博霊饅頭即売所

Nsen02chネタSS チョコを貰ったけど、厄入りだった

2013/03/23 17:39 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 東方SS
  • 鍵山雛
  • チョコ
  • 即興

幻想郷・・・妖怪や幽霊が当たり前のように存在し、忘れられた物が流れ着く、いわば電車の終点のような世界。この不思議な世界に迷い込んでから、もうすぐ半年がたとうとしている。
この世界にたどり着いた理由は未だによく分からない。忘れられた物が辿り着くというが、俺は元居た世界で忘れられたというのか? そうは考えられない。べつに失踪した訳ではないし、人に忘れられるほど長い間引きこもったりしていた訳ではない。

ともあれ、この世界に流れ着いた人は基本的に、外来人と呼ばれるらしい。外の世界から来たから外来人。非常にわかりやすい。本来なら博麗神社という場所から帰れるらしいのだが、特に帰らなければならない理由も無く、観光がてら幻想郷に留まっている。



幻想郷にとどまることを選んだ、風変わりな外来人・・・俺のことだが、名前は東 大輝(あずま だいき)。今は人里に住んでいるが、今日は散歩のために妖怪の山に来ている。ここには何度か足を運んでいるため、天狗や河童たちとも顔見知りだ。元の世界に帰ったら自慢できる。
いつ帰るかも決めてないのだが。



のんびりと山の中を歩いていると、前から女の子がクルクルと回りながら寄ってきた。いつもこの山の近辺をうろついている厄神様、鍵山雛だ。ひらひらとした服を着て、いつも回っている姿を見ると、いまにも足を引っ掛けて転ぶんじゃないかとヒヤヒヤする。

「あ、東くん。おはよー」
「おう、おはよう。 今日も回ってるんだな、お前は」
「こうしてクルクル回ってると、目が回るんだー」

・・・とうぜんだろう、この子はバカなのか?

「目が回ると方角がわからなくなって、道に迷うでしょ? そうすると、厄がたくさん集まってくるんだよー」
「・・・自分で作ってるのか、厄・・・」

俺が呆れながら見ていると、彼女は何かを思い出したように「あっ」と声を上げた。

「これ、さっき拾ったんだー。東くんにあげるよー」

彼女の手にはチョコの袋。っていうか拾ったって・・・

「いや、いらねぇよ。別に欲しくないし」
「・・・いらないの?」

おい、なんで上目遣いなんだよ! そんな顔されたら罪悪感がにじみ出てくるわ!

「・・・ハァ・・・わかったよ。貰っとく」

そう言ってチョコを受け取る。ポケットに突っ込み、後で適当に処分しとこうかと思ったのだが・・・

「・・・食べないの?」
「・・・」

黙って袋を取り出し、包をはがして中のチョコを口に入れる。お、意外と美味い。

「んー。美味いなこれ。誰が落としてったんだろうな? こんな美味いの」




「おいしい? 良かったー。厄がにじみ出てたから、味が心配だったんだー」




・・・なんだろう? 洒落にならない言葉を聞いた気が・・・あれ?
雛のやつ、また回ってるな。ぐるぐるグルグル。おまえ、そんな側転みたいな回り方もできたのか。・・・あれ? 周りの木も回ってる? 地面まで・・・なんだこれ? 体がだるい。


気づくと俺は地面に倒れていた。雛が心配そうにのぞき込んでいる。俺、いつの間に倒れた?
やばい。吐き気が半端ない。だから拾ったチョコなんて食べたくなかったのに・・・
あれ? 俺死ぬのか? 意識も朦朧としてきた・・・ああ、観光なんて考えずに、家に帰っとけばよかったかな。でもそうすると、雛や天狗達とも、仲良くなれなかっただろうし・・・



そんなことを考えていると、ふっと突然意識がはっきりした。なんだ?と思ったが、動けるようなのでゆっくりと体を起こす。

「・・・大丈夫?」

雛が心配そうに聞いてくる。横にはいつの間に来たのか、人形の妖怪、メディスンが居た。

「あれ? メディスン? いつの間に・・・ていうか、どうしてここに?」

俺がそう聞くと、メディスンは申し訳なさそうに答えた。

「・・・ごめんね。 スーさんの毒で作ったチョコ。運んでる途中で落としちゃって。急いで集めてたんだけど、先に雛ちゃんが拾っちゃったみたいで・・・」
「あー。あのチョコ、毒入りだったのか。っていうか何に使うつもりだったんだよ」
「それについてはノーコメントで。それより、解毒間に合ってよかったよー。危うく一人殺しちゃうところだったし」

メディスンが来なかったら死んでたのか俺。雛は助けを呼ぼうとかしなかったのか? 俺がそう聞くと・・・

「厄がいっぱい出てたから集めるので精一杯だった」

・・・今日は厄日だ。人里に帰って寝よう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントから生まれたSS第2弾です。

即興で書きました。けっこう適当です。
感想よろしく。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事