ハァト民の チンチン歌うスタジオ

ナースさんにおちんちん見られた思い出~後編

2016/07/03 18:49 投稿

  • タグ:
  • 性癖
  • ナース
  • 露出癖
  • CFNM
  • 実話で生

こんにちは。

今回は、前回の記事


『ナースさんにおちんちん見られた思い出~前編』


の続き後編を語りたいと思います。




前回の検査入院の結果、再入院して本格的な施術を

受けなければならなくなりました。


それは検査入院から約1ヵ月後…

何故、それだけ期間を空けたのかと言えば

また足の付け根からカテーテルを挿入しなければ

ならないからです。

間を空けずに繰り返しカテーテルを挿入するのは

やはり体に負担がかかるので1ヵ月おいたと言う感じです。


そして再入院…

今回は、初めてでは無いので僕も慣れたものです

『またナースさんにおちんちん見られるんだろうなあ…』

などと、謎の期待感すら持っていました。


入院初日…

前回から1ヵ月経ってるので当然陰毛も伸びています

今回もナースさんに剃毛して貰えるんだろうとドキドキ

待っていました…


だがしかし…!


なんと、その時のナースさんは剃毛用の電動器具を

僕に無造作に渡し


『じゃあ、これで剃っておいて下さい』


と言い残してさっさと去って行きました…


(…え?)


前回とはまた違う驚きでした


人間、予想に反する出来事に直面すると動揺するものですね…


(自分で剃るのかぁ…)


正直、僕はその時かなり落胆していました

ナースさんに陰毛を剃って貰うのを凄く楽しみにしていたのです…

仕方無いのでシャワー室で自分で剃りました

しかし、前回はナースさんが剃ってくれたのにどうして今回は

剃ってくれなかったのでしょうか?

ナースさんによって違うものなのか?

それとも前回は初めての入院で、今回は二回目だったからなのか…?

謎は深まります…


とは言え、その後は前回同様

導尿カテーテルを挿入する為、ナースさんにおちんちんを見られる時が来ます

今回、挿入してくれるナースさんは20代前半くらいで可愛い感じの方でした。


が、しかし!

なかなかカテーテルが上手く挿入出来ないのです…

尿道に管を挿す訳ですから、やはり難しいですよね…

ナースさんは一生懸命でしたが僕は苦痛に苦しみました。


とうとうナースさんは携帯で先輩と思われる別のナースさんを呼びました

その間…5分くらい

僕はおちんちん丸出しで待機です。


そして颯爽とやって来た先輩ナース様!

先輩…と言ってもまだまだ若い方で、たぶん20代中~後半くらいと

思われます

しかもかなりの美人さんで女優さんにいそうな感じでした。


二人がかりで僕のおちんちんを凝視し

ヒョイとつまんでカテーテルを挿入して下さいました。


さすが先輩ナース様!すんなりと済ませてくれました!

やっぱり経験ですよね…



そしてその後

1時間程かけて施術が終わり…


あ、施術の最中と言うのは勿論パンツなどは履けません

と言って、さすがにちんちん丸出しでもなくて

T字帯と言う物を身につけます。

T字帯と言うのは、画像検索などして貰えば分かると思いますが

薄い白い布で出来た簡易褌みたいな物で、手術や施術の時に

患者がつける物です。


施術が終わって施術室から移動用のベッドで自分の病室まで

運ばれ、通常のベッドに戻る時ですが、勿論僕は全く体を動かせないので

(カテーテルを挿した後、数時間は絶対安静)

5、6人のナースさん達に体を持ち上げて貰って移動しました。

みなさん、若いナースさんばかりです。

その時、なんとT字帯がペロリとめくれて

僕はその場にいた5、6人のナースさん達の前でおちんちん丸出し状態に

なってしまいました…


あれだけの人数の女性の目の前でおちんちん出したのは初めてだったし

おそらく今後も無いでしょう…


指揮していた年長のナースさん(40代後半くらい)が

それに気づき、慌てて若いナースさんに指示してT字帯を直させてくれました。


まあ、その時は苦しい施術が終わった開放感でいっぱいで

おちんちん見られて恥ずかしいとか気持ちいいとか感じてる場合では無かったんですが

後になって思い返すと凄い良い体験したなって思います。



その後もまた導尿カテーテルを外す時など

何度かナースさんにおちんちんを見られたり触られたりするのですが

前回とだいたい同じ様な感じなので詳しい事は、はぶきます。


結局、2回の入院によって僕はすっかり


『見られる快感』


を覚えてしまった事は、もうお分かり頂けたと思いますが

実はもう一つ、癖になってしまった事があります。


それは陰毛を剃る事です。


元々、僕は毛深い人を見るのも苦手な方だったのですが

その時、剃毛されてツルツルになった自分の股間を見て

すっかり気に入ってしまったのです。


以来、僕はずーっとパイパンにしています。


それでは今回はこのへんで


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事