書いている時点で3食キノコ食って平気だったので続きです。
画像ばっかですがあしからず




タマゴタケは水洗いしても鮮やかで綺麗。
脆いのですぐにバラバラになっちゃうのが難点ですね



採る時期によるとタマゴタケの中には大量にキノコバエの幼虫(うぢむし)が
入ってて軽くバイオハザードになるっていう話もありましたが
今回採った個体は虫食いも無く良品ばかりで良かったです。
まぁ筆者は別にキノコバエの蛆虫程度なら気にせず食べますが

物の本によるとタマゴタケは卵料理との相性が最高らしいので


シメジと一緒にバターで炒めて


  卵とじ。




   @タマゴタケとハタケシメジの卵とじ
・タマゴタケ5本 ・ シメジ4本 ・ 全卵2個 ・ バター1かけ・塩コショウ少々

焼くとキノコタケから黄色い汁が大量に出てきてベッタベタになりました


経験上、食ってもエビオス錠さえ飲んでたら腹くださないので
エビオス錠を服用してからいただきます


(見た目汚くてすまない)

うんめぇ!これうんめぇ!虫とか食ってる場合じゃねぇ!
口に広がるのは、かつて食った事の無いタイプのキノコの風味と(ボキャ貧)
柄の部分はシャキシャキ、傘の部分はネバネバの心地よい食感
あとハタケシメジはシメジ以外の何物でも無い味だったので割愛
非常に新鮮で、非常に美味しい。

タマゴタケから出てくる汁で食材が黄色く染まるので
チャーハンやパエリアなんかにすると綺麗なんじゃないでしょうか。

==================================
食後6時間経過しましたが特に腹痛も腹を下す気配もなかったので
どんどんキノコ料理にしていきます

ますは天ぷら

紫色のフウセンタケですが一日経つと黒茶色に変色して見た目がすげぇ気持ち悪いです
最初に食った人はこれよく食べようと思ったなぁ


対してタマゴタケは変色しないので天ぷらにしても色鮮やかで◎

天ぷら完成

フウセンタケは火を通すと中からヌメヌメが出てくるせいで天ぷらの衣が剥げる剥げる。
素揚げで良いんじゃないかと思いますこれ
色が悪いんで相対的にタマゴタケとカボチャの色が鮮やかに見えますね。

フウセンタケの味はこれもまたシメジ系とは違う食った事の無いタイプの風味がしました。
噛むとワイルドながら決して土臭くはないキノコの旨味の汁が出てきて非常に美味しい。

塩や天つゆで頂いても美味しいですがここは

うどんを湯がいて


      @キノコの天ぷらうどん
・冷凍うどん ・ うどんスープ
・タマゴダケ、 紫色のフウセンタケ、カボチャの天ぷら

うますぎる。以上。
キノコの天ぷらって肉気が一切無いのに肉食ってる感じがするから凄いよね
お蕎麦やご飯に乗っけて天丼にしてもうまいと思います。

新鮮なうちに明日も食うぞ~    <次回に続きます>

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事