あつしAのブロマガ

ヴォイニッチ手稿について(Voynich Manuscript) 2018/02/22 19:37更新

2017/02/02 19:21 投稿

  • タグ:
  • 意味
  • ヴォイニッチ手稿
  • 写真
  • 考古学
  • 異世界






あれは、当時魔女と呼ばれる薬剤師が、同士である魔女達と使っていた言語の可能性があります。
魔女と呼ばれる人間は薬草で人を救っていたらしいです。
しかし、当時の世間はそんな人間を否定し、恐れてました。
だから、普通の薬剤師である人々を魔女と呼び、処刑しました。
彼女らはただ人を救いたいと思う、善良な人間でした。
でも当時の人間は不思議な力を持つという理解できない人間は抹消すると考えたのです。
魔女と呼ばれる人間が人を救おうとしたのに、理解できない人間を抹消するため、魔女裁判を開いたと思います。

人を救いたかった魔女と呼ばれる人間が、同族である人間に処刑さるとは皮肉な話です。

ちなみにヴォイニッチ手稿はパターンがありよく読めば解読できます。

※ このブロマガは単なる思い込み、あるいはただの妄想なので信用しないでください。

*2ヴォイニッチ手稿の解読はただの勘違いだったけれど、これらのアップロードした写真の数字の意味やローマ字の意味が知りたいです。

*3 解像度を上げてみると人の顔のように見える。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事