ハァト民の チンチン歌うスタジオ

小学校の頃ちんちん蹴られて尿道から膿が出た話

2018/03/24 18:20 投稿

  • タグ:
  • ドキュメンタリー
  • 実話で生
  • 小学生
  • おちんちん

今回はちょっと痛い思い出

否、かなり痛い(物理)


確か小学4年くらいの時だったと思う…

放課後の教室で数人の男子がふざけていた時の事


その頃の俺は今以上に傍若無人で、クラスのヤツとか

平気で叩いたり蹴ったりしていた


その時もいつものようにクラスのO君をガンガン叩きまくっていた

(理由は何だったか全く覚えてないけど)


しばらく、なすがままになって我慢していたO君だったが

さすがに耐え切れなくなったのか突然

『痛いなぁ!!』

と絶叫すると同時に思いっきり俺の股間を蹴り上げて来たのだ!




ガキーーーン!!


…と言う、それまで味わった事の無い激痛が走った


本当なら、床を転げ回るほど痛かったのだが

グっとこらえ、こちらも

『痛いなぁ!!』

と言って、またO君を叩いた


みんなの前では気を張っていたものの、その後

家に帰る道ではジワジワと痛みが襲って来て

おちんちんが千切れそうな感じがした

前屈みになり、『いてぇ…いてぇ…』と呟きながら歩いた


家に着いてからも痛みは止まなかったが

場所が場所だけに親にも言えず一人苦しんでいた


何もしてなくてもかなり痛いのだが

特にオシッコする時がツラかった


オシッコの度におちんちんの裏側がキーーーンと痛むのだ


2~3日、それは続いただろうか


そしてついに

ある時、また痛いのイヤだなぁと思いつつ

トイレに行ってオシッコしようとしたら

尿道からドロリと薄い黄褐色のスライム状のモノが出て来た…


それまで『膿』と言う存在も知らなかったので

『うわ~!何だこれ!?大変な事になったぞ!』

と思い、大慌てで母親に事態を告げる俺

すると

『ああ、膿だねこれ…』

などと意外と冷静な対応で返された


翌日、俺は母親に連れられて

隣の隣にある町の総合病院へ…


受付にて母親は

『あの…この子、友達にちんちん蹴られちゃって膿が出てるんですけど

何科がいいですか?』

みたいな事を聞いて

受付のお姉さんも若干困惑していた


総合病院と言っても小さな町の病院な為、

そういう専門的な科は無かったと思うので

確か普通に子供だから小児科に回されたと思う


しばらく待ってから名前を呼ばれ

ドキドキしながら診察室へ…


母親が軽く説明して

『ほら、ちんちん見て貰いなさい』

と言うのでズボンとパンツを降ろして

ちんちん丸出しに…


医者はそれ程ジックリ見るでもなく

チラ見程度で

『ふーん…まあ、特にヒドそうでもないので

薬で治るでしょう』

と、こっちが拍子抜けするレヴェルの軽い扱い


ちなみにその時は傍らにナースさんもいたよ

そんなに若くは無かったと思うけど…



で、触診も検査も何も無く診察は終了


貰った薬はどんなのかと言うと

見た目は目薬みたいな感じ


違うのは目に注すんじゃなくて

おちんちん(尿道)に注すと言う事


医者が言うように、その薬を注していたら

そのうちに治った


良かった良かった…と言う事なのだが…


でも、実はその後も後遺症なのか

ごく稀にあの時と同じような痛みに襲われる事があった


しょっちゅうじゃなくて、ホントに数年に1回程度なのだけど

それが20年くらい続いたかもしれない


ここ何年かは襲って来てないけど…

また来る可能性もあるかも…?


でも、今思えば蹴られたのが睾丸の方じゃなくて良かった


確かに陰茎の方も大変だけど、睾丸だったら

もっと大変な事になったかもしれんよね


やっぱり股間は非常にデリケートな部分なので

むやみに叩いたり蹴ったりしないように!


まあ、プレイなら仕方ないけどね


それでは今回はこのへんで…









コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事