はやていのブロマガ(仮)

【Epiphone Olympic】のブリッジ交換について

2020/10/27 02:49 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • ギター
  • 楽器
  • 改造
  • Epiphone

私が使っているギターはEpiphone Olympicというモノで、
古いスチューデントモデルではありますが気に入っています。

ただ、ブリッジに不満が…。
何が不満かというと、オクターブ調整ができないタイプのブリッジなのです。
このようにサドルがブリッジから削りだしで作られているので動かせません。



画像が荒くてスンマセン…。

こういうブリッジはちょっと微妙なので、サドルが動かせるタイプに交換します。
ちなみに左右のポールに引っ掛けるタイプのブリッジのことを
「ラップアラウンド」というらしいです。

新しいブリッジにはGOTOH製のものを選びました。
しかしそこはミリとインチの悲しい違いで、
ポールの径が合わずアンカーに入りませんでした。

大改造も嫌なのでしばらく純正のポールにGOTOHのブリッジで過ごしましたが、
弦高が高くてつらかったのでTONEPROSのポールの首が短いものを購入
(もちろんインチ規格)



しかし、このポールにGOTOHのブリッジが付かない…。
私が購入したGOTOHのブリッジはポール上部の皿に被せるようなタイプなのですが、
皿の径が若干大きく付けられない状態です。



仕方がないので皿の側面を金ヤスリで削ります。
手を怪我しないように軍手を忘れずに!


とりあえずメッキをはがす感じで、ガリガリと30分ほどまんべんなく削りました。
途中経過はこんな感じです。



出来上がりはこちら↓



入りました。くるくる回して引っかかりがないか確認。
もう一本も同じように削りました。

完成です!
弦高も下がりました!
――――
――

こんな感じで小一時間で済む作業なら自分で気軽に加工できます。
騒音も出ませんし。

今回は以上です。
この記事がどなたかのお役に立つことがあれば幸いです。


はやてい


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事