恥更級日記【はじさらしなにっき】

ゲーマーってどういう人のこと言うの?

2020/10/11 17:16 投稿

  • タグ:
  • つるまこ
  • 雑談
  • ゲーム
  • スロット
  • で?
前回の投稿(いや、そうはならんやろ。)で、スロの調子が良いものでなんて公表すると、途端に引きが悪くなるジンクスが云々なんて話をしましたが、すっかりその呪縛に囚われてしまったりして。

先週のスロ具合は金曜まさかのイイトコナシで昼過ぎまでに-50kの惨敗、元々が「どう足掻いても勝ち目が見えないブラクラ4で本当に勝てるか選手権」などという、負けること前提のようなことやってたからの結果なのですが。

都合5台渡り歩いて、出しては飲まれを繰り返し、最後の咲でちょっと見せ場を作るものの、最後は飲まれて撤退。続く月曜も気まぐれで打ちに行ったところを初手のGANTZで嫌な展開見せられて、-20kで帰宅。たった二日で-70kとやはり世知辛いスロ事情を思い知らされたわけですが。


健在でした。




一昨日の織田信奈の野望。これ出た当初からチマチマ打っていたのだけれど、いやもうどうにも勝ち目が見えない典型的な台だと思っていたのね。
ART入っても都合40G位からのスタートでどうやっても上乗せ期待できないし、ボナは120枚増程度で雀の涙。最上位上乗せの天下愛舞までの道のりも遠いし、どないせいっちゅーんじゃ、と。
で、何度か勝った時のパターンを考えるとこれしかないわけですよ。

まずこれを引きます。フリーズ。これが第一の関門。


1/16384だそうですが、赤7揃いとの合算出現率は約1/5461だそうでやれなくもない(白目

まー、それしかないんだよなー、と悪態ついた途端に画面に砂嵐走ったからビクっとなりますわな。

そこから一連の上乗せで400G程乗せた後、終わらない一姫当戦(多分77%)で500Gオーバー乗せたところで本日の勝ち確。やたらリプの多いARTにやきもきしつつ、都合5回の天下愛舞で上記の結果に相成りました。まぁ、5回の内+30G、+50Gという笑うしかない天下愛舞もあったのだけれど。

ただ以前にもこれ引いたり、フリーズの赤7引いたりしたけど、イイトコナシの駆け抜けで2000枚前後で終わることが何度かあったので、一昨日は設定が良かったのでしょう。

うん、勝てないと思ってた台でもこうやって勝てるんだな、という実体験をしてしまうと、ワンチャン"ブラクラ4"でも勝てるんちゃうか?と思うのだけれど、あれはもう相性とか言いようがない。触らぬ何とかの部類だね。勝てる人が勝てばええねんな。

で、夜勤明けからの12時間作業。最寄り駅前のラーメン屋寄って帰宅がてっぺん過ぎ。24時間オーバーの稼働で精魂尽き果てて眠りについたと。

相変わらず長い枕になりましたが本題。

起きてPCでラジオを聴きつつ艦これやらネクロやらのデイリーをいそいそこなしていたわけですが。
時につるまこさん、「つるさんってゲーマーですよね。」って言われるんですよ。
いや確かにゲームに費やしている時間はかなりなことになってはいるけれど、何か違和感がある。自分が思い描いているゲーマーと今の自分の乖離が激しい。

つるまこさん、先週までは手元のスマホで凍京ネクロのギルド戦走らせつつ、PCで艦これの提督業務をしながら雀魂やってたわけですよ。

開始一か月ほどで東一局での出来事。垢は主宰のものだけど。


確かにね、ゲームをしこたまやってますよ。飯・風呂・睡眠・仕事以外はほぼ何らかのゲーム弄ってるし、たまにこうやってブログ書いてる面白くもない人生ですわ。

ただねー、それがいわゆる"ゲーマー"なのかというと何か違う。それを感じたのが大学同期の友人で、未だにいそいそとパチンコ屋に通っている同志の言葉なのだけれど。

ここのところメジャーではない台ばかり喜んで打っては完走させたことを報告しているのだけれど、「ホントそういうの完走させるの上手ねー」と言われた時に違和感を感じたの。
いや、額面通りの言葉ではないことは勿論理解しているのだけれど、今どきのスロットなんて技術介入の余地なんてないのよ。昔のリプ外しみたいな。目押しなんてできて当然のスキルで、なんだったら最近の台は当たれば勝手に7を揃えちゃうわけだから、何もない。

これが技術で高確中に強チェを引けるとかあるなら話は分かるのだけれど、そんなこと梁山泊()とかカポネ()の方々位(まだ活動してるの?)なものでしょ?精々できることは高設定台に狙って座ること位。
だからこじんまりとした己の引き運を駆使して何とか長いART引いたりして、「今日も何とか勝たせていただきました。」という謙虚な姿勢で打ってるわけ。

それと同じことがゲームにも当てはまる、というか、ちょっと違うのだけれど技術介入という点で思ったわけですよ。

これに関しては雀魂出したのは間違いだったけど、艦これや凍京ネクロ、マジカミに関して言えば、技術云々とか絡まないと思うの。確かに攻略サイトやWikiがあって、効率的に育成をするという点では技術なのかもしれないけれど、それって常識の範囲で考えうる行動をとれば誰でもできることだったりすると。

それにソシャゲについてはガチャという運要素も絡んでくるから、これまた技術云々では覆せないもので、逆に言えばド素人でもある程度そのゲームの構成を知れば、後は課金の力で上位を目指せるということでもある。

ネクロの場合、今までガチャの引きは周りの人よりか若干良い方なので一定の戦力を整えていて、ギルド戦もEXを大体フルオート3分程度で回せるようになっている。なので後はスマホでひたすら放置周回きめるだけなわけ。
艦これにしてもそう。甲は無理でも乙レベルなら何とかできる戦力を7年かけてちまちま構築してきたから、イベントがきてもある程度はやれる。マジカミも同様。

つまりは金かけるか時間かけるかなんですよ、今自分がやってるソシャゲって。無論そうじゃないものもあるでしょうが、DMMゲームスにラインナップされているものは大体同じようなものじゃない?
一連の作業をひたすら修行のように行っている、それがソシャゲ界隈の実態。それが悪いこととは言わない。良い物語が楽しめたり、可愛いキャラを愛でることに楽しみを見いだせるならそれは娯楽として至極真っ当なことだから。

ここまで書いたら伝わっていると思うのだけれど、つまりはおっちゃんにとってのゲーマーというのは「一定の技術・力量を持ってゲームを攻略する能力のある人」であって、ただダラダラとゲームに時間や金をつぎ込んでいる人のことじゃないんですわ。

今はeスポーツなんてのがあるから分かりやすいよね。あぁいう人達がゲーマーであって、それ考えるとおっちゃんみたいなのがゲーマーと呼ばれるのはいささか疑問なのではある。
そう考えるとシューティングやアクションゲームの上手い人を指すことになるのか、ということになるけれど、シミュレーションやパズルもあるから何とも言えんなぁ。

自分が一時ゲーマーであると錯覚していた時期はあって、いわんやモンハンにハマっていた時がそれ。のべ何万時間やってたか分からんけれど、MH2G・3rd・MHFとひたすら狩りに行っていた時は「自分ゲーマーやな。」と錯覚していたと思う。

古き良き時代のSSを自分のアメブロからサルベージしてきてみる。


それでもわいは「永遠の中級者」やから、ついぞゲーマーという頂には到達しえなかったと今は思うし、あの頃でさえそう囁いてくるゴーストがいたのです。極める、ということがない。あくまでエンジョイ勢なんですな。モンハンについては作業という側面が強かったというのもあるから、根気よく頑張っていればある程度の強さは誇れたということもある。太刀用の真秘伝珠5個とかよく作ったよなぁ…(白目

まぁ、技術を習得するために時間を費やすという面で言えば長時間プレイしている人も当てはまるかもと思うけれど、実際モンハンでもプレイ時間長くても技術は一向に上がってない人も散見できたから、これは当てはまらないんだよねぇ。いわんや、時間さえかければ勝手にキャラが強くなるものは除外ということ。

最近、ぼへーっとボイロ実況とか観ているのだけど、こういうものを投稿されている方々もゲーマーなんかなぁとは思う。ガバプレイとか前置きあるけれど(もうこれ伝統なのかね?)おっちゃんからしてみれば上手いもんだと感心するし、自分がゲームを楽しんでいる様を人様に提供して喜んでもらえるなんて、エンタメだよね。

とまぁ、そういうことを書いていたらそろそろ家庭用の据え置き機の一台でも買うべな、とか思ったりするけれど、まだまだすいっちもぴーえす4も買えない状況なんでしょ?買えるとしてもまだ手持ちに不安がある、というか他に欲しいものがなくもない。

結局、ダラダラと今やってるソシャゲを修行のようにしばらくは続けていくのだろうねぇ。ネクロに関してはギルマスという手前、ある程度はやっていないとあかんだろうし。

こういうおっちゃんみたいなのゲーマーじゃなくて何て言うんだろうねぇ…


あ、ダメ人間か(完全論破)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事