はんはるふぁん~HanHaruFun`s BLOG別館~

ニコニコ超会議号「噂の5号車」に乗ってみたパート1

2014/05/04 00:29 投稿

  • タグ:
  • ニコニコ超会議号
  • ニコニコ超会議3
  • 24系
  • 超会議号
  • 鉄道模型

(1)ニコニコ超会議号とは
 幕張メッセにて開催されるニコニコ超会議へのツアー列車として2012年から運転されている「ニコニコ超会議号」。今年で3回目の運転となりましたが、初めて乗車することができました。この列車は、ニコニコ動画と向谷倶楽部が主催する団体ツアー列車で、とある事情で東海道線を東京まで上るのではなく、大阪からJR京都線、湖西線、北陸本線、信越本線、上越線、高崎線、東北本線を経由、日本海側を通って上野までを結びます。車両は24系寝台車通称「ブルートレイン」、寝台特急「日本海」が廃止になった今では、ブルートレインを大阪でみることがかなり困難になってしまいました・・・

 この団体ツアー列車の特性を生かし5号車に集まった方々が日本旅行の許可を得たうえで車内の様子を生放送したり公開運転会を行うといった活動をしていましたw 私もこの「カオス5号車」模型担当の乗客としてこの活動に参加することができました。


(2)超会議号大阪入線!

 大阪駅11番のりばにEF81 106号機[敦賀車]が率いる24系寝台車が入線、久しぶりのブルートレイン大阪入線でホームは多くの鉄道ファンでにぎわいました。今年は大阪~敦賀間がEF81 106号機、敦賀~長岡間がEF81 138号機、長岡~上野間がEF64 1030号機の牽引となり、長岡以南がEF81牽引からEF64牽引に変わりました。今まではもっぱら撮影組でしたが、今回は到着後、さっそく乗車しました。



乗車は5号車のオハネフ25-2023月の最終定期下りあけぼのに充当された車両の1両。前に運転された天理臨の編成がそのまま使用されたらしいです。大阪を発車する前から窓にポスターを掲示、その後も徐々に5号車がカオスになりながら、夜のJR京都線をノンストップで駆け抜けました。

 (3)5号車カオスへの道~模型敷設!
京都を過ぎたあたりから友人の計画した配線図をもとに鉄道模型レイアウトを敷設開始、ただ限られた空間でパズルのような線路配置に悪戦苦闘しました(汗 予定よりも遅れてレイアウト完成となりました…今年は寝台2つ分を使用したメインレイアウトに加えて、寝台1つ分で路面電車やバス向けのレイアウトも設定、昨年度の1.5倍の規模だったようですwまた留置本数も今年のメインレイアウトは20本以上で、カオスな空間がパワーアップしていました。

私もこのカオスに加担すべく、521系、京阪600形中二病ラッピング、京阪穴太駅Liteの展示を…まぁ次回があればもっと主力で企画できればなぁと思った次第です(汗 夜中の2時前、富山を過ぎたあたりで第1部は終了、片付け後 就寝(…一部を除いて?)でした。私も体力の限界がきていたので、他の方よりも早めにパタリと(汗 翌朝起きたら越後湯沢のあたり、賑やかだった5号車もシンとしていました。朝焼けのなか聞こえるジョイント音、ブルートレインの醍醐味だなぁとつくづく思いました…

パート2へ続く…



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事