はまゆーのどやんすブログ

激流葬偽装構築[ORASシーズン14前期使用]

2016/02/12 00:17 投稿

  • タグ:
  • ポケモンORAS
  • ボーマンダ
  • マンムー
  • シングルレート
ポケモン勢の皆さまお久しぶりです。初めましての方は初めまして、はまゆーと申します。ここ数か月はFEifに浮気していたのですが、久しぶりにシングルレートを真面目にやったのと、最近構築記事書いてなかったので更新する意味でも構築記事を書かせていただきます。

 今回の構築は毒菱の並びとして有名な激流葬(激流ゲッコウガ+メガゲンガー+クレッフィ)の並びをパク…勝手にお借りし、その中で技構成や取り巻きを変えた構築となっております。先に申しておきますと、この構築に毒菱要素は一切ありません。それでもよろしければ読んでいただけると幸いです。



ゲッコウガ @命の珠
無邪気 変幻自在 147-147(252)-87-124(4)-81-191(252)
ダストシュート/けたぐり/水手裏剣/悪の波動
ASぶっぱ残りC(Aぶっぱは珠けたぐりでASガルーラ確定1発のため)

 激流ですらない()
 技の一つ一つは普通のゲッコウガでも採用候補に挙がる技ではありますが、特徴を強いてあげるのであればアタッカー型にも関わらず、氷技を抜いているというのが特徴でしょうか。このポケモンには先発で出したときに、メガガルーラとゲンガーを倒す、せめて致命傷を負わせて欲しかったのでけたぐりと悪の波動は確定、また上記のポケモンたちのHPが残り、ゲッコウガがHPが残る場面もたまにあったのでその残りを削り切る水手裏剣、構築的にフェアリー技に対して受けまわしがきかないのでダストシュートを採用をしました。冷凍ビームはなくてもボーマンダには存在が選出抑制になり、カイリュー及びガブリアス、霊獣ランドロスには下記のマンムーで間に合うと思ったので採用しませんでした。
 ゲッコウガ単体で見れば弱いゲッコウガの部類に入ると思いますが、ガルーラ入り構築との対戦で激流葬の並びを知っている、あるいはクレッフィを気にしてか初手はガルーラが7割程度出てきてそのうち5~6割居座ってくれてけたぐりで沈んでいってくれため、この偽装は悪くなかったと思います。


ゲンガー @ゲンガナイト
臆病 浮遊→影踏み 136(4)-*-80-182(252)-85-178(252)→136-*-100-222-115-200
催眠術/道連れ/ヘドロ爆弾/祟り目

 催眠術当てたときはtwitterで謝罪するように心掛けていました。
 基本的に余程ゲンガーが刺さっているかゲンガー以外の5体では勝てないと選出段階で思ったときに選出していました。特にクチート入りではこいつでクチートを連れて行かないと勝てませんでした。技構成及び努力値は一番考える余地のあるポケモンです。技の採用理由も特にないのでここは全く参考にならないと思います。むしろ誰かいいゲンガー教えてくださいお願いします。


クレッフィ @拘りスカーフ
臆病 悪戯心 159(212)-*-112(4)-101(4)-122(84)-128(204)
すり替え/電磁波/マジカルシャイン/イカサマ
H:16n-1
S:スカーフ所持のとき最速ゲッコウガ抜き
残りBCDに振り分け

 勝っても負けてもお互いがニッコリできるクレッフィに仕上がりました。
 催眠ゲンガーを使っておいて言うことではないのですが、威張るクレッフィ以外でまともに使えそうなクレッフィを考えた場合に両壁型かスカーフ型だと思い、下記のボーマンダ及びWロトムの起点作りに使えると考えてスカーフクレッフィにしました。
 技構成はすり替えは確定で、汎用性が高くスカーフ持たせたポケモンの足も奪えるので電磁波、あとは特に思いつかなかったのでイカサマとマジカルシャインにしましたが、両壁や威張る、毒々なども候補になると思います。威張るを採用するならイカサマ、それ以外の補助技採用するならマジカルシャインやミラーショット、ラスターカノン、陽気にしてじゃれつくなどでしょうか。
 ちなみにC無振りマジカルシャインでHorD4振りまでのサザンドラは確定1発であり、169戦してマジカルシャインで葬ったサザンドラは3体でした。参考になるかはわかりませんが、採用基準の一つにしていただければと思います。
 スカーフクレッフィは面白いポケモンだとは思いましたが、なんだかんだクレッフィの単体性能考えたら食べ残し持たせて威張っていたほうが強いと思ったのは内緒です。


Wロトム @食べ残し
穏やか 浮遊 153(220)-*-128(4)-126(4)-159(140)-124(140)
放電/鬼火/怪しい光/身代わり
H:4n+1
H-D:無補正C無振りのクレセリアのサイコキネシスが身代わり確定耐え(確定耐え自体はH152~155であるとき、D実数値157で可能です。)
残りBC振り分け

 所謂魔界ロトム。調整の参考先は7mm Gabrotom Bulletの並びから。(激流葬の並びもそうですが、どちらも本人の許可を得ていないので苦情があればこのあたりの文は消します。)
 最初は積みサイクル的な発想でウルガモスを採用していたものの、あまりにWロトム重くないかと考えていたところ、全く同じこと述べていらっしゃった方がいたので魔界ロトムの採用及び調整を参考にさせていただきました。参考先と違う点は無補正C無振りのクレセリアのサイコキネシスを確定耐えする用に調整したところでしょうか。クレセドランの相手は勿論、鬼火や放電による状態撒きや、勝てはしないもののゲンガーや化身ボルトロスと打ち合ってマンムーやゲッコウガの先制技圏内にいれるといったなかなかいい働きをしてくれました。

ボーマンダ @ボーマンダナイト
意地っ張り 威嚇→スカイスキン 183(100)-189(172)-101(4)-*-102(12)-152(252)→183-200-151-*112-172
八つ当たり/空元気/羽休め/竜の舞
D:メガ進化前のダウンロード意識
S:全振り
残りHAB振り分け

 参考先は魔界ロトム同様7mm Gabrotom Bulletの並びから。
 参考先との違いはダウンロード意識の調整が入っていることと、身代わりから空元気になっていることでしょうか。ダウンロード意識はメガ進化したらB>Dになるので気持ちの問題です。空元気なのはクレッフィでスカーフすり替えした場合に地面技なら良いのですが、熱湯や炎技になることが多く、クレッフィが耐えてボーマンダを投げる時によく火傷しました。なので、この火傷を利用しようということで空元気を採用しました。羽休めを搭載していると電磁波は勿論、鬼火や毒々も結構飛んできたので結構使う場面は多かったです。ただ、PT全体でジバコイルやヒードランが厳しかったので地震も割と欲しかったです。このあたりは取り巻きと相談して考えていく技枠だと思います。

マンムー @ゴツゴツメット
腕白 厚い脂肪 205(148)-152(12)-143(236)-*-81(4)-113(100)
氷の礫/地震/ステルスロック/毒々
H-B:無補正A252振りガブリアスの逆鱗を98.8%で2耐え(急所込だと86.86%で2耐え、補正有A252振りガブリアスの逆鱗は急所込で30.9%で2耐え)
A:ゴツメ2回+氷の礫でHorB4振りガブリアス確定
B:11n
S:準速60族抜き(主に襷、毒みがギルガルド意識)
残りD

 よくいるゴツメマンムー。昔カイリュー好きの生実況者さんとマッチングしたときに鉢巻カイリューとゴツメマンムーの並びに崩されたことがあったので、ボーマンダでも合うのではないかと思い採用。ゴツメマンムーは氷4倍弱点の竜と組ませたときに限っていえば使いやすいポケモンだと思いました。技は上記のダメ計にも含まれている氷の礫、メインウエポンの地震は確定として残りはボーマンダが舞った後の補助になるステロ、耐久ポケモンに対して打つ毒々を採用しました。
 マンダマンムーのマンムーにゴツメを採用することでガルガブの並びにもボーマンダを選出できるのが強みだと思いました。逆にボルトロスやポリゴン2あたりには滅法弱くなってしまうが欠点として挙げられると思います。


選出としては
ガルーラ入り:ゲッコウガボーマンダマンムーorゲッコウガクレッフィボーマンダ
 初手にガルーラが来たら15~20秒待ってからけたぐり押してました。これがうまく決まれば余程選出をミスっていない限り勝てます。ガルーラ入りの構築は初見に限り8割以上勝てていました。
レパルガッサ:クレッフィボーマンダ@1
 こちらからするとeasy winできる相手。相手からすると猫の手レパルダスが止まらないように見えるので、偽装構築でない限りレパルガッサ@1選出で来ます。初手クレッフィでレパルダスに対してスカーフすり替え決めればなんとでもなります。ガッサが襷だった場合はHP満タン時にボーマンダで殴らないようにだけ注意してください。

 あとの構築は正直なところ、どのメガ進化ポケモンが軸の構築であってもなにかしら重たすぎてゲンガーとWロトムで誤魔化していました。苦手なポケモンもポリゴン2、スイクン、鋼全般、フェアリー全般、サンダー、メガリザードンX、メガカメックス、WorHロトム…etcなどとキリがなく、いくらなんでもこの構築で終盤は戦えないと判断したため公開しました。というかレパルガッサとガルーラ入り以外には全く刺さっていませんでした。激流葬の並びや7mm Gabrotom Bulletの並びといい、きちんと考えられた並びを下手にいじるもんじゃないと反省しました。
 2016年2月11日21:30時点では109勝60敗でレート2004、順位が21位だったので、レート2000はなんとか乗れる構築だとは思いますが、それ以上を目指すのであれば色々改善が必要だと思います。

 長くなりましたが構築記事は以上となります。ご拝読ありがとうございました。






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事