はくまにPのブロマガ的何か

ぬるゲーマーなおっさんの、イカちゃん初心者講座の補足的な何か(スプラトゥーン)

2017/01/16 20:41 投稿

  • タグ:
  • スプラトゥーン
  • Splatoon
どうも、ぼくです。

 任天堂スイッチとイカちゃん2が公開されましたね。
 言うまでもないですが、購入予定です。公式動画のワクワク感がすごすぎます。

 で。思い出したんですが、以前の記事でかis津市忘れていたことを思い出しました。
 ポイントガーダーとはなんぞや、ということについてです。
 さて、これについて前提から順番に書いてみましょう。

 私、以前にも書きましたが、本来FPS/TPS系のゲームは苦手です。
 何故かと言うと、理由は2つ。一つは「痛そう」らから、という割とどうでもいい理由。
 もう一つが、「正面切っての撃ち合いが苦手」だからです。
 どーも、相手に狙いをつけて撃つというのが非常に下手くそなようなんですよね。
 しかも、突発状況によるパニックにもとても弱いので、なおさらだったりします。
 このため、今まで遊んできたこの手のゲームでは、基本的に「背後や横からの不意打ち」『だけ』が得意で、全体的に見るとかなりダメダメさんでした。
 じゃあなんでイカちゃんだとそこそこ遊べているかというと、他ゲーと比べると
1.「塗り」という要素の重要さ
2.「不意打ち」のしやすさ
3.上記による戦略的視点からの行動の重要さ
 という、圧倒的な差異があるからです。

 FPS/TPSのような撃ち合いゲーって、わりと誤解されがちなんですが。実は「撃ち合い要素より重要な要素」があったりします。
 実は、「撃ち合いゲーの本質は、役割分担と陣取りゲーム」だということです。
 で、更に言えば「自分が楽しい」のと「チームが勝利する」のはわりと別の話だったりします。
 なので、大概の撃ち合いゲーでは、「一人が無双状態で2桁キルを連発しても、チーム全体としてはあっさり負ける」なんてことが続発します。
 そして、スプラトゥーンの場合、これが他のゲームより更に顕著だったりします。
 というか、意図的にそれを考慮して、「塗り」という行為に重要性をもたせたんだと思っています。

 ここまでが前提。
 さて、では本題の「ポイントガーダーとはなんぞや」ということに関してですが。
 めちゃくちゃ端的にいうと、「有利な位置を確保して要塞化し、防衛する役割」となります。
 前述した通り、他の撃ち合いゲーと同じく、イカちゃんの本質は「陣取りゲーム」です。
 そして、スーパージャンプの存在により、迅速な展開、仕切り直しと復帰ができるか否か、は非常に重要な位置を占めます。
 つまりポイントガーダーとは、「味方が安全に逃げ込んだり、スーパージャンプしてこれる位置の迅速な、かつ継続的な確保」を行うという、非常に重要な役割となるわけです。
 更にはこの位置を確保しつつ、味方の前衛が戦ったり更に相手側に切り込むことをサポートしたり、状況に合わせて要塞化する位置を変更したり、という状況判断も必要になります。
 …代わりに、前衛で切った張ったを派手に繰り広げられない、どうしてもサポート業務がメインになってしまうぶん、実に地味な役割でもあります。
 
 もちろん、サブ武器やスペシャルの存在により、これら拠点の要塞化と防衛は絶対的なものではありません
 絶対性があったら、一度重要拠点を奪われたら、挽回不可能担ってしまいます。このため、これも意図的な調整の結果だと思われます。

 とはいえ、非常にやりがいがあり、楽しく、私のように正面の打ち合いが苦手な人には、向いている役割であるといえます。

 ポイントガーダーとして向いているブキは、
・汎用性が高い
・射程が中距離よりは長い
・手数が多い
・キル向きよりは塗り向き
 あたりでしょうか。
 キルはできるにこしたことはありませんが、無理をする必要はありません。
 相手を牽制して近寄らせない、ができれば十分です。このためにも、中程度以遠の射程は重要となります。
 手数と汎用性は、ギアで補うこともできます。
 また、拠点を責められた場合、無理して相手と戦うよりも、牽制しつつ下がって生き残ることのほうが重要になります。生存重視です。これもギアで補えます。

 非常にざっくりした説明ですが、こんな感じです。
 イカちゃん2が出るのが、本当に楽しみですね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事