鳩丸のブロマガ

2.材料 (1)木材

2014/09/07 13:48 投稿

  • タグ:
  • 音楽
  • ギター
  • エレキギター
  • 自作
2.材料
(1)木材
 以前、ツイッターにも書いたのですが、ソリッドギターのボディ材の種類による音の違いについては懐疑的です。もちろん、極端に密度の低い材と高い材とでは音に違いが現れると思いますが、ピックアップ、ブリッジ、弦などに比べると微々たるものと考えています。
 かといって折角自作するのに、無理に音響特性の良くない材種を使う必要もないので、エレキギターでよく使われる材から選びました。ボディ・トップ材は当然見た目ですね。それほどの杢じゃないけど安かったのでw加工は面倒ですけど…。



①ボディ・トップ材 
   キルテッド・メイプル 170 x 1800 x 18mm             \13,500    (長さ方向に4分割、その内2枚をスライドマッチにて使用) 【小郷木材/REAL-WOOD】

②ボディ・バック材 
   アルダー(Aランク) 350 x 440/500 x 47mm             \3,700
   (幅方向に3分割、その内2枚を③と合わせて使用)        【アイチ木材加工】

③ボディ・バック材 
   ホワイト・アッシュ 180 x 590 x 45mm               \1,840
   (幅方向に2分割、その内1枚を②と合わせて使用)     【小郷木材/REAL-WOOD】

④ネック材     
   ハード・メイプル 160~180 x 2800/3 x 33mm           \5,100
   (長さ方向に3分割してもらったもの、その内1枚を    【小郷木材/REAL-WOOD】   ⑤と合わせて使用)

⑤ネック材     
   ホンジュラス・マホガニー 80 x 700 x 10mm             \1,487
   (④と合わせて使用)              【府中家具工業/DIY銘木ショップ】

⑥指板材      
   インディアン・ローズウッド(Aランク) 60~70 x 530 x 8mm     \600
                                 【アイチ木材加工】

⑦ヘッドストック・ベニヤ材
   インディアン・ローズウッド 80 x 180 x 3mm            \1,575
                                 【ギターワークス】

 ⑥の指板材は2Aランクにすれば良かったかなあと思います。


        REAL-WOOD/小郷木材
        aimoku/アイチ木材加工
        DIY銘木ショップ/府中家具工業
        GUITAR WORKS

    ← 前の記事へ        メニューへ        次の記事へ →

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事