ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

ヘルニアのブロマガ

佐世保同級生殺人事件、加害者側の父親自殺

2014/10/19 23:03 投稿

  • タグ:
  • 事件
  • 自殺
  • 加害者側家族
  • 被害者側家族
  • 未成年事件
今回はこの事について書きたいと思います。

この事件は皆さんも御存知のように高校1年生の女子高生が同級生を殺害し

その後バラバラに切断したという日本の犯罪史に残る酷い凄惨な事件です。

しかも動機は異常な殺人願望と生き物の解体への異常な欲望がこの事件の

動機というのですから。完全に普通の人の理解できない領域でしょう。

この事件を起こした少女の中身はどのような人間性だったのでしょうか?

彼女は小学生の頃にも同級生の給食に異物を入れるという異常な事件を

起こしています。最悪相手が死んでもかまわないと思っていた可能性も

あるでしょう。いったいこのような狂った人格になぜなってしまったのか?

そもそも生まれ持った人格障害の持ち主だったのか?

謎だらけのまま、母親の死や父親の再婚が原因と報道もされてますが

はたしてそのような事が原因で同級生をなんの恨みもないのに殺害して

解体できるものでしょうか?

後日父親は再婚した奥さんにも家を出て行かれて、自殺をしてしまいました。

人は結婚するときは辛い時も共に支え合うことを神に誓いますが現実は

良い時はそばに居てますが、自分の不利益になるとなると去るものだと

つくづく思い知らされます。

もしこの父親を励まし続ける奥様がそばについていてたら最悪の事態は

回避できてたのかも知れませんから。

1人になり今までちやほやしてくれてた人達も去り相当なストレスを

かかえていた事は解りますがこのようなケジメの付け方は間違っていると思います。

最低限のケジメをつけ相手の親御さんにも謝罪し、民事裁判を終わらして

全てを終わらすのはこの父親の償いになるのではないでしょうか?

そして娘を更生さすのが父親として同じ過ちを起こさないように最後まで

しかるべき苦しみを受けながらも生きて償うのが誠意であり、それが被害者家族への

お詫びとするしか方法がなかったはずです。

その事を放り出して死を選んだのは無責任でありなんの責任もとらないまま

この世を去ったのです。

ではこの少女が責任を取ることになりますが、財産分与で少女にも財産が

渡ることでしょう。その中から被害者家族に損害賠償が請求されるという

形になることは間違いないでしょう。

お金で被害者の命は戻ってこないのは解ってますが、この場合相手に

何らかの痛みをうけさしたい遺族の想いを考えれば全て遺族に支払っても

足りないぐらいでしょう。

この少女は未だに殺した被害者や被害者家族に対しても謝罪の言葉は

出てこないようです。おそらく罪の意識さえもないのでしょう。

自分以外の人間の命は虫けらのようにしか思ってないのかもしれません。

はたして何が彼女をこのような自己中心的で猟奇的な人間にしてしまったのか?

父親の英才教育、母親の過保護など問題はあるようですが、自分は特別な存在

それ以外の生き物の命などは蝶の標本のようなものであるがのごとく無慈悲にも

殺害し解体して楽しむ事になんの疑問も持つことのない思考なら、もはや一生

この少女は管理下に置くべきでしょう。

顔見る限り異常性のある顔立ちに個人的には見えました。なぜこのような事件に

なる前に幼少の頃に対策をうてなかったのか?

おそらく何らかの異常障がいが見つかっていたかもしれない。

この父母の面子があるために引き伸ばしにした結果このような事件が起きてしまった

としたらあまりにも加害者や被害者にも残酷な仕打ちだったのではないでしょうか?

本当の原因は少女は話していない可能性もありますが、もはやこの子の育ち方や

教育のしかたを語れる人はいません。

兄弟がいるようですが子供の頃の彼女の育ち方に詳細に語れる人物はもうこの世に

いません。これから専門家によって彼女はモルモットのように調査されいろいろな

実験を行われることでしょう。

彼女が恐ろしいのは頭が異常に良いところです、逆に取り調べる側が騙される

可能性もあるからです。

もし更生したように見せかけ世間に出てきたとしたら、本当に恐ろしい再現が

起きないとは言い切れない。

事件は時が経てば他人は忘れていくでしょうが加害者家族や被害者家族から

消えることはないのです。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事