はくれいPのブロマガ

私が総理になったら…あと、参議院選の結果を見て

2013/07/22 02:30 投稿

  • タグ:
  • もしも総理になったら
  • 参議院選挙
ぶっちゃけ、政策とかよくわかりませんが…これだけははっきり主張したい。

こういう立場ではありますが、私の事を支持していただけない方というのはやはりいるわけで、それは仕方がないことです。
しかし、私を支持してくれている方が、支持していない方たちを「日本人ではない」みたいに否定的に見るのはやめていただきたい。
世の中にはあらゆる考え方を持つ方がいます。中には自分にとって受け入れがたい意見を持っている方もいるでしょう。それが思想の自由であり、少なくともそう考えることを受け入れるのが民主主義です。
だから、いろいろな私を支持していただけるのも思想の自由ならば、支持していただけないのもまた思想の自由です。
思想の自由を守るという事は、自分が受け入れられない考えを持つことを認めるということです。

どうか、それを理解していただきたい。






…今回の、参議院選挙…大方の予想通り自民党の圧勝でした。
民主党は大敗といっていい状況ですが、正直「話すら聞いてくれない」状況で、完全に波を失ったのが大きいですね。
それでも、17名の候補者が当選できたのは、民主党にとっては最後の希望といえるでしょう。
東京全滅は想定内ですけどね・・・アベノミクスの恩恵を最も受けている地域なので。

個人的にアベノミクスは成功する可能性が高いと見ています。ただし、その恩恵を受けられるのはすべての国民ではない。少なくても中流から貧困層辺りにはほとんどメリットがない…むしろ円安による輸入品値上げや給料ダウンで苦しむ方が多いと思われます。
小泉政権下も似たような状況でした。「裕福層が何とかなってから貧困層対策に移行する」という主張をしていたはずですが、貧困層の窮状はそれを待っていられない状況でした。
安倍政権下でも同じような方針と推測します。ただ、貧困層対策に移行するまで持ちこたえられるか…正直、間に合わない気がしています。

あと、個人的にどうも気になるのが「ネット上での民主党支持者叩き」ですね。
どう表現していいわかりませんが、「自民党支持者にあらずんば人にあらず」という感じすらします。ぶっちゃけ「この人はたたいても文句を言われない」格好の相手を見つけたみたいな…ね。
民主党が嫌いなのは、それはそれで仕方がないことですが、民主党支持者を人格レベルで否定するのはどうかと思いますけどね…

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事