ゲーム・映画を盛り上げ隊

TGS2017雑記:モンハンワールドをプレイした感想

2017/09/22 07:38 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • TGS2017
仕事(半分趣味で)TGS2017初日に行ってきました。

開幕と同時にカプコンブースに駆け込み、モンハンワールドのシングルプレイ列へと並ぶものの、結局40分ほど並ぶことに。整理券も速攻でなくなったようですし、一般デーは地獄になりそうです。

さて、モンハンワールドをプレイしてみた感想ですが……。

●プレイ環境
・プレイしたのは上級者向けのアンジャナフ討伐クエスト
・武器は太刀を選択
・試遊時間は20分

PV見てる段階だと虫使って調査するのとかめんどくせー、くらいに思っていたのですが、意外とスムーズでした。パッと調査してくれるので、ほとんどノンストップで進めることができます。

フィールドはさすがにPS4画質、遠くまで綺麗に見通せます。

そして、回復薬を使用する際に立ち止まらなくなったのも嬉しいポイント。感覚的には、ブラッドボーンの輸血より僅かに遅いくらいのスピードで歩きながら回復可能です。さすがに歩く速度は遅くなりますが、こんがり肉を食べている最中も歩くことが可能でした。

また、敵がフィールドから移動しても虫が光って場所を教えてくれるため、従来のようにペイントボールを投げる必要がないのが最高。回復薬もそうですが、過去作でストレスに感じていた部分が取り除かれている印象を受けます。

そのほか、与えたダメージが表示されるようになった恩恵の大きさを実感しました。肉質がわかりやすい(有効にダメージを与えることができる部位がわかりやすい)ので、いままで雑に殴っていた人でも意識的に狙う部位を変えるはず。

アンジャナフの場合は足元(手元)の部分の肉質が固かったので、その部分だけ頭と比べてダメージが半減しているのがすぐに判別できます。これには初心者が許せないプロハン勢もにっこりなはず。

唯一、ターゲットカメラだけは改善してほしいクオリティ。

そこそこ大きいアンジャナフをターゲットすると、カメラワークが最悪で足元しか映らなくなります。当然、モンスターの動きを把握できなくなるので被弾率も上がってしまう惨事に。

設定でカメラの寄り具合とか変更できるなら多少良くなるとは思いますが……ひとまず体験版の後半は一切ターゲットカメラを使用しなくなりました。

体験版をプレイする場合、従来のモンハンに慣れている方であればターゲットカメラは使用しないほうが良いかもしれません。

いろいろ操作試しつつでアンジャナフ討伐にかかる時間が15分程度だったので、いろんな武器のモーション試したいという人は余った時間で遊べます。

チャージアックスだけ確かめてみましたが、横に滑るように移動しながら切りつける攻撃が追加されていて、結構楽しかったです。


モンスターハンター:ワールド


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事