サッカーはかば出張版

日本代表 ウクライナ戦 親善試合観戦記

2018/03/28 01:16 投稿

  • タグ:
  • 日本代表

サッカー日本代表、親善試合ウクライナ戦の観戦記を書いていきます。

今回も良かった点、悪かった点、そして重要なポイントという3つに絞って書いていきたいと思います。


まずはスタメンをご覧ください。

交代:《日本代表》杉本 >小林 悠(後半11分)

本田 > 久保 (後半20分)

柴崎 >中島 (後半34分)

長谷部 >三竿 (後半36分)

原口 > 宇佐美 (後半42分)

《ウクライナ》

ルスラン マリノフスキー > ビタリー ブヤルスキー(後半17分)

ボフダン ブトコ > オレクサンドル カラバエフ(後半17分)

エドゥアルド ソボル > ミコラ マトビエンコ(後半17分) オレクサンドル ジンチェンコ > ルスラン ロタン(後半34分)

イェウヘン コノプリャンカ > ビクトル ツィハンコフ(後半48分)

警告:《日本》原口(後半14分)植田(後半23分)

《ウクライナ》タラス ステパネンコ(前半46分)エドゥアルド ソボル(後半9分)


4-2-3-1のフォーメーション図ですが、実際は4-4-1-1で柴崎はセカンドトップのような役割を担っていました。


《良かった点》

・セットプレイで得点ができたこと。

・プレスがはまればボールをしっかりと奪うことができていたこと。

《悪かった点》

・中盤が支配された時にできること、やるべきことができていなかったこと。

(この試合、前後半ともに中盤はウクライナがほぼほぼ支配する展開でした。ボールが持てない状況になった際にやるべきことは主に4つ。まず守備ではパスコースを消すこと、セカンドボールなどへの集散を早くすること。攻撃ではショートカウンターを意識したパス回し、前線でボールをどんなことをしても収める動きです。守備ではプレスをかけている時間帯以外はどうしても相手より後手に回る守備しかできず、パスコースも消し切れていない為良いようにボールを展開されてしまう時間帯が長く続きました。攻撃ではショートカウンターをする繋ぎすらできず、前線でボールを収めることもできずという相手のミス待ち以外ではチャンスが作れない状態でした)

・守備時のDFと中盤のバランスが取れず、カバーリングもおざなりになってしまっていたこと。

(2点目の失点シーンにおいて、DFラインとともに中盤も最終のラインまで一緒に下がってしまい誰一人としてシュートブロックにいけなかった点。また後半の右サイドで酒井高徳が高い位置取りを取っていた際の裏のケアが全くできておらず瑕疵ができており、そこから危ない場面が何度もありました。失点覚悟で攻めている状況ならいざしらずそうではない場面でもそういう状態が続いてしまった部分は反省点だと思われます)

・攻撃のバリエーションがサイド一辺倒になってしまったこと。

(後半終盤をのぞき、攻撃はほぼサイドだけとなり、中央への楔のパスや縦パスも少なく、相手にとっては守備がしやすい状態にありました)


《その他の重要なポイント》

固定メンバーを組んでこなかった、また故障者が続出している為、連携面の拙さは致し方ない部分であるにしても、パスミスの本数が余りにも多すぎました。また、ボール保持時の判断も遅く(特にCBの両名)ボールを展開するスピードが遅くなり、その分ビルドアップの面でもたついてしまっていたことで相手のバランスを崩すこともできずにどうしても後手に回ってしまっていました。


悪かった点でも最初に書きましたが、相手にボールを支配された状態からの打開策が全く見えてこなかったことがとても残念でした。あれだけ序盤からプレスをかけてショートカウンターを狙っているにもかかわらずチャンスにすら繋がらない、ショートカウンタ-の手前の段階で止められてしまっていたことが敗戦の理由の一つであると思います。


《3月親善試合の総括》

賛否両論あることかもしれませんが、新戦力を起用することができたことは収穫でした。(特に中島を起用することができたのは今後のオプションを考えれば良い材料だと思います)

しかし、それ以外の点ではチーム全体が迷走してしまっており、ハリルホジッチ氏が散々口にしていた個人のデュエル部分では競り勝てず、プレスからの速攻による得点もなく、攻守のバランスも悪く、守備の脆さを露呈してしまうという結果以上に散々な内容でした。


親善試合は残すところ3試合(ガーナ《ホーム》、スイス、パラグアイ)そしておそらくロシアの下部クラブとの練習試合が何試合か組まれると予想しても代表で試合できるのはせいぜい5試合ぐらいでしょう。この5試合でこの悲惨な状態からどうにか内容だけでも改善しなければならない。監督という職業の難しさはやはり計り知れないものだと思った次第であります。


(ガーナ戦が最終選考になると思いますが、5月頃に最終メンバー予備選考35人の発表があります。そのメンバ―からしか最終選考できないというものではありませんが、一つの指標となることは間違いないでしょう)



代表戦・4大リーグ・日本人所属海外チーム他、考察や観戦日記など、他の記事をご覧になりたい方はこちら⇒https://www.soccerhakaba.net

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事