ORANGE気分のブロマガ

【誰得承知】ニセコイ【レビュー】

2014/06/12 20:07 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • アニメ
  • ニセコイ
  • 内山昂輝
  • 東山奈央

Nisekoi
ニセコイ
2014年1月 - 6月放映


「親が決めたニセコイ生活×10年前に交わしたヤクソク」

〈あらすじ〉

ごく普通の高校生・一条楽は、極道一家“集英組”のひとり息子。彼は10年前に仲良くなった女の子と“再会したら結婚する”という約束をし、その証として貰ったペンダントを大切に持っていた。ある日、楽のクラスに転校生がやってくる。それは桐崎千棘という美少女だったが、最初の出会いは最悪だった。ことあるごとにぶつかり合う楽と千棘だが、親から千棘と3年間恋人になれと告げられ、2人の“ニセコイ”生活が始まる。そんな生活の中で、楽は“約束の少女”が千棘ではないかと感じるようになるが、実はクラスメイトの小野寺小咲にも、幼い頃に約束を交わした男の子がいた。


〈スタッフ〉

  • 総監督 - 新房昭之
  • 監督 - 龍輪直征
  • アニメーション制作 - シャフト
  • 企画 - 夏目公一朗、渡辺直樹、木谷高明、太布尚弘
  • プロデューサー - 岩上敦宏、久保田光俊、興野裕之、丸山博雄
  • アソシエイトプロデューサー - 淀明子、大嶋実句、三條場一正、橋本龍
  • 原作 - 古味直志 集英社「週刊少年ジャンプ」連載
  • シリーズ構成 - 東冨耶子、新房昭之
  • キャラクターデザイン - 杉山延寛
  • 総作画監督 - 杉山延寛、潮月一也
  • 美術監督 - 内藤健
  • 美術設定 - 大原盛仁
  • 色彩設計 - 滝沢いづみ
  • 撮影監督 - 江上怜
  • 編集 - 松原理恵
  • 音響監督 - 亀山俊樹
  • 音楽 - 千葉”naotyu-”直樹、石濱翔、MONACA
  • 音楽スーパーバイザー - 神前暁、MONACA
  • 音楽プロデューサー - 山内真治
  • 音楽制作 - アニプレックス
  • 主題歌協力 - 外村敬一
  • オープニングテーマ - ClariS 「CLICK」
  • ビジュアルエフェクト - 酒井基

〈キャスト〉

  • 一条楽 - 内山昂輝
  • 桐崎千棘 - 東山奈央
  • 小野寺小咲 - 花澤香菜
  • 鶫誠士郎 - 小松未可子
  • 橘万里花 - 阿澄佳奈
  • 宮本るり - 内山夕実
  • 舞子集 - 梶裕貴
  • クロード - 子安武人

〈感想〉
一. 王道の学園ラブコメ
極道の倅ということ以外は普通の主人公が、
幼い頃に交わした婚約の相手を思いつつも、
抗争仲裁の為、ギャングの娘と偽りの恋人を演じる物語。
しかしその最中、婚約を交わしたと思わしき相手が次々と明らかに…
といった、
テンプレを次から次へと詰め込んだ作品。
ツンデレなギャングの娘
桐崎 千棘
片思いの清純系美少女
小野寺 小咲
恋愛初心なボディガード
鶫 誠士郎
方言が特徴の幼馴染
橘 万里花
以上の女の子から主人公が様々なアプローチを受けるハーレム要素も強い。
でも、本筋はギャングの娘千棘で、
周りはこのギャングの娘との偽物の恋仲を発展させる促進剤の様な立ち位置。
この王道の作品を、アニメ制作会社シャフトが手掛けた事により
映像表現の部分で一風変わった恋愛アニメを観れたと思う。
アニメ化も成功し、これでジャンプに新しい看板作品が生まれたのでは?

一. 簡単な流れ
千棘と表ではお似合いカップルを演じ、裏では喧嘩。
片思いの小野寺を意識しながらのニセコイを強いられることになった楽だが、
学校に馴染めない千棘をフォローする毎にお互いに認めあい、
片思い、ボディガード、方言幼馴染の乱入により、
ニセコイが本当の恋だったことを気付く千棘。
これが、簡単な大体の流れ。
各ヒロインにファンが定着しているように感じた。
特に万里花登場前には、まぁまぁ盛り上がっていた印象があった。
個人的には、あまり前に出てくる印象がなかった誠士郎が可愛かった。
バカボンのホンカンみたいに銃を乱発しなければもっと可愛いんだけどね
でも、ファンがどう思おうと本筋は千棘であり、どの娘も主人公とは進展しないという…
今のアプローチ合戦よりも、いずれ来る本気のアプローチ合戦の方が興味がある。
本筋千棘の牙城を
小野寺、誠士郎、万里花がどの様に揺さぶりをかけて、楽を苦しませていくのか?
そこを早く見たいね
とらドラのようなドロドロした拗れた物語をお願いします。
今度はそこをアニメ化して欲しい!

一. 主題歌
2クールの間、主題歌を担当してきたClarisがこの作品をもって、
ユニット活動を終了してしまいました。
今まで、俺妹、まどかマギカ、偽物語、もやしもんといった
名作アニメを後押ししてきたユニットでしたので、凄く残念。
勿論、今回も素晴らしい主題歌をあててくれたことにより、
ニセコイへの貢献もかなり大きかった様に感じる。
もう、彼女達が主題歌を担当するだけで、
作品に名作オーラを感じてしまうほど、影響が大きいユニットでした。
アリスさんが卒業し、クララさんが、クラリスとして活動を続けていくみたいですが、
一刻も早い再始動の吉報を待つのみです。


面白さ [3] ⇒ 無難な恋愛アニメ
ストーリー [2] ⇒ 本番はこれからかな?
映像 [3] ⇒ 比較的演出は大人しい
音楽 [4] ⇒ ClariS&kz最高!


Rank: D


コメント

ひっつん
No.1 (2014/06/13 07:45)
ClariSはまぁな・・・
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事