haのブロマガ

ジェイックのやばい評判って本当?それでも選ばれる理由

2020/12/31 21:56 投稿

  • タグ:
  • ジェイック
  • 転職
  • やばい
  • 評判
  • 20代
  • 未経験
  • 営業カレッジ

正社員になりたいけど、ジェイックを使えばなれるって本当?正社員といっても、雇用条件の悪い企業だけなんじゃないの?

最短で就活を終わらせようと思ったら、就職サイトも厳選したいですよね。
ジェイックの利用で就職できた、しかも念願のITエンジニア職(開発系)に正社員登用されたのが、私「元ニートくん」です。
ジェイックの方たちは私の強い希望(営業だけは死んでも嫌だ…!)にも優しく応じてくれ、望みどおりの職業内容で仕事を提案してくれました。
口コミなどを見ていると、ジェイックでうまくいかなかったという内容も、しかし少しはあるみたいです。
私はジェイックでうまく就職できたので、利用の際のポイントや手順をまとめてみました。ジェイックに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください!

ジェイックにやばい評判があってもフリーターや元ニートに選ばれる3つの理由

良い評判ばかりじゃないのに、ジェイックを使う人の数は毎年増え続けています。
そこで、悪評判を上回るジェイックのメリット3点をご紹介いたします。

■フリーター・短期離職者・ニートでも採用する意思を持つ企業を教えてもらえる
就職活動において、長期離職経験や、長らくフリーターであること、転職回数の多さなどは不利になり、会ってくれない企業も多いです。

ひどいときには、書類選考でお祈りされてしまうこともあります。
経歴に重点をおかず、やる気のみを見てくれる会社もなかにはありますが、そういった企業のみを探すことは難しいです。
ジェイックの場合、そういった経歴でなくやる気をみてくれる会社をピンポイントで教えてくれます。
就職活動のミスマッチは、会社にとっても個人にとっても時間がもったいないばかりです。有意義に時間を使って活動したいですよね。

■書類選考なしで確実に面接にすすめる
ジェイックを利用すれば、いきなり面接まで進めます。
他の就活サイトを利用した場合、たいてい最初は書類選考です。
働きたい、やる気はあるのに、経歴だけを見られて書類で落とされてしまうのは、ひどい話ですがよくあります。
まだ社会に出て間もない20歳から30歳くらいの人が、経歴でアピールしろと言われても困ってしまうと思います。
ジェイックは、書類で経歴を見るのではなく、面接でやる気を見てくれる会社を紹介しています。職歴に不安がある方でも大丈夫です。

■どれだけ使っても完全無料(研修も無料)
ジェイックは無料で利用できます。
好きなだけ応募して、たとえ何回駄目だったとしても無料です。
さらに、ジェイックおすすめの就職カレッジ(旧営業カレッジ)研修を無料で利用できます。就職カレッジでは、今さら聞きづらい社会人の基本マナーや面接練習を、5日かけて行います。
私は「マナー」と聞くと、居丈高なマナー講師が声高に叫ぶ、難しそうなイメージをもっていました。心のなかでは、そんなもの必要ないと軽くみていたのですが、実社会では残念ながら、マナーが重要とみなされます。

・今まで一度もマナーについて学んだことがない
・お客様に接する仕事で、マナーがなっていないと叱られた
・行儀作法やマナーについてよく知らない

上記のような方にぜひ、就職カレッジを使ってもらいたいです。
無料でこれだけのサービスを提供するジェイックですが、けしてボランティア活動をしているわけではありません。
みなさんの就職活動が成功した際、紹介先の会社から手数料をもらうのが、ジェイックのビジネスモデルです。
そのため、ジェイックはみなさんに対して真摯に接します。
遠慮なく、無料サービスをいっぱい利用してください。
就職活動が成功するように、良い条件の会社を探していきましょう!

ジェイックのデメリット!オススメできない人はこの3タイプ!

ジェイックは万人向けの就職エージェントではありません。長らく就業経験がない方や、転職回数が多い方、アルバイトをしている方向けのエージェントになります。

以下で、ジェイックの利用に適さないかもしれない方の特徴を3点、ご紹介します。


■利用できるのは30代まで!40代はハロワへ…
ジェイックの対象者は30代までです。
30代の需要が多かったことから、以前は20代までだった対象者を拡大したみたいです。
※40歳以上の方には、ハローワークなどの他サービスをおすすめしております。

20代に限るエージェント(就職Shop、ハタラクティブなど)も多いので、30代も利用できるジェイックのサービスは広範囲だといえます。

■中小企業では働きたくない!絶対に大企業が良い!という人

ジェイックの紹介先企業は中小規模が多いです。
時期や条件によっては、有名企業(「サイバーエージェント」「セブン&アイ・ホールディングス」など)がある場合もあります。
※時期によります。現在の状況は直接確認をお願いいたします。

考えようによっては、大企業は日本企業のなかで1%しかありません。日本企業はほとんどが中小企業なので、どこの就職サイトやエージェントでも紹介条件は同じです。

もし「どうしても一流企業に就職したい!」という場合には、それ専門のサービス(ビズリーチなど)の利用をおすすめします。



■空白期間も欠点もない!有名企業に新卒入社のエリート

ジェイックは高年収者向けのエージェントではありません。働いていない期間が長かったり、アルバイトをずっと続けてこられたりといった、「大学卒業→新卒で入社」ではない方向けのエージェントです。
ご紹介内容も年収400万円ほどが多いですし、不慣れな方のために、面接対策を一緒にきちんと考えてくれます。

立派な経歴をお持ちの方、一流企業に勤めていらっしゃる方向けのエージェントではないため、そういった方のニーズには合わないと思います。

高年収での就職をお望みの方には、専門のエージェント(ビズリーチやJACリクルートメント)をおすすめします。

元ニートが社会復帰にジェイックを使った時の体験談!利用開始から企業と面談するまで!

私は大学を途中でやめ、しばらく家にこもり働いていませんでした。
収入は当然なく、時間をもてあまし気味のつまらない生活を送っていました。
見ようによっては楽ですし、夏季休暇のように思えるかもしれません。
たしかに身体は思いきり休ませることができましたが、心に余裕はなく、焦りがつのるばかりの苦しい毎日でした。
当時28歳で、今から正社員になるにしても微妙な年齢だと思っていました。「このままじゃいけない、収入を得なければ…」と心底思いはじめましたが、そこからどうすればいいのか、途方にくれてしまいました…

大学をやめて引きこもっていた私にも、よくできた立派な友人がいて、彼に「ジェイックっていう、お前にぴったりの就職エージェントがあるよ」と連絡をもらいました。
当時は半信半疑でしたが、暇だったので、なんとなく登録をしました。

IT業界の仕事についてはSEの友人からよく聞いており、開発系の仕事に惹かれていたこともあって、職歴を気にしないで雇ってくれる会社を探してみることにしました。



■元ニートくんが利用したのジェイック池袋支店

全国に支店のあるジェイックですが、私は東京・池袋支店を利用しました。
どの店舗でもサービスは同じなので、なるべく居住区に近いほうがいいと思います。

■ジェイック池袋支店の場所の地図
池袋支店は駅からすぐ(徒歩約5分)にあり、とても便利です。


■ジェイック池袋支店は改札から徒歩5分くらい
出口は南口改札、マツモトキヨシやドン・キホーテがあるほうへ向かいます。

そのまま直進し、十字路(三井住友銀行、四谷学院のあるところ)も通り過ぎます。

十字路から約1分、「あおぞら銀行」が入っているビルが、ジェイック池袋支店のある場所です。


■大学中退ニートの経歴を担当さんに報告

簡単な顔あわせの後、さっそく相談を開始しました。
担当してくれたのは、バリバリ仕事ができそうな20代後半くらいの男の人でした。
最初は「こういう仕事できますって感じの人苦手だ」と思っていましたが、やさしく話を聞いてもらううち、印象はがらりと変わりました。
具体的な就活の方法は?面接でどう自己アピールすればいいか?など、詳しくアドバイスしてくれました。
それから、すぐに紹介先の情報をいくつか提示してもらいましたが、希望の開発系の仕事は思っていたより少なかったです。
なぜかというと、開発系の仕事の募集は、未経験だと20代前半が多いことと、ジェイックの強みが開発系というより、営業の仕事にあるからだそうです。
年齢に関してはどうしようもないので、応募できそうな会社にチャレンジしてみることにしました。
それから、ジェイックの無料の「就職カレッジ」に参加することにしました。今まで知らなかった社会人としてのマナーを憶えてから、選考に挑むことにしたのです。
5日間の研修中は多人数での取り組みもありました。人と関わるのが苦手な元ニートくんには大変でしたが、一生使えるマナーが勉強できるため、必死になって取り組みました。

■就職活動開始1か月で希望のITエンジニア(開発系)に内定!

時間だけはあり余っていたので、就職活動に専念できました。
ジェイックを介しての紹介には書類選考がなく、面接をどんどんこなせます。
就活を進めるにあたって、開発系の募集はすべて受け、他に条件の合うインフラ系があれば応募するという形で進めました。結果は…
4社から内定連絡がきました!
大学をやめてから引きこもっていた自分にとって、かなり良い成果だと思います。
ただし、内定連絡が来たのはジェイックではなく、就職Shopというエージェントからの紹介企業でした。
元ニートくんは念のため、いくつかのエージェントを利用し、就活を進めていたのです。
誤解なきように言っておくと、ジェイックの紹介先から内定をもらった会社もありました。しかしそれらのなかで、自分の条件に見合う会社が、就職Shopからの紹介だったというわけです。
元ニートくん
日々更新されるのが求人情報!情報ソースはひとつに絞らないこと!

ジェイックと同じタイミングで使うべきエージェント「就職Shop」「DYM就職」

就活を行う際、幅広いエージェントを利用するのが安全な方法です。
たとえば、ジェイックになくても、DYM就職など他の求人エージェントには情報が掲載されているという場合も、ままあるからです。
複数のエージェントを利用して、条件に見合う会社を見つけるのが就活のポイントです。
元ニートくんは、DYM就職と就職Shopをジェイックと一緒に利用しました。
複数のエージェントを利用するのは大変ですが、狭い範囲で活動していると、条件に合わない企業しか見つからないかもしれません。そして、それに気づかないまま活動してしまうという、恐ろしいことに……。
3社ほど登録しておくと安心です。最低でも2社は利用しましょう。

■業界最大手リクルートの就職Shop

就職Shopは、もっとも転職に強い大手企業・リクルートが運営する、20代向けの支援サービスです。
求人の質も他社に比べて良く、個人的には、スキルの高い担当さんが多かった印象もあります。
ただし、若年者むけのサービスなので、30代の方はジェイックやDYM就職のほうが多く求人情報をもらえそうです。
リクルートの支店は大都市(東京・埼玉・神奈川・京都・大阪)のみにあり、ジェイックのように全国に支店がないので、不便だという点もあります。
けれど良質なサービスですし、もし20代の方で近隣にお住まいなら、リクルートはおすすめできます。

■30代もOK!求人数が非常に多いDYM就職
DYM就職は、第二新卒やニート、フリーターの方に特化したサービスです。
業歴が長いため、20~30代の方向けにたくさんの求人を紹介可能です。
担当さんが希望の仕事をともに探し、たくさんの条件・内容を提案してくれます。
やりたい職種が未定の方にもDYM就職はおすすめできます。
余談ですが、DYM就職のCMには宇垣美里さん(元TBSアナウンサー)が出演し、最近話題となっていました。


ジェイックの評判はどうよ?2ch(5ch)で口コミを集めてみた

ジェイックについて、2chの口コミを拾ってみました。
2chは匿名掲示板なので、嘘いつわりないコメントが多く、有用です。
ネットの書き込みなので、丸飲みせずに話半分程度の気持ちで見てみましょう。
できるだけ新しい投稿日の書き込みをまとめてあります。
古い情報をもとに批判するようなブログもありますが、現在行っているカリキュラムのほうが参考になると思うからです。

■未経験職種・業種を狙うならジェイックも良い

いきなり面接選考始まりなのは、企業側にもメリットがあります。
虚飾まみれの履歴書では応募者の性格もわかりませんし、良さそうな人をよりわけるのにも時間とお金がかかるので、最初から面接なのはWIN-WINです。
ジェイックは職歴が浅い人向けだと書かれています。
仕事を広く探せるのは未経験者にとって良いことですが、過去の職歴と似た職種を探している人には不足があるのかもしれません。
元ニートくん
これ!という狭い職歴で探すなら、全年齢向けのDODAがおすすめ


■紹介されるのはブラックばかりと思いきや割とホワイト企業も

ジェイックに高望みしていなかった方もいるようです。
いざ使ってみたら、意外と条件のいい仕事もあったと評判になっています。


■就職カレッジ(営業カレッジ)受講後でもジェイクを辞められる

ジェイックで「就職カレッジ」を利用したからといって、ジェイックの紹介先企業で決めなければならないというわけではないです。
もちろん、ジェイックとしてはそうしてほしいとは思うでしょうが、選択は自由です。
条件の合わない会社の紹介もあると思いますので、納得するまで活動を続けてください。
「就職カレッジ」の内容は、基本的なマナーや企業分析など、すぐに使えて役立ちます。
スキル向上にぜひ使ってみてください。

■就職カレッジ(営業カレッジ)の評判
「就職カレッジ」の評判はとても素晴らしいです。
ジェイックは昔、営業の人材育成のための研修を行っていたので、コミュニケーションスキルに関する講義に強みがあります。
注意したいのが、やはり紹介先企業の条件が自分に合うか、よく見ておくことです。
社会人としてのマナーがないと、人事担当者も推すに推せません!就職カレッジをたくさん活用しましょう。

■求人が営業に偏っている
紹介企業・内容が営業ばかりだという書きこみもあります。
ジェイックが営業に強みのある会社だということを考えると、そういった傾向もあると思います。
営業以外の職種も紹介されていますし、希望通りのものがないときは、就職ShopやDYM就職も探してみましょう。

■ニートはハロワよりジェイックを使え
ハローワークに行くと、頭にくるようなことも起こり得ます。
職員によっては、求人内容をろくに知りもせず適当にされたり、心無いことを言われ傷ついてしまうことも……
その点、ジェイックは応募者を就職させてはじめて、企業から手数料が得られるので、どうすればいいか必死に考え、取り組んでくれます。
比べて、どちらがよいか、話しやすそうかはすぐ理解できますね。
元ニートくん
親身になって一緒に取り組んでくれるのはありがたい!


■炎上したジェイックのやばいと評判の飛び込み営業
上記は2017年に、炎上したTwitterの画像ツイートです。
ハッシュグ「#新社会人本を売る」が、かなり話題になりました。
ジェイックは現在、この研修をやっていません。
内容が衝撃的だったのでしょうか、ブラック企業だという印象が残り、情報が今でも散見されます。


■ネットの悪評を消さないのがジェイックの社長の方針

飛びこみ営業研修などはもうやっていなのに、いまだにそういった情報がネットに残り、誤解されてしまうのは悲しいことです。
ジェイックの佐藤社長は、ネット上での印象操作をしないそうです。
過去は過去として、ありのままをさらけだせる素直な経営方針だともいえます。


■他の就職支援と同時に使ってこそ良し悪しがわかる

非常に重要な考えだと思います。
就職エージェントをかけもって利用するのは困難ですが、内定を取るためには本当に必要なことです。
良い条件の会社しか紹介しないサービスはありません。
人によって、何が良い会社で何が悪い会社か、ということも幅広く変わるからです。
ひとつのエージェントしか使っていないと、担当さんに悪いような気がして視野も狭くなりがちです。複数のサービスを利用するのは当たり前のことですし、意外と担当さんも気にしていません。
ジェイックは2001年設立、2019年10月にマザーズ上場の会社です。
下記は、佐藤社長がIPOの際、事業説明したときの動画になります。
2020年4月に、ジェイックは「秋冬採用ナビ」(就職サイト)をキャリアアカデミー㈱から譲渡され、さらに事業拡大しています。
また、新卒者の支援サービスも始めるようです。

ジェイックに対してよくある質問・疑問

■ジェイックの面談は私服でOK
ジェイックにお越しの際、服装は自由です。
服装自由というのは、けしてスーツ着用で来るかの試験ではないので、大丈夫です。
私服を選ぶのが大変なときは、スーツでももちろんOKです。


■近くにジェイックの店舗がない場合!地方出身者はシェアハウスを無料で用意してもらえる

ほとんどのジェイック研修は大都市で行われます。
5日間の就職カレッジは、地方にお住まいの方には敷居が高いかもしれません。
ジェイックでは、地方の方向けにシェアハウスを無料で貸してくれます。
どんなサービスよりも支援してくれるのがジェイックならではです。
相談、悩みは応募時、遠慮せず問い合わせてみてください。

■ジェイックの代表的店舗の場所の地図
全国展開しているジェイックですが、主要店舗の地図をまとめてみました。


■ジェイックは30代にも強い就職支援に進化した!
昔のジェイックは20代がメインターゲットでしたが、今は30代への支援も行っています。20代のみの就職エージェントも多いなか、対象年齢が広くなるのはうれしいですね。
30代の方はこれまでDYM就職、ハローワークなどを利用しがちでしたが、ジェイックという選択肢も広がりました。
30代以上の方は、ジェイックとDYM就職で会社をまず探して、ハローワークの情報も見る、という形になりそうです。


ジェイックの評判口コミまとめ

以上のとおり、ジェイックは、
・第二新卒、転職回数が多い人、フリーター、ニート経験者
・書類選考なしで面接してほしい人
・面接、社会人マナーに自信をもてない人

上記のような方にぴったりの就職エージェントです。
ネットには「条件に合わない」「しつこい」「やばい」などの書きこみもありますが、ジェイックのサービスに沿わない方の感想だと思われます。
ご自身の条件にあうホワイト企業に就職するために、就職ShopやDYM就職もあわせて利用しながら、あらゆる仕事を探しつつ、就活していきましょう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事